« JT こども将棋大会 東京(2011年) | トップページ | 第35回三浦三崎マグロ争奪将棋大会 »

2011年11月27日 (日)

広尾しょうぎ教室(2011年15回目)

土曜日は広尾しょうぎ教室に参加しました。

本日の午前中は飯島先生が所用で不在。代わりに西村先生と鳥居先生が中心となって教室が開催されました。
今日も新しく入門の子供達がいて、将棋を楽しんでいました。

午前中の最初はいつも通りの詰将棋(&必至の問題)。前回よりはちょっと簡単でしたが、詰将棋の方は多少苦戦、なかなか詰将棋の力は伸びていないような気がします。

それから子供どうしの対戦で、久しぶりにひろし君と時計を入れて3局指しました。
午後も引き続き教室に参加、午後の再び子供どおしの対局。コヤマン(研修会C1)も来ていたので、久しぶりに平手で挑戦しましたが、やはり全く歯が立たず。

それ以外は先生との指導対局をしました。飯島先生とも久しぶりに二枚落(ちゃき父の隣でやっていたのでちょっと観戦)で対戦。序盤はいま一つで、桂損。その後中盤でいい手が出て勝勢に見えましたが、詰めが甘く結局王様を上に逃がしてしまったと所で、対局終了。
やはり、寄せがいま一つ。。詰将棋の伸びが足りない所と関係があるような気がします。

(おまけ)

さて、この23日に現在B1クラスで昇級レースのトップに立った橋本七段の本。「橋本流 中終盤急所の一手」が発売。
この本は、飯島先生が構成協力と言う事で、飯島先生のノウハウもたくさん詰まっているようです。
本の題名や表紙だけ見ていると、ちょっと難しそうですが、実際内容は中級者以上あれば、充分理解できる内容だと思います。是非本屋さんで手に取ってもらいたいと思います。

|

« JT こども将棋大会 東京(2011年) | トップページ | 第35回三浦三崎マグロ争奪将棋大会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1224491/43169496

この記事へのトラックバック一覧です: 広尾しょうぎ教室(2011年15回目):

« JT こども将棋大会 東京(2011年) | トップページ | 第35回三浦三崎マグロ争奪将棋大会 »