« 第5回将棋教室対抗戦&広尾しょうぎ教室(今年9回目) | トップページ |  広尾しょうぎ教室(今年10回目) &スクール&道場(2010年 16回目) »

2010年6月20日 (日)

第9回全国小学生「倉敷王将戦」 神奈川予選

今日は、第9回全国小学生「倉敷王将戦」の神奈川予選の日です。

低学年と、高学年に分かれて、代表枠はそれぞれ2名。低学年の参加者13名、高学年の参加者26名と思ったより、少なめでした。

今年の神奈川県の低学年の部は、トップ層は道場1級の2年生のK君、そしてK君よりちょっと強いと言われる、3年生のM君、たぶんちゃきは3番手位(知らない伏兵がいるかも知れませんが。。)。

ただ、K君、M君とも対戦した事はあって、勝った事もあるので、まるっきり勝負にならないと言う事は、ないはずです。

午前中は、予選リーグ。2勝勝ち抜け、2敗敗退です。持ち時間は15分、切れたら30秒の秒読みになります。

 

さて、注目の初戦ですが、奇数人数と言う事で一人は不戦勝。。なんとちゃきがそのくじを引き当てました。2戦目もほぼ問題はなく勝利。1回勝っただけで、決勝トーナメントへの進出を決めました。

 

決勝リーグは、当初はトーナメント形式の予定だったのですが、決勝トーナメント進出者が7名と言う事で、3名(紅組)と4名(白組)の二つのリーグに分けてそれぞれで総当たり戦を行う形式になりました。このリーグで1位になると2位以上が確定して、代表権を獲得する事ができます。

抽選の結果、ちゃきは白組。同じ組に3年生のM君が入りました。

 

さて、リーグ戦の初戦は順調に勝利、二戦目は大分苦戦をしていましたが、逆転?で勝利。⇒遠目で見ているので、実際のところは良く判りませんが。

そして、やはり三戦目は連勝のM君との対戦。これに勝てば。。。

 

この勝負、序盤で一気に不利に、その後だいぶ持ち直して?相手玉を中段まで引きづり出したのですが、残念ながら負けてしまいました。

この勝負で予選大会は終了。ちゃきは、低学年の部の第3位でした。うーん、あと一歩惜しかったなあ。。。。

 

※もう一方のリーグを制したのは、2年生のK君。まあ、事前の予想はほぼ正しかったみたいです。よくよく考えると、今回の代表は二人とも三茶の教室に通っています。東京のたっくんと言い、この間の教室対抗戦と言い、うーん三茶恐るべし。。

 

(おまけ)

土曜日は地区センターの将棋教室でした。

いつも通り、ちゃきは四枚落ちで挑戦。2勝1敗でした。そろそろこっちの教室の方も、四枚落ちは卒業しないと。。。

なお、今日の教室には2人のゲストが、一人は甲斐新女流王位のお父さん。。甲斐さんの子供の時のお話とか、この間の女流王位を獲得した時の対戦の大盤解説をして下さいました。⇒甲斐さんのお父さんは観戦記者としても有名で、アマ六段の強豪です。

もう一人は、渡辺 弥生女流2級。東大に2回入った(2回目はプロ棋士になったため、卒業はしていないらしい。)と言う、異色の経歴の持ち主です。初段くらいまでは、詰め将棋を知らずに、並べ詰みしか知らなかったとか。。それで初段になれるなんて、やっぱり頭のいい人はどこか違うのかも知れません。。

|

« 第5回将棋教室対抗戦&広尾しょうぎ教室(今年9回目) | トップページ |  広尾しょうぎ教室(今年10回目) &スクール&道場(2010年 16回目) »

コメント

うわぁ、残念でしたね~。
応援してたのに・・・。
文科杯団体戦、K太の予選、ちゃきちゃんの決勝といい全部M君ですね(泣)

投稿: zano | 2010年6月20日 (日) 19時39分

惜しかったですね。
でも,低学年の部の代表二人は,とても仲の良い子たちなので,長男は一緒に倉敷に行けてとても喜んでいます。

大会終了後にニコタマの高島屋に行ったのですが,そこの本屋(もちろん将棋コーナー)で偶然K村君に会いました。

結果を聞いたら,「低学年は三茶の子(名前わからない)。高学年は(自分と)Yくん(こちらも三茶)」と答えてくれました。

投稿: たく父 | 2010年6月20日 (日) 23時00分

zano様

いやー、残念。。。
K太君も今年は残念でしたが、来年K君は2年生なので残りますが、他の2年生以下のメンバーとはそれほど差はないはずです。
来年の代表を目指して下さい。。。

投稿: みやみや | 2010年6月20日 (日) 23時58分

たく父 様

たっ君代表おめでとうございます。

三茶軍団の一角を崩したかったのですが、たっ君に鍛えられている?せいかみんな強いです。

男の子が混ざった大会で代表になる、最初で最後のチャンス?とも思っていたのですが、この将棋の世界に”花”がないのもやっぱり寂しい(今回の大会も女の子は二人)ので、親子共々もうちょっとがんばるかなあ。。。今後ともよろしくお願いします。

投稿: みやみや | 2010年6月21日 (月) 00時17分

ぐあ。

埼玉といい神奈川といい、この結果は切ない・・・(泣)

でも、がんばっていれば花が咲く季節もやってくるはず・・・ちゃきちゃんが咲かせる花はもっともっとでっかくて華やかな花なのかもしれませんよ。

これからがんばろうね!

投稿: よしはる | 2010年6月21日 (月) 00時47分

よしはる様

がんばりまーす。(たぶん)

応援、よろしくねーー。。(o^-^o)

投稿: みやみや | 2010年6月21日 (月) 01時00分

本当に惜しかったですね。最初で最後のチャンス、という親としての気持ちはよくわかりますが、子供がそう思っていないなら、頑張りましょう。

投稿: tactless papa | 2010年6月21日 (月) 08時48分

うーん残念。もう少しだったのに。

それにしても愛知にしても、神奈川も、東京も大都市圏の2人代表の地域でどうして2組に分けるのだろう?同じ組に本当に強い2人が重なったらどうするのだろう?
広島で行っている、予選後普通にトーナメントをして第一代表を決めて、負けたら敗者トーナメントで第二代表を決める形の方が、いいと思うのですが。(敗者トーナメントは竜王戦戦の昇決みたいに負けた位置によってトーナメントの位置が決まる形式)
敗者トーナメントは、決勝トーナメントの途中から始める事ができるので時間もそんなに変わらないと思うのですが。

投稿: とよさと | 2010年6月21日 (月) 23時08分

tactless papa 様

>子供がそう思っていないなら、頑張りましょう。

たぶん、この大会の位置づけ自体をあまり判っていないと思います。(o^-^o)

ただまだ伸びる要素は多分にある気がするので、あきらめないぞーー

投稿: みやみや | 2010年6月22日 (火) 01時34分

とよさと 様

代表選出はこの場合は二人が優勝みたいなものなので、おっしゃる通り、通常の大会と違う工夫があってもいいとは思います。
⇒高学年は、川村君と言う全国区がいるので、トーナメントの抽選では、みな反対側のブロックになるのを願っていたような。。。


とよ君と再会したかったのですが。。。(ノ_-。)

こうなったら、倉敷と言わず、小学校名人戦でいつか会いましょうvirgo。。。(おっと、東西違うから会うにはベスト4に入らないといけない??)

投稿: みやみや | 2010年6月22日 (火) 01時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1224491/35377247

この記事へのトラックバック一覧です: 第9回全国小学生「倉敷王将戦」 神奈川予選:

« 第5回将棋教室対抗戦&広尾しょうぎ教室(今年9回目) | トップページ |  広尾しょうぎ教室(今年10回目) &スクール&道場(2010年 16回目) »