« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月

2010年11月28日 (日)

広尾しょうぎ教室(今年15回目) &スクール&道場(2010年 25回目)

先週のJT将棋大会からの将棋ブロンズウィーク。今週末は将棋三昧ででした。

 

土曜日は広尾しょうぎ教室。

今回も、午前・午後と全日参加。午前中は、詰め将棋と子供どうしの対戦、先生と二枚落ちでの対戦。二枚落ちの終盤戦をちょっと覗きましたが、今回は中々しっかり考えていて、うまく最後寄せていました。

午後も子供どうしの対戦と、飯島先生との二枚落ちおよび平手での指導対局。

平手では、最近よくやっている右四間のポイントを教えてもらったようです。

 

月末と言う事で、今回は級認定の日。ちゃきは前月は不参加だったので、9月の2A級から1E級に昇級しました。

もうすぐ初段ですが、初段になるためにはやはり、二枚落ちでしっかり勝ち切る事および、道場での初段の実績等が必要かと思っています。

1E⇒1D⇒1C⇒1B⇒1A⇒1S⇒初段。。。後6段階しかないので、級が停滞しないためには、半年の間に何とかしないと。。(たぶん、今まで広尾教室で級が停滞した子はいないような。。。)

そして日曜日は道場&スクールの日です。

今日のスクールの講義は、ゴギゲン先生。実戦形の詰将棋をやったみたいです。

そして今日のスクールの結果は

〇●●

またほぼ仕切り直し、回りは道場のバリバリの1級ばかりで、なかなかここから抜け出すのは難しそうです。

さて、スクールをはさんでの道場。前回の5連勝を受けてのスタート。。

3連勝で入品ですが、このあたりから相手が厳しくなるはずです。

初戦の相手は、1級だったのですが、なんと同じ3年生のI君。最近スクールでも勝った事がないと思います。

と言う事で結果は

1● と敗戦。。。

その後は、3香〇 1〇 1〇 1● 3香〇 1〇

と、そこそこふんばり、今日は5勝2敗。通算10勝2敗と言う事で、次回再び3連勝で入品の星をつなぎました。

でも1級になってから、ほとんど初段との対戦はなし(通算2勝1敗)、まだまだ入品までは厳しそうですが、とりあえず対戦を重ねて行けば、その内にはなんとかなりそうな気がしてきました。

(おまけ1)

ちゃき父も広尾教室の午後の部に参加。今日の特別ゲスト松尾歩七段に二枚落ちで対戦。

途中角切りからうまく攻めが決まって、勝つ事ができました。最初は定跡型で、だいぶ緩めて指してもらいましたが、攻めの部分は我ながらいい感じ(最後の即詰みが読めなかったのが、いまひとつでしたが。。)、一応今回の勝利で飯島先生から二枚落ち卒業のお言葉をもらいました。

と言う事で、まだ力不足の感もありますが、次回からはプロ棋士とは飛香落、アマ高段者とは飛車落で戦っていきたいと思っています。

日曜の道場の方も、割合好調で最近五分の星が続いていたのですが、今日はしょっぱなから5連勝。うまく集中できていたと思います。

ただ、最後は二連敗。。でも二段にも勝てて今日は満足でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月23日 (火)

JT こども将棋大会 東京

今日は、JTこども将棋大会の東京大会に参加しました。この大会ちゃきは初参加です。

たぶん、数ある将棋大会の中でも一番参加人数の多いこの大会。事前の情報だと低学年の部で1200人!!実際の所でも938人の参加があったようです。

と言う事で、優勝するまでには10連勝が必要!!考えただけでも気が遠くなるような大会です。

なお、今回このJTの大会は、10回記念と言う事で、各地区の予選の勝者12名が戦う、チャンピオン大会があります。東京大会からは、準優勝者までがこのチャンピオン大会に出場できます。

大会の形式は、予選3連勝で、決勝トーナメントへ進出。まずは、このトーナメントへの進出が目標です。ちゃきの実力はと言うと、たぶんランキング的にはベスト32ぐらい。よほど予選の相手が悪くない限り、決勝トーナメントに進出は可能なはずです。

 

10時からの開会式のあと、一斉に対局スタート。会場に駒音が響き渡ります。

一応大会は、対戦場所のそばでも見られたのですが、予選は観客席から遠目で観戦しました。(手の動きが見えるくらいです。)

 

さて、予選の結果は

〇〇〇 と三連勝でき、決勝トーナメントに進む事ができました。

この中では、2戦目が多少苦戦。最後の方まで残って最後の方は、時計が入りました。(予選は対局開始から15分が過ぎると3分切れ負けの時計が入ります。)

ただ、時計が入った頃には、だいぶ持ち直していて、時計が入ってすぐに勝つ事ができました。

 

これで、だいたいベスト128。おにぎりで腹ごしらえをして、午後の決勝トーナメントに参加です。あと2勝位したい所でしたが、初戦がいきなり神奈川の倉敷代表(連盟初段)との対戦。夏のときんの会の合宿の参加メンバーでもあります。

 

決勝トーナメントスタート。ここでは10分切れ負けの勝負になります。

今回は、対局場のわりあい近くで観戦。ちゃきの右四間飛車で、多少優勢に押しているような。。ただ、ちょっと時間を使いすぎのような。

勝負は終盤、ちゃきの左美濃を玉頭から攻められ受け損ね、残念ながら敗戦してしました。

と言う事で、ちゃきの成績は約ベスト128。。もう少しと言った成績でした。

 

大会の後は、自由対局に参加です。この自由対局は、対局数と勝利数で駒消しゴムをもらう事ができます。

全部揃えるためには、あと12局以上対局する事と、7勝以上する事が必要です。

自由対局の結果は、〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇 と12連勝。まあ、強い相手は決勝トーナメントに参加中と言う事で、大会で戦った以上の強い相手も登場せずに、全勝でした。

 

大会最後のイベントは、JT将棋日本シリーズの決勝戦。羽生名人と山崎七段の公開対局です。

今回、羽生名人を生で初めて見ました。結果は羽生名人の勝利!!

 

そして、最後の最後に素敵なプレゼントが。。なんと羽生名人と握手ができる!!

初めて見た羽生名人は、思ったより大きかったような。。ちゃきも握手してもらい、これで入品にまた一歩近づきました。

 

沢山の子供達が集まったこの大会。でも人数の割にはきちんと統制が取れていました。(将棋をやる子は行儀がいい!!)

JTのみなさんありがとうございました。また、来年も開催よろしくお願いします。

(おまけ)

低学年の部の優勝は、倉敷王将の準優勝者のたっくん。準優勝は同じく東京の倉敷代表のO君。

その他、ときんの会の合宿メンバーでは、ぶんちゃんが3位に入りました。

みなさん。おめでとうございます。

高学年分の優勝は、優勝候補の筆頭の神奈川のK村君。(やっぱり強い)

準優勝は千葉のM田君でした。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010年11月21日 (日)

地区センター将棋教室(2010年11月)

昨日は、第3土曜日と言う事で地区センターの将棋教室の日です。

先生との対局は二枚落ちで2局、結果は0勝2敗。なかなか二枚落ちは卒業できそうにありません。平手の対局はだいぶレベルアップしているような気もするのですが、それが駒落ちにはうまく連動していないようなに思えます。

その他は、子供どうしの対局とかを何局か指していました。

今日の講師はアマ強豪の星出先生。先生の実戦の棋譜も交えた次の一手の問題です。

この次の言っても、前回の詰将棋同様、子供達の手が見えるのが早い早い。。ちゃきも何問か手を上げて問題を答えていました。

割合終盤系の問題が多く、やはり最近やっている詰将棋等の寄せの学習の効果が出ているように思えます。

今週の将棋はこんな感じで終了。。来週は将棋週間と言う事で

JTこども大会(火曜日) ⇒ 広尾こども将棋教室(土曜日) ⇒ スクール&道場(日曜日)と続きます。

おまけ1

ちゃき父も教室に参加。アマ強豪との対局も去年二枚落ちから初めて、今回飛香落ちで第1局に勝利。第2局目から飛落ちに上げてみました。

これも割合うまい具合に指せて勝利!!うーんちゃき父も去年からだいぶレベルアップしていると思うのですが。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月14日 (日)

第3回女子アマ王位戦・東京大会

今日は、第3回女子アマ王位戦・東京大会に参加しました。

クラスは、女子アマ王位戦予選となるAクラスと、級位者(親睦クラス)のBクラスの2クラスのみです。今回は強い相手と戦いたいという目的から、Aクラスに参加しました。

Aクラスの参加者は22名で、小学生はちゃきを入れて4人でした。

メンバーはこの間の女流アマ名人戦の名人クラスとAクラスの上位層から、地方参加者のメンバーを省いたような感じでした。(だいたい見た事があるような顔ばかりです。)

 

持ち時間は、15分で切れたら、30秒将棋。

予選:2勝通過・2敗失格で、本戦:トーナメント方式です。

メンバーは、有段者ばかりと言う事で、とりあえず今回は1勝する事が目的です。

 

さて、10時半に第1局がスタート。。注目の第1局の相手は、

Kさん。千葉県の中学生の県代表です。うーん、いきなりの強敵。(と言うかみんな強敵ですが)

対戦は横歩取りになって、なかなかの熱戦。思った以上にいい勝負になりました。秒読みの戦いが長く続き、途中勝機もあったようですが、最後は押しきられてしまいました。

 

さて、第2局目は1局目の勝負がつき次第どんどん次の対戦が組まれいます。ちょきの敗戦のちょっと前に、プリンセスも敗戦。敗者同士の対戦が組まれるので、ついにプリンセスと対戦かと思ったのですが、プリンセスは他の人と対戦が組まれてしまいました。(残念)

 

1局目の勝者は11人、敗者も11人。勝者同士、敗者同士と組み合わせて行くと、最後に勝者と敗者が余ります。。1局目一番遅くまで戦っていたちゃきは、1局目でプリンセスに勝った、勝者組の人と対戦が組まれてしまいました。

 

対戦相手は、Sさん。昨年の女流アマ名人戦の名人クラスの決勝トーナメントに名前がありました。(たぶん、二段クラス?)

この対戦、相手矢倉でちゃきは右四間。。途中の段階で覗くと、ちょっと優勢の感じで、残り時間は、圧倒的にちゃきが残している状態。

この後も熱戦が続き、そろそろ終わりそうかなと覗いた時は、相手の玉はほぼ必至だけど、ちゃきの王様も龍に追われている状態でした。でも最後、秒読みの中逃げ方を間違えることなく、うまく逃げて相手の攻めが切れ、勝つ事ができました。

 

3局目の相手は、大学生のHさん。女流アマ名人戦の名人クラスの決勝トーナメントに名前がありました。

これに勝てば、決勝トーナメント進出でしたが、ちゃき曰く、この対戦が一番だめで、あまりいい所がなく、敗戦してしまいました。

と言う事で、通算1勝2敗で予選敗退となりました。

 

少し、背伸びをしたAクラスへの参戦でしたが、全くの手合い違いと言う事もなく、頑張る事ができました。

 

対戦内容を見る限り、やはり確実に強くなっているようです。来年はこう言うトップクラスの大会で、決勝トーナメントにでるのも夢ではないような気がちょっとして来ました。(甘いかなあ。。。)

 

(おまけ1)

午後は、指導対局を受けました。ちゃきは蛸島女流五段、ちゃき父は藤森女流三段を申し込んだのですが、人数の関係で抽選。。ちゃき外れ、ちゃき父当たりと言う事で、ちゃき父のあたりの分をちゃきに譲りました。

 

と言う事で、ちゃきは藤森女流三段と二枚落ちで対戦。ただ、この対戦は大甘モードで、ほとんど定跡形。”最後7筋で王の前に飛車を捨てると必至かかかる”と言うほぼ本と同じ形で、あっさり終わってしまいました。。

ちょっと不完全燃焼です。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年11月 7日 (日)

スクール&道場(2010年 24回目)

今日は道場&スクールの日です。 道場に着いたのは10時10分頃、まだ2級以上トーナメント(定員16名)の枠が3名分空いていました。

ちょっと前から、トーナメントにまた出たいと言っていたので、ちゃき、ちゃき父の二人とも参加する事にしました。

 

ちゃき父が、1回戦であっさり負けた一方、ちゃきの方は時間ギリギリの勝負で、1級に〇

その後も、三角〇、四飛〇(これは遠目に見ていましたが快勝)と、望外の決勝進出です。

決勝の相手は、五段と言う事で飛香落ち(この手合いは初めての様な)。。回りの注目をだいぶ集めていましたが、残念ながら負けてしまいました。

 

と言う事で、2級以上トーナメントで見事準優勝!! 賞品として、道場無料券とミニ風呂敷をゲットしました。。

 

この後は、10分で昼ごはんをかきこんで、スクールに参加です。今日のスクールは授業参観です。 1,2級の生徒は3人、親の参観はちゃき父だけなので、計4人で井道先生の銀多伝定跡の講義を聞きました。

そして、対戦。今日の結果は 〇(井道先生との二枚落) 〇でした。

 

スクールの後は、道場に参戦。今日は、朝から割合好調なので、どうかなと思っていましたが、調子は継続していて、

1〇 1〇 2〇 2〇 と4連勝。

今日は1日通して、9勝1敗と非常に好調でした。

 

(おまけ1)

朝の将棋タイムもぼちぼち開催中!!

8月 〇●〇●●●●●  2勝7敗 222

9月 〇●〇●●●●●●〇〇〇〇〇〇  8勝7敗 533

10月 ○●○●○●○○●○  6勝4敗

ちょき父最後のふんばり。。。でも、もうだめだあ

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年11月 3日 (水)

柏で将棋をしよう!@ちゃき

さて、今日は文化の日。日本の伝統文化に触れよう!!と言う事で、将棋大会に行きました。。

さて、大会と言っても今日は色々な大会が開かれています。埼玉では「彩の国小・中学生名人戦」、千葉では「所司和晴杯」に「柏こども将棋まつり」 。

 

どれに行こうか迷っていたのですが、高橋和先生が来る!!と言う事で、「柏こども将棋まつり」にしました。。

※高橋和先生は、ちゃきが初めて将棋教室に行った時に最初に教えてくれた先生です。この夏の浜松の合宿でもお世話になりました。

 

さて、大会は小学生の高学年と低学年別で、参加者は高学年が21名、低学年が18名でした。ちゃきは低学年の部に参加です。柏将棋センター主催の大会で、参加メンバーの6割くらいが柏将棋センターの子供達みたいです。

柏将棋センター、そうここは、このブログにもよく登場する”よしはる家のたい君”の本拠地です。

と、言う事で今回の大会はこのたい君、そしてと金の会の合宿にも来た、ハルキ君あたりが、ライバルになりそうです。

 

この大会、まずは予選。予選は3人から4人のリーグ(計5リーグ)に分かれて対戦します。そしてその順位によって、それぞれの決勝トーナメントに進みます。

まず、予選。1回戦目は優勢でしたが、最後攻めあぐねて大分時間がかかりながらどうにか勝利。2戦目、3戦目は多少棋力の差が合ったみたいで、短時間で勝利しました。

 

そして、決勝トーナメントは、各リーグの1位の5人集まった”Aクラス”での対戦です。

さて、Aクラスの他メンバーは、予想通りのたい君、ハルキ君、2年生の女の子、そしてちゃきと同じく神奈川から遠征してきたK太君です。

決勝トーナメント、ちゃきはシード。そして準決勝で、たい君を破ったハルキ君との対戦。これに勝てれば優勝に大きく近づきます。

ただハルキ君とは、と金の会の合宿で対戦があり、この時は敗戦。。リベンジなるかと言ったところだったのですが、力戦形の将棋でまたやられてしまいました。

そして3位決定戦は、たい君との対戦です。これも力戦形の戦いになりちらっと見たときには不利な状態。その後多少は盛り返していましたが、残念ながら敗戦。

と言う事で、ちゃきの成績はAクラスの4位でした。。優勝はハルキ君です。

対戦が終わった後は、柏将棋センターの師範の石田和雄九段に二枚落ちで指導対局をして頂きました。

 

これにて、大会も終了。最後にたいくん、あゆさん、K太君そして高橋和先生と一緒に写真を撮りました!!

| | コメント (0) | トラックバック (3)

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »