« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月

2010年2月28日 (日)

広尾しょうぎ教室

土曜日に広尾しょうぎ教室に参加しました。今年三回目の参加です。

午前中は、こども将棋教室。まず最初は詰め将棋から、級に応じて0手詰めから、5手詰めの問題に挑戦します。(ちゃき父も5手詰めの3問に挑戦しましたが、最後の問題に大分苦戦してしまいました。)

その後は、子供どおしの対戦と先生との指導対局です。この教室でちゃきは強い方、ライバルは同じ2年生?のH君。今までの対戦成績は1勝2敗でしたが、今日はリベンジ出来たようです。

最後に認定証の授与、この教室では月末に級の認定があります。ちゃきは、月末は初参加なので、初めての認定証で”3E級”をもらいました。

※級は40級から、級の後は、A~Fまであります。級の認定は子供どおしの対戦内容や、指導対局、詰め将棋の出来等を見て、飯島先生が総合的に判断しています。

ホームページに、”超初心者の方、「これからはじめてみよう!」って子どもでもお手軽で安心☆彡”と記載があるように、始めたばかりの子も多いですが、みんな一生懸命指していました。

連盟の子供スクールは、ちょっと敷居の高い子も、ここの教室ならすんなりと楽しい将棋の世界に入っていける気がします。

 

さて、午後も引き続き教室です。午後まで参加するのは、たぶん1ケタの級の子たちなので、大分人数も絞られます。午後も子供どおしの対戦と、指導対局、詰め将棋とみっちり、4時間将棋をしました。

飯島先生とは、4枚落ちの卒業試験?ただ、負けてしまって、卒業ならず。。。また、来月再挑戦です。

(おまけ)

ちゃき父も午後は、大人向けの将棋教室に参加。西村先生に、二枚落ちで2勝、飛香落ちで、1勝する事ができました。

二枚落ちの最初の対戦は、我ながらほれぼれする程の終盤の出来!!おう、いい出来だったと思いながら、再度並べ直そうとしても、ほとんど再現できず。。

と、言う事で、最後の飛香落は、初めて棋譜をつけてみました。中盤まで大分優勢だったはずなのに、終盤どんどん差が縮まって行く。。最後はギリギリの勝利でした。

うーん、どこが悪かったんだろう。ここで、激指の登場!!家で、棋譜を入力して、棋譜解析をしてみました。対局中に自分の捨てた手が、最善手として何回も表示されました。

おうっ、棋譜つけるのいいじゃん。。。これからもつけよっと。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年2月21日 (日)

スクール&道場(2010年 5回目)

さて今日は子供スクールの日です。

今日はちゃき父は所用(昨晩徹夜で都会を徘徊?)のため、ちゃき母が付き添いました。

 

スクールは、前回昇級して現在4級。道場の級に追いつく事が目標です。

スクール3級への昇級は、今までより厳しくなり10勝3敗(もしくは7連勝)です。

今日の結果は、〇〇〇で3連勝だったとの事です。今年度のスクールもあと2回なので、2年生での昇級は難しそうですが、この調子で行ってくれればと思います。

 

さて、スクールをはさんで道場です。道場も前回昇級して、現在3級。

2級昇級のためには、7連勝か10勝2敗が必要です。

4級の時代は、下位級との対戦になぜか分が悪かったので、今日の目標は下位級位者との対戦に負けない事です。

今日の成績は

3○ 2● 3〇 5香〇 3〇 6角〇 

と3級に昇級したての割には、いい成績でした。

元々、4級時代も対3級の成績は良かったので、実質的な3級の力はあるようです。

ただ、まだ2級には今までほとんど勝利なし、昇級のためにはもう一段のレベルアップが必要そうです。

  

来週は特にスクール等の予定はなし、久しぶりに広尾の将棋教室に行こうかと思っています。

 

(おまけ)

さて、道場の最後の6角は、同じ学区のK太君との対戦です。

道場では昨年の4月12日以来10ヵ月ぶりの対戦、その時はちゃき12級、K太君14級でした。10ヵ月の間に二人とも大分強くなりました

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年2月14日 (日)

小学生名人戦 神奈川予選

今日は、小学生名人戦の神奈川予選に参加しました。

この大会、去年までは代表戦(A組)のみだったみたいですが、今年から底辺層の拡大のために、交流戦(B組)も同時に開催されます。(ちゃきは、今年初参加です。)

 

 大会の参加は当日申し込み、参加のクラスもその場で決められます。B組に参加しようと思っていたのですが、受付を見ていてB組は大分級位の幅(初心者から1級位まで)が大きそう。

普段なら対戦できない、強い相手とやるのもいいかなと言う事で、A組(代表選)にエントリーしました。

名人戦の各県代表は1名。神奈川県の人口は東京に続いて第2位。ただ、東京は区内と多摩地区で2名代表が出るので、単純に人口比で言えば一番の激戦区です。

※ただ、首都圏では千葉と埼玉が将棋が盛んで、実質的な激戦区はこの両県でしょう。

 

受付も締切、A組(代表選)の参加者は40名、B組(交流戦)の39名です。女の子は、A組、B組にそれぞれ1名ずつ。。。

と言う事で、この時点で女流部門の代表の座をゲットしました!!(そんなのないか・・・)

冗談はさておいて、A組はまずは予選。決勝トーナメントへは、2勝通過、2敗失格です。

目標は、決勝トーナメントに進出、がんばれーーー。

 

特別審判員の勝又先生の合図で、一斉に対戦が始まります。A組、B組共に、持ち時間15分・秒読み30秒です。
ただ、みんな早い早い。。。時計なんていらないようなスピードです。一番最初に終わった対局の時計を見ると、両方とも残り14分台で止まっていました。(1分切れ負けじゃないんだから。。。)

 

さて、ちゃきの対局も遠目に見ていましたが、これも早い早い(普段の朝の15分切れ負けの勝負の悪影響?)、ただ戦況は、いいみたいでちゃきが相手陣を攻めているようです。

しばらくして、ちゃきの勝利!!あと1勝です。(声をかける事ができたので、もう少しゆっくり指すように言いました。)

 

ただ、観戦していると心臓に悪いので、ちゃき父は別室でやっている勝又先生の将棋入門講座へ(初心者に将棋を教えるノウハウ吸収!!)参加しました。

ちょうど、講座が終わろうとする頃に、ちゃきが別室に。。2回戦も勝ったとの事で決勝トーナメントに進む事ができました。

 

K太君と一緒にいなり寿司で腹ごしらえをして、午後の決勝トーナメントに向かいます。

1回勝てば、ベスト8!!あと1勝と思って送り出しましたが、まったく歯が立たずに負けてしまいました。まあ時間もたっぷり使って頑張っていたので、良しとしましょう。

※後でネットで対戦相手を検索したら、3年前の倉敷王将低学年の代表でした。本来なら二枚落ち位の手合い??

 

対戦が終わった後は、勝又先生の講義や指導対局。

指導対局は、二枚落ちで教えてもらいました。二枚落ちは普段ほとんどやった事がないけれど、勝又先生にきっちり指せているとほめてもらいました。誰が教えたかと言うと、当然ちゃき父ではなくて、中原先生の”どんどん力がつく 駒落ち将棋の指し方入門”の本です。。

 

神奈川予選もこれにて終了。。優勝は本命のK君でした。(あと1回勝てたら対戦できたのに、惜しかったなあ。。)

 

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年2月13日 (土)

横浜親子ふれあい将棋教室

今日は、地元の地区センターでの将棋教室の日です。

今回は、前半は”横浜親子ふれあい将棋教室”が開催されていて、それに参加しました。

講師の先生として、連盟から佐伯九段、剣持八段、菊池七段、伊藤女流初段がいらっしゃいました。

今日のメニューは

1.開会の言葉

2.講師紹介

3.講義  「羽生の新格言集」より  (今日の参加者はこの本をもらえます。)

4.指導対局

5.閉会の言葉

ちゃきは、指導対局で佐伯九段に四枚落ちで挑戦して、勝つ事ができました。(だいぶゆるめてもらったみたいですが。。。)

指導対局の後は、先生に詰め将棋問題を出してもらっていました。

今日の後半は、通常の教室と言う事で、ちゃきは前回から来ている、慶応大学将棋部卒の女の先生に平手で挑戦して、見事に玉砕しました。。

その他は、子供どうしでの対戦。前に勝った道場2級の子と対戦しましたが、今回はリベンジされてしまいました。。

 

久しぶりの、土曜日のちゃきの週刊将棋。。と言う事は、そうです。明日も将棋のイベントです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月 7日 (日)

スクール&道場(2010年 4回目)

さて今日は子供スクールの日です。

スクールは現在5級。道場の級に追いつく事が目標です。

前回まで6勝1敗。4級への昇級は、9勝3敗(もしくは6連勝)です。

 

最初の対戦は、近藤先生との指導対局(六枚落ち)で、これに勝利。

そして、その後も〇〇で、9勝1敗となってスクール4級に昇級しました。

 

さて、スクールをはさんで道場です。道場は、現在4級。

3級昇級のためには、7連勝か10勝2敗が必要です。前回の3連勝を受けてのスタート。

今日、ちゃき父は所用のため、昼過ぎから合流。

午前中の成績は、

3○ 3〇 4〇 と3連勝で通算6連勝。。。

午後スクールが終了しての昇級の一番。最後は?????でしたが、

4〇 と言う事で、7連勝で道場3級に昇級しました。

昇級後は 4●

今日は、スクールと道場のダブル昇級をすることができました。

ついにちゃき父とも香落ちの手合いです。うーん、親の威厳もそろそろピンチです。

 

月刊 文部科学大臣杯への道!! (第四回)

♪将棋盤に浮かんで消える、憎いあんちくしょうの王めがけ、たたけ、たたけ、たたけ。

11月から始まった、好評?!月一連載。文部科学大臣杯の道の第4回です。

(前回までのあらすじ)

あと一人のメンバーの選出に苦慮するちゃき父は、同級の子に白羽の矢をたてるのであった。

 

さて、先月一歩前進を見たのですが、今月は一歩後退。

白羽の矢を立てた子は残念ながら、参加できなくなり。再度人選中です。。。。

ふーーー。

でも、明るい話題も。前回より、メンバーの棋力が少しパワーアップしました。

 S小学校 文部科学大臣杯 神奈川県予選 参加メンバー

① ちゃき 4級⇒3級 (来年3年生)

② K太  8級⇒6級 (来年1年生)  

③ 探してます。。。。

”人類滅亡と呼ばれる日”じゃなかった、”神奈川県予選”まであと3カ月、さてどうなるか?

(おまけ)

朝の将棋タイム(角落)

9月 ちゃき 5勝8敗  勝率 385

10月 ちゃき 8勝6敗  勝率 571

11月 ちゃき 11勝7敗  勝率 611

12月 角落 3勝1敗  勝率 750

    平手 2勝2敗  勝率 500

1月 角落 〇〇〇〇●〇●● 勝率 625

   平手 ●●〇●〇●〇● 勝率 375

1月から持ち時間を共に15分に変更しました。

平手で、負けるわけには行かないと思っていましたが、相変わらず苦戦状態。

角落ちは最初にちゃき父4連敗で、既に手合い違い?とも思いましたが、ちゃき父は最後に踏ん張りました。

2月からは、平角交じりから、平平角の対戦にしています。

※平手で負けるわけには、行かないと書いてきましたが、ついに道場も2級差と言う事で、立場が逆転する日もそう遠くないかも。。。(うれしいような、悲しいような。。。)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »