« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月

2011年5月29日 (日)

スクール&道場(2011年 12回目)&広尾しょうぎ教室(2011年6回目)

土曜日は広尾しょうぎ教室に参加しました。

今回も午前・午後と全日参加です。午前の子供教室は、最初は詰将棋、先生との指導対局、そして子供どうしの対戦です。指導対局は、スクール対策の二枚落ちと大会対策の平手をそれぞれやってもらっています。

午後も、指導対局と子供どうしの対局等、17時頃までたっぷりと将棋をしました。

5月25日は、飯島先生の誕生日と言う事で、ちゃきからはバースディカード、ちゃき父からは、鰻支部のしるしでもある”鰻ストラップ”をプレゼントしました。飯島先生お誕生日おめでとうございます。


日曜日はスクール&道場の日です。

前回入品して、二段を目指しての挑戦が始まります。ただ、今まで二段とほとんど対戦した事がありません。

まずは、二段に対して五分以上の星を残す事が当面の目標です。


さて、今日の道場の成績は

初● 1〇 2香〇 1〇  認定〇 初〇

初戦の相手はしょう君。(実はちゃき父もこのあと対戦して負け)

その後は、連勝と言う事で4.5連勝を残しました。ただ、二段との対戦がないので、成績的にはまあまあといったところです。



道場をはさんでのスクールは

〇● と1勝1敗。まだまだ卒業への道は遠そうです。


今週末は、将棋三昧でした。来週から三週連続で

小学校団体戦 ⇒ 教室対抗戦  ⇒ 倉敷予選


と、大会が続きます。強い相手に思いっきりぶつかって欲しいと思います。一つは金星を。。。


(おまけ1)

今日連盟道場にNHKのカメラが入っていました。道場の対局風景などを映していました。

この取材みたいです。

⇒5月31日(火)NHK「クローズアップ現代」で中国の将棋事情や、オンライン将棋スクールを紹介

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月22日 (日)

地区センター将棋教室(2011年5月)

この土曜日は、地区センターの将棋教室に参加しました。

今日は、二枚落ちで先生に負け、その後1番平手でも指導対局をしてもらったとの事です。あとは、何局か子供どうしで対戦。途中の大盤解説を挟んで4時間たっぷり将棋をしました。

と言う事で、今週の将棋はこれにて終了!!今までで一番中身がないなあ。。。


これで、終わるのはちょっと寂しいので、おまけを三つほど。。。

(おまけ1)

文部科学大臣杯 第7回小・中学校将棋団体戦 神奈川県予選の開催がさ来週に迫ってきました。

メンバーはちゃきとK太君は去年と一緒、そして新たに6年生のA君が加わりました。前にブログに書きましたけど、A君は2月の小学生名人戦の交流戦に参加しているのを発見!!そして、この土曜日の地区センターの将棋教室にも体験に来てくれました。

去年と比較して、チームの棋力は+3級程アップ!! 昨年は14チーム中9位。今年のメンバーでの予想は、同じチーム数なら5位くらいかなあ。。

でも、本番はなにが起こるか判りません。。。ただ悪い情報が、神奈川県支部のホームページを見ると、神奈川の代表チーム数が2チームとなっていました。

去年は3チームだったのですが、確かこの代表チーム数は、去年の県予選の参加チーム数で決まるような事を聞いた事があります。うーん、神奈川県の小学校もっと参加しないと。。。県代表への道は険しいなあ。




(おまけ2)

朝の将棋タイム。しばらく中断していましたが、広尾しょうぎ教室の飯島先生の”強くなるには棋譜並べが必要”との言葉を受けて、隔日で復活しました(隔日のもう片方の日は、ちゃき父の算数教室です。)

何を並べていいか良く判らなかったので、とりあえず最初は最近買った「羽生VS森内百番指し」を並べる事にしました。
ちゃき父が棋譜を読み上げ、ちゃきが並べるのですが、せっかくこの様な方式なので、先手番の次の手はちゃきが予測して、その駒に触るといった感じでやっています。

とりあえず、1局15分で、30分で2局。隔日開催なので全部並べるには三カ月くらいかかる予定です。その次は何にしようかな。。

(おまけ3)

金曜日にちゃき父は、下記のイベントに参加しました。

『将棋のチカラ』刊行記念 阿久津主税の千駄木将棋教室


本の発売を記念してのトークショーです。


開催場所は、千駄木の古本屋でわりあいこじんまりとしたトークショーでした。

(受付一番乗りしてしまい、席は一番前でした。)

トークショーは1時間半ほど、今回は特別ゲストに上田新女王もいらして、あっと言う間に時間がたってしまいました。

さて、トークショーも終わって、最後にサイン会。この本は、立ち読みで少し読んだ事があるのですが、今回購入。一番、前の席だったので最初にサインをもらいました。

Img_1164

これが、「将棋のチカラ」の本。戦術書ではなく、将棋の楽しみ方を中心に書かれた本です。

将棋は指さないけどと、見るのは好きと言った人も楽しく読めると思います。


阿久津先生のサインは  「鋭気」

Img_1165

そして、トークショー記念と言う事で、同じ本に上田先生のサインももらいました。

※この本、サインを書いてとばかりに、この灰色のページが最初に2ページついています。

上田先生のサインは  「大志」

Img_1166

このサインを書いている時に上田先生が一言

「そう言えば、女王になってからサインをするのは初めて。。。」

と、言う事で、これが”女王 上田 初美”と書かれた最初の物です。。


とりあえず、上田先生にはちゃきが女王に挑戦する?10年後まで、防衛を続けて欲しいと思っています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年5月15日 (日)

第5期マイナビ女子オープンチャレンジマッチ

5月10日、ときんの会合宿で、熱烈指導をして下さった、上田先生が見事”女王”のタイトルを獲得しました。

おめでとうございます!! ちゃき父も鰻支部の会員として、熱烈応援をしていました。

さて、新女王となった上田先生。でも、安心してはいられません。上田先生に挑戦すべく、次の戦いが既に始まっています。

そう昨日土曜日は、上田新女王への挑戦者を決めるための最初の戦い、第5期マイナビ女子オープンチャレンジマッチが開催されました。

このマイナビ女子オープンは、アマチュアの参加の門戸が開かれていて、このオープンチャレンジマッチは、有段者であれば誰でも挑戦できます。

今回、このチャレンジマッチには、アマチュア55人、プロ8人が参加、この中で10人が次の一斉予選に参加できます。

一斉予選は、新たにプロ35人、奨励会員3人が加わり12人が勝ち抜け、そして本戦トーナメントはさらにトップシードの4人のプロが加わり、16人で上田新女王への挑戦権をかけて戦います。うーんなんて長い道のりなんだ。


さて、ちゃきも有段者の仲間入りを果たし、今年からこの大会に参戦。参加者名簿を見ると、やはり関東が中心でそれに関西を中心とした地方の強豪が集まってきていました。名前の8割くらいは、聞いた事があります。


8時半に受付で、さっそくトーナメントの抽選。前回の成績優秀者とプロが1回戦シードになります。ちゃきの最初の相手は、60歳くらいの方で良く大会でも見た事があります。

9時半からの開会式のあとで、一斉に対局がスタート!!持ち時間は20分で秒読み30秒。とにかく1勝するんだあ!!

今回のこの大会、開催場所は日本将棋連盟と共にこの大会を主催している、毎日コミュニケーションズの本社で行われています。会場の様子等が公式ブログで報告されているので、見た人はわかると思いますが、会場がきれいで広い!!なんか、すごく贅沢です。こんな所で、戦えるなんですごく恵まれていると思いました。


さて、ちゃきの初戦。わりあい近くでも見ていられるのですが、ちょっと離れた所から観戦。
最初は、なんかいい調子に見えたのですが、途中なかなか決められない感じ。
「あれっ、大丈夫かなあ」と思いだした頃に、やっと勝つ事ができました。

とりあえず1勝!!と言う事で、ひと安心。さて、次の相手は?と言う時に一部の席で、今までの合成ゴムの将棋盤が二寸盤に、プラスチックの駒が木の駒に差し替え。いよいよ2回戦からプロ軍団の登場です。プロの対戦の場所だけ、将棋盤の入れ替えが行われました。

そして、二寸盤の前に座るちゃき。。。そうです、ちゃきの2戦目の相手は、中倉彰子女流初段です。ちゃきと同じ初段なので、いい勝負?と言いたいところですが、本来なら飛車落ちでも苦しい所、でも勝負は何が起こるか判らない。。。

対局が始まって序盤。予想に反して、中々好調そう。慎重に時間を使う中倉先生。中盤位で、ちゃきが10分くらい時間を残した所で、中倉先生は秒読みに。でも、秒読みに入ったからといって、そうそうプロが間違えるはずもなく、ちゃきが秒読みに入った位の所で、残念ながら、負けてしまいました。

感想戦では、中盤位まではちゃきのほうがちょっと良かったのではと言う、中倉先生のお言葉、確かにブログに載っていた、途中の局面の写真の1手前の状態を”激指”で並べてみたら、互角の判断。ちょうど写真の場面でのちゃきの指した手が、大分良くなかったみたいです。

と、言う事で、初めてのプロとの対戦。今の力は充分出せたのではと思っています。


ブログをみたら、中倉先生のコメントが

(第5ブロック ちゃき-中倉彰子女流初段戦)

勝者中倉女流のコメント「フレッシュな手が多く、狙いがするどかった。終盤みがいたらもっと強くなりそう」


無理やりのほめ言葉のような気もしますが、中終盤がいま一つなのは事実。精進しないと。。中倉先生ありがとうございました。また来年更にレベルアップして、この大会に挑戦したいと思います。


いやいや、まだこの大会は終わっていません。一応2敗失格のシステムのなので、まだ勝ち抜けの可能性が残っています。

そして、3戦目は大学生のSさん。大学の将棋部に所属する大学女子将棋界のトップグループの人です。
この対戦は、終始あまり良くない顔つき。それでも必死にがんばっていましたが、力尽きました。。。残念ながら、これで1勝2敗と言う事で、チャレンジマッチ敗退です。


チャレンジマッチ、とりあえず1勝する事と、プロと対戦!!と貴重な経験もでき、参加して良かったです。また、来年も是非チャレンジしたいと思います。一応これで、今年のマニュフェスト (3)あの大会に参戦します。 も達成する事ができました。



(おまけ1)

今回の大会、とりあえずちゃきは最年少参加者でした。小学4年生は3人で、東海研修会のIさんとプリンセス。その中でもちゃきが一番誕生日が遅いみたいです。
なお、背の低さは、ぶっち抜きの1位でした。

(おまけ2)

おまけではないのですが、残念ながら3回戦で敗退と言う事で、お昼過ぎに大会が終わったので、午後から広尾将棋教室に参加しました。

今日は、最初は詰将棋。それから先生と平手での指導対局。それから、子供同士の対局等を行いました。
今日は、中学生の二人組(1級と三段)も来ていて、ちゃきも挑戦。1級の人には勝ち、三段の人には負けだったみたいです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年5月 8日 (日)

スクール&道場(2011年 11回目)  祝!!入品

今日はスクール&道場の日です。おっとまたタイトルの道場の回目が飛んでいますが、先週の女流王座戦の予選の後にちょっとだけ道場に行きました。と言う事で、今年11回目の道場です。


さて、今日は言わずと知れた”母の日”。そんな日ですが、ちゃき母は一人家で留守番です。
”母の日”と言えば、昨年このめでたい日に
”ちゃき父 入品ライブ”が開催されました。


そして、あれから一年たったこの日、今回は
”ちゃきの入品ライブ”が開催されました。



今年になって、入品リーチを逃す事4回。前回の5連勝から今日はスタートです。

午前中にまずは快調に 初〇 初〇 再び入品の一番を迎えました。おにぎりとカツで腹ごしらえをしてから、いよいよ勝負の一番。。でも、なかなか手合いがつかない、つかない。。

さすがに、入品の一番となると、相手を厳選。。。(そんなに厳選しなくてもいいのに。)


20分以上待たされて、決定した相手は2年生のK君(初段、スクール1級)でした。K君とちゃきは同じような感じで強くなってきたので、ここ2年くらい何度も対戦した事があります。最近の対戦成績はほぼ5分、ここで決めるんだあ。。。


と、思いながらも見ていると心臓に悪いので、ちゃき父はお昼ご飯に、お昼から戻って手合いがついて、ちょうとそばを通りかかると「そろそろクライマックスですよ」の声が、ちらっと覗くと、相手の王様の守りは薄く、ちゃきが角で王手をかけていて、ちゃきの王はまだ手つかず。「おっ、いい感じみたい。」

ちゃき父が対戦に入って、しばらくして、ちゃきが勝利の報告をしに来ました。


1級昇級から苦節?9か月。ついに初段になる事ができました。単にひとつの級のアップですが、この9か月でググッとレベルアップした気がします。
ご指導くださった先生、対戦してくださった皆々様方、ありがとうございました。


とか、書いていますが、ちゃきにとっては初段は、ただの通過点なんだと思います。(ちゃき父にとっては、ほとんど終着駅)

これからも、ちゃきの応援、ご指導、よろしくお願いいたします。

今日の道場成績  

初〇 初〇 初〇  入品!!  二〇  二●

今日のスクールの成績

〇〇〇  1局目はサトシン先生の指導対局

(追加ニュース)

本日ちゃきの入品ライブが行われましたが、実は今日はダブルライブで、ときんの会のお仲間のtact君の入品ライブも同時開催されています。(前にも同じ日に昇級した事があったような。)

素晴らしい、共演?でした。おめでとうございます。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2011年5月 1日 (日)

第1期リコー杯女流王座戦 アマ東日本予選大会

土曜日は第1期リコー杯女流王座戦 アマ東日本予選大会に参加しました。

これは、今年から始まった女流の棋戦。引退女流棋士や奨励会員まで参加OKと言う画期的な大会です。今回はアマ東日本予選大会で、西日本大会は既に開催済みで3名の予選通過者が決定済、今日は残りの5枠を争います。


さて、上記のとおり女子アマのトップレベルの大会、さてちゃきはどこまで通用するのか、とかなんとか考えながら受付へ。

今回の参加者は43名。名簿を見ると知った名前がほとんどで、ちゃきのランキングは35位から40位くらいかなあ。。。また、参加者の中でちゃきは最年少(同学年でプリンセスと東海研修会のIさん)でした。


10時から開会式。ちゃきのとなりの席には、林葉さんが(引退女流棋士は、このアマ予選から参加。)、うーんやっぱりちょっと場違いな気がしてきました。

そして、さっそく予選の開始です。予選は2勝勝ち抜け2敗失格。持ち時間は15分の切れたら30秒です。


1回戦の相手は、第1回のと金の会の合宿でも一緒だったWさん。大会でも何回か対戦した事もあります。ちゃきに分があるかなあと思いましたが、Wさんも昨年の女流アマ名人戦のBクラスで優勝等、最近力をつけてきているので、油断は禁物です。

さて、対局を開始しましたが終始難しい顔。苦戦中??でもどうにかなるかと思っていましたが、結果敗戦。。。うーん後がなくなりました。

※Wさんはこの後、準女流アマ名人に勝利。その後も勝って、代表決定戦まで進出。最後は残念ながら敗れましたが、ここ1年くらいの伸びは本物みたいで、この夏の小学生女子の大会の強力なライバルになりそうです。




ちゃきの2回戦。相手はSさん。昨年の小学生女子将棋名人戦の東京ブロック代表です。道場で対戦した事もありますが、勝った事なし。まあ敗者組の組み合わせと言っても、そんな弱い相手がいるわけありません。

この対局も遠目に見ていました(近くでも見れるのですが、気にするといけないので、10メートル位離れた所から、顔色だけ観戦)が、さっきと違って快調の雰囲気。おっ良さそうだと思っていたら、あっさりと勝ってしました。




首の皮が一枚つながって、3回戦。これも大会でよく顔を見かけるTさん(大学生くらい?)

この対局は、長い対戦になりました。終始押しているように見えたけど、あれ攻めてる?自玉がどんどん逃げているような。。あれっ入玉したのかなあ、相手の王様も中段に上がって来てるみたいだし、でも持ち駒は山の様に持っているし。。

うーん、どうなってるんだあ。と思っていたら、通りかかったドラの穴の小島先生が「もう詰みますよ、駒を山の様に持っているし」と言う言葉で一安心。ほどなくちゃきの勝利。


初戦敗戦で、どうなるかと思ったけれど、見事予選を突破しました!!




いやあ、良かった。ちゃきも集中して良く頑張っていました。でも2回戦目からの連勝については秘密が。。
初戦負けて、これではいけないと言う事で、ちゃきの手には、昨日の神奈川チャリティー将棋イベントのオークションでちゃき父が手に入れた、戸辺誠先生の扇子。
扇子には”気力”の文字、この扇子がちゃきに”棋力”を与えてくれました。



そして、決勝トーナメント。決勝トーナメントの表にちゃきの名前が、周りはそうそうたるメンバーで、小学生の東海研修会のふたりも林葉さんもいない。。うーん、良くここまで勝ちあがったもんだと思いながら、次の相手を見るとU-18でも対戦して敗れた中学生のKさんでした。(そう言えば、2月も道場で対戦して負けてます。)


あと2勝金星をゲットできれば、5名のアマ代表の枠に入る事ができます。ここまで、来たんだがんばれーー。


この対戦、あまり表情に変化なし。どうなっているんだろうと思っていましたが、割合短時間で敗戦。。

と言う事で、この大会決勝トーナメントの1回戦で敗退と言う結果でした。参加しているメンバーがメンバーだけにこの結果は上出来だと思います。




第1期リコー杯女流王座戦 アマ東日本予選大会は、これにて終了。おっと、書き忘れていましたが、佐藤和俊五段に二枚落ちで指導対局をしていただきました。m(__)m


最後に、この新規棋戦を立ち上げて下さったリコー(RICOH)さんありがとうございました。(※会社でもRICOHの複合機使ってます。)

また、ツイッター等で、応援のメッセージを送ってくださったみなさん。
会場に来て下さった、広尾教室の飯島先生。

ありがとうございました。


次の大会は”マイナビ”です。9連勝すると、上田新女王(予定)に挑戦できます。
また、応援よろしくお願いします。



(おまけ1)

大会が終わって、道場も近いので道場へ、

1〇 初〇  2局指した所で今日はさすがに疲れたとの事で終了。次回に5連勝を残しました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »