« 地区センター将棋教室(2010年11月) | トップページ | 広尾しょうぎ教室(今年15回目) &スクール&道場(2010年 25回目) »

2010年11月23日 (火)

JT こども将棋大会 東京

今日は、JTこども将棋大会の東京大会に参加しました。この大会ちゃきは初参加です。

たぶん、数ある将棋大会の中でも一番参加人数の多いこの大会。事前の情報だと低学年の部で1200人!!実際の所でも938人の参加があったようです。

と言う事で、優勝するまでには10連勝が必要!!考えただけでも気が遠くなるような大会です。

なお、今回このJTの大会は、10回記念と言う事で、各地区の予選の勝者12名が戦う、チャンピオン大会があります。東京大会からは、準優勝者までがこのチャンピオン大会に出場できます。

大会の形式は、予選3連勝で、決勝トーナメントへ進出。まずは、このトーナメントへの進出が目標です。ちゃきの実力はと言うと、たぶんランキング的にはベスト32ぐらい。よほど予選の相手が悪くない限り、決勝トーナメントに進出は可能なはずです。

 

10時からの開会式のあと、一斉に対局スタート。会場に駒音が響き渡ります。

一応大会は、対戦場所のそばでも見られたのですが、予選は観客席から遠目で観戦しました。(手の動きが見えるくらいです。)

 

さて、予選の結果は

〇〇〇 と三連勝でき、決勝トーナメントに進む事ができました。

この中では、2戦目が多少苦戦。最後の方まで残って最後の方は、時計が入りました。(予選は対局開始から15分が過ぎると3分切れ負けの時計が入ります。)

ただ、時計が入った頃には、だいぶ持ち直していて、時計が入ってすぐに勝つ事ができました。

 

これで、だいたいベスト128。おにぎりで腹ごしらえをして、午後の決勝トーナメントに参加です。あと2勝位したい所でしたが、初戦がいきなり神奈川の倉敷代表(連盟初段)との対戦。夏のときんの会の合宿の参加メンバーでもあります。

 

決勝トーナメントスタート。ここでは10分切れ負けの勝負になります。

今回は、対局場のわりあい近くで観戦。ちゃきの右四間飛車で、多少優勢に押しているような。。ただ、ちょっと時間を使いすぎのような。

勝負は終盤、ちゃきの左美濃を玉頭から攻められ受け損ね、残念ながら敗戦してしました。

と言う事で、ちゃきの成績は約ベスト128。。もう少しと言った成績でした。

 

大会の後は、自由対局に参加です。この自由対局は、対局数と勝利数で駒消しゴムをもらう事ができます。

全部揃えるためには、あと12局以上対局する事と、7勝以上する事が必要です。

自由対局の結果は、〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇 と12連勝。まあ、強い相手は決勝トーナメントに参加中と言う事で、大会で戦った以上の強い相手も登場せずに、全勝でした。

 

大会最後のイベントは、JT将棋日本シリーズの決勝戦。羽生名人と山崎七段の公開対局です。

今回、羽生名人を生で初めて見ました。結果は羽生名人の勝利!!

 

そして、最後の最後に素敵なプレゼントが。。なんと羽生名人と握手ができる!!

初めて見た羽生名人は、思ったより大きかったような。。ちゃきも握手してもらい、これで入品にまた一歩近づきました。

 

沢山の子供達が集まったこの大会。でも人数の割にはきちんと統制が取れていました。(将棋をやる子は行儀がいい!!)

JTのみなさんありがとうございました。また、来年も開催よろしくお願いします。

(おまけ)

低学年の部の優勝は、倉敷王将の準優勝者のたっくん。準優勝は同じく東京の倉敷代表のO君。

その他、ときんの会の合宿メンバーでは、ぶんちゃんが3位に入りました。

みなさん。おめでとうございます。

高学年分の優勝は、優勝候補の筆頭の神奈川のK村君。(やっぱり強い)

準優勝は千葉のM田君でした。

|

« 地区センター将棋教室(2010年11月) | トップページ | 広尾しょうぎ教室(今年15回目) &スクール&道場(2010年 25回目) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1224491/37814410

この記事へのトラックバック一覧です: JT こども将棋大会 東京:

» JT こども将棋大会 東京: ちゃきの週刊将棋 [将棋.navi]
[続きを読む]

受信: 2010年11月24日 (水) 04時55分

« 地区センター将棋教室(2010年11月) | トップページ | 広尾しょうぎ教室(今年15回目) &スクール&道場(2010年 25回目) »