« 江東将棋センター新年子供将棋大会 | トップページ | スクール&道場(2011年 2回目) »

2011年1月16日 (日)

第8回小学館学年誌杯争奪 全国小学生将棋大会

昨年に引き続き、この大会に参加。

各学年32名の参加、予選4人で1ブロックで、各ブロックで2敗敗退、2勝勝ち抜けで、学年別の決勝トーナメントに進出でき、各学年の上位2名(計12名)で、さらにグランドチャンピオン決定戦が開かれます。

とりあえず、今回のちゃきの目標は決勝トーナメント進出です。
 

予選4人と言う事で、他のメンバーが気になりますが、受付の時の一覧に棋力が書いてありました。

三段、初段、1級(ちゃき)、3級の構成、さすがに1年前と比べると周りもだいぶレベルアップしているみたいです。

 

さて、ちゃきの予選結果は、

初戦 3級の子に勝利。(前にも道場で対戦した事があります。)

そして、二戦目は三段の子と対戦、関東外からの遠征部隊で倉敷代表と言う事で、強敵です。

これは、あきらめて最終戦で勝負だ!!と思っていたら、なんと勝利!!と言う事で、二連勝でブロック1位で決勝トーナメント進出を果たしました。

 

とりあえず、目標達成。もう満足と思って、トーナメント表を見ると、1回戦勝ちあがった場合の相手側の組み合わせにプリンセスの名前が。。うーん、一回対戦してみたいと言う事で、もう1勝欲しい。。。

とか思っているうちに、決勝トーナメントスタート、相手はたぶん同じような棋力と言う事で、期待はしましたが、残念ながら敗戦。。。またプリンセスとの対戦は成りませんでした。

 

と言う事で、今年も昨年に引き続き、学年でベスト16に終わりました。

 

トーナメント終了の後は、自由対局と指導対局。

自由対局は、結構顔見知りと対戦。10局で5勝5敗のイーブンでした。

そして、指導対局。くじ運も良く、森内九段が相手です。午前中の最後の部で、三面指しの中でも、一番最後にかなり遅れて始まったので、ほとんど森内九段を一人占めしてしまいました。

森内九段とは、二枚落ちでの挑戦。ただ、もう手のひらの上と言った感じで、森内九段が、面白い局面になるように誘導していました。

最後は、一手違いで5手詰めの場面に誘導、この位は簡単に詰めて欲しかったのですが、ちゃきは別の守りの手を指そうとして、森内九段に手を止められて再度考え直し、その結果、どうにか勝たせてもらいました。
 

トッププロあたりだと、二枚落ちで勝つには、二段~三段は必要とも聞きますが、まさに赤子の手をひねるような感じでした。

 

今年も目いっぱい楽しんで、大会も終了。と金の会のお仲間の成績は全体的には今一つでしたが、その中で、倉敷低学年チャンピオンでもあるノブ君が、グランドチャンピオン決定戦で、見事に三位。優勝者が6年生だったため、上位二人に与えられる、小学生名人戦への特別招待枠をゲットしました。
 

ちゃきは、決勝トーナメントへの進出を果たして、最低限のノルマは達成。予選2戦目で勝った相手も、最初は本当に三段??と思っていましたが、学年別のトーナメントでは2位と、やはり強豪だったみたいです。と言う事で、今日の結果はまあ満足かなあ。。

|

« 江東将棋センター新年子供将棋大会 | トップページ | スクール&道場(2011年 2回目) »

コメント

中継等、大変にお疲れ様でした。
それにしても、三段の子からの勝利はあっぱれですね。
3年生でその子に勝ったのは、ノブくんとちゃきちゃんだけですよ。

投稿: ぶんぱぱ | 2011年1月17日 (月) 06時08分

お疲れ様でした。
結果的には相当な大金星でしたね

投稿: しょうパパ | 2011年1月17日 (月) 06時35分

ぶんぱぱ様、しょうパパ様

たまに強い相手に勝てる様になってきたので、これが安定すれば初段の道が開かれると思うんですが。。
とりあえず、みんなに遠く離されないようにがんばります。。

投稿: みやみや | 2011年1月17日 (月) 20時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1224491/38498899

この記事へのトラックバック一覧です: 第8回小学館学年誌杯争奪 全国小学生将棋大会:

« 江東将棋センター新年子供将棋大会 | トップページ | スクール&道場(2011年 2回目) »