« 広尾しょうぎ教室(2011年12回目) | トップページ | 地区センター将棋教室(2011年10月) »

2011年10月10日 (月)

栄光杯 第43期女流アマ名人戦

今日は、第43期女流アマ名人戦です。

女流アマ名人戦のクラス分けは昨年と同じ

・ 名人戦クラス(希望者)

・ Aクラス(3級以上)

・ Bクラス(4~8級)

・ C1クラス(一般の9級以下)

・ C2クラス(小学生以下の9級以下)

の5クラスです。

ちゃきは、今回で三回目の参加。Bクラス⇒Aクラスと順番にクラスを上げて来て、今年はついに名人戦クラスに参戦です。

名人戦クラスの参加者は34名。これは、今までで一番多い参加者との事。たぶん、女子の将棋人口が増えて来ていて、特に小・中学生の層が増えている結果かと思います。

名人クラスは、まずは2勝通過2敗失格の予選。そして決勝トーナメントが開催されます。

とりあえず、今回の目標は決勝トーナメント進出!!ただ、参加者の名簿を見ると、三段クラスが中心で、最高位は五段。初段と記載があったのは6名くらいでした。

と、言う事で予想通り最低でも二段クラスはないと予選突破は難しそう。

さて、今年のちゃきの結果は。。

1回戦 ● 

Tさん。4月のリコー王座戦の予選で対戦し、この時は勝つ事ができました。

今回は相手が四間穴熊。駒得(飛車得?)になったが、相手の攻めを受け過ぎ負け。。。

2回戦 ● 

同じ4年生のWさん(プリンセス)。序盤多少の劣勢から盛り返し。終盤は勝ち筋もあったようだが負け。やはり終盤の切れ味不足?


と言う事で、2連敗で予選敗退。

上記の2戦とも終了後に観戦に来られていた、飯島先生と一緒に並べ直し。。。横で一緒に見ていましたが、うーんまだまだと言った感じ。。

まあ、ダメなところがあると言う事は、改善の余地ありと言う事で、また来年に向けて仕切り直しです。


と、言う事で大会も午前中で終了!!


午後は、金井五段の指導対局受けたり、Wさんやその他の参加者、ときんの会の合宿にも来ていただいたT元アマ名人(娘さんの付き添い)と練習将棋を指したりして、17時半ごろまで会場にいました。

ただ、その時間になっても名人クラスの大会は継続中。帰る時はちょうど決勝戦が始まる所でちょっと後ろ髪を引かれましたが、時間も遅くなってきたので帰りました。

結果は駒桜のホームページに速報が載っていました。今年の女流アマ名人は最近大きな大会で活躍しているN澤さんでした。


女流アマ名人戦。来年こそは決勝トーナメントに残るぞう!!きりん、らいおん。

|

« 広尾しょうぎ教室(2011年12回目) | トップページ | 地区センター将棋教室(2011年10月) »

コメント

残念でしたね、来年こそ。

打ち上げでお会いするのも楽しみにしています。

投稿: tactless papa | 2011年10月11日 (火) 09時09分

tactless papa様
コメントありがとうございます。最低1勝はしたかったけど、まあ第1歩と言う事でまた来年。
4年後の決勝戦進出が目標(大風呂敷)です。

※今年の優勝者が研修会D1。。でも女性のアマ棋界は若手層を中心にしてどんどんレベルアップしていく気がします。

投稿: みやみや | 2011年10月11日 (火) 22時42分

私のへぼへぼ将棋の感想戦で、アドバイスいただきありがとうございました。

名人クラスの参加者は33人! 毎年女性有段者の数が増えている感じですね。

ちゃきちゃんは、負けた将棋の反省や練習将棋を積極的にできるので、強くなると思います。うちは、そういうところがダメです。

投稿: hisabisa | 2011年10月13日 (木) 12時22分

hisabisa様

>名人クラスの参加者は33人! 
>毎年女性有段者の数が増えている感じですね。
そうですね。どんどん増えている感じで。
将棋界が盛り上がって行くのはうれしい事です。

>ちゃきちゃんは、負けた将棋の反省や練習将棋を
>積極的にできるので、強くなると思います。
>うちは、そういうところがダメです。
いやいや、これも後ろからケツを叩いている感じで、なかなか積極的に自分からという事はできてないです。

投稿: みやみや | 2011年10月16日 (日) 01時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1224491/42427221

この記事へのトラックバック一覧です: 栄光杯 第43期女流アマ名人戦:

« 広尾しょうぎ教室(2011年12回目) | トップページ | 地区センター将棋教室(2011年10月) »