« 広尾しょうぎ教室(2011年15回目) | トップページ | 広尾しょうぎ教室(2011年16回目) »

2011年12月 4日 (日)

第35回三浦三崎マグロ争奪将棋大会

今日は、第35回三浦三崎マグロ争奪将棋大会に参加しました。

この大会は、ホームページによると。。神奈川県の三浦半島で開催される伝統ある将棋大会です。大会の入賞賞品がマグロやダイコンといった名産品が特徴で、毎年全国各地から選手が参加しています。レディースの部や小学生の部もあります。また参加者にも名産のワカメやお昼ご飯はマグロの漬けやおにぎり・お味噌汁なども振る舞われます。(去年のブログと同じ前振り)

クラス分けは、一般の部は、A級(4段以上)、B級(2段~3段)、C級(初段以下)の3部門
、そして小学生の部とレディースの部があります。


第35回とあるように、非常に歴史のある大会、第1回は十数人の参加だったとの事ですが、賞品のマグロ目当てで、今では全国各地から人が集まるようです。 今回の参加者は350名位との事、小学生の部は42名、レディースの部は20名の参加でした。


ちゃきは、昨年に引き続き2回目の参加。昨年はレディースの部へ参加(2勝3敗)しましたが、月末のU-18の大会も女子クラスのため、今回は小学生の部に参戦しました。

※去年の状況から、小学生の部のほうがマグロゲットの可能性が高いのでは?と言う甘い目論見あり。。



10時からの開会式のあと、大会の開始!!ちゃき父も大会に参加(C級)しましたが、あっさり連敗で大会終了!!(自分でもあまりにも情けない負け方で意気消沈。。)


さて、ちゃきの方はと小学生の部の会場に行くと、ちょうど2回戦の最中。ただ、ここで驚愕?の事実が。。。去年と大会の形式が違う。。。

昨年はスイス式の5回戦トーナメントでしたが、今回は予選2勝勝ち抜け2敗敗戦で、後は決勝トーナメント形式となっていました。(3年前のルールに戻ったらしい。)

何が違うかと言うと、賞品のマグロは7位以内に入るか、3勝する事が条件。去年だと5回戦の3勝2敗でOKだったのが、今回は予選を勝ち抜いて決勝トーナメントで1勝する事が条件となります。

うーん、大分違うぞ。。。3勝2敗なら可能性が大分高いような気がしていたけど、がんばるんだ、マグロが食べたいぞちゃき!!

ただ今回の参加メンバーもこの間のJT東京の高学年の優勝者と低学年の優勝者、準優勝者、3位入賞者、千葉の強豪のN江君に地区センターの将棋教室で一緒のK村君等粒ぞろい。うーんがんばれちゃき!!


そんな事を考えていると、ちゃきの2回戦目も終了。2回戦目の相手は、同じ神奈川のI入君で、最近急速に力をつけているらしい。(夏の京急の駒桜の大会で準優勝)
でも毎回こう言う小学生の大会の予選はいつも調子が良くて今回も2連勝して、決勝トーナメントに進出する事ができました。


ここで、ちょっと休憩で昼食の時間です。この大会は昼食付きでおにぎり3個に、お味噌汁(マグロと大根入り)、マグロのづけを食べました。



そして、午後の決勝トーナメント。決勝トーナメントの進出者は22名。あと1勝すれば、マグロゲットです。


ちゃきはシードにならずに1回戦から。相手はT田君と言う子で兄弟で参加している弟のほう。リサーチすると3年生で今年の北海道の低学年の倉敷代表(最近東京に引っ越してきたとの事です。)でした
うーん、倉敷代表がなんだ!!ちゃきは小さくて2年生くらいに見えるけどこれでも高学年。。。高学年の意地を見せるんだ!!


この対戦、遠目に少し見ていましたが(マグロがかかっているのでドキドキ)、中盤は一進一退。ただ、終盤の途中から優勢になった雰囲気で、そのまま押し切りました。

これでマグロ確定!!良かった!!良かった!!



2回戦は同じ神奈川のF井君。連盟道場三段と強敵ですが、今年倉敷の予選で勝った相手。これに勝てばベスト8で入賞に大きく近づきます。奇跡よ再び!!と期待しましたが、残念ながら負け。本人曰く、最後は1手違いに追い込んだとの事ですが、局面的には大分大差だったようです。



これにて、大会終了!!

小学生の部は、東京JT高学年優勝者のI馬君が優勝、準優勝はI入君、3位はたっくんでした。
おぅ、準優勝はちゃきが予選で勝った相手ではないか。。。今回42人参加で、結果的にマグロをGET出来たのは10名。そう言った意味では、結構がんばったのかも知れません。




大会関係者の皆様、ありがとうございました。毎年盛り上がりは素晴らしく、これからも末長く続いていって欲しい大会です。

ただ、ひとつだけ注文を言うと、やはり大会はスイス式5回戦位がいいです。

今回の形式だと、遠くから来ても下手をすると2回負けて大会が終了となってしまいます。
小学生は勝っても、負けても、せっかく来たのだから沢山対戦をさせたい!!

今回は、人数が多かったと言う事で、5回戦では下手とすると優勝者が決まらないと言う事で、過去の方式に戻したと思いますが、全勝者が複数出たら決勝を行う等の工夫で回避できるかと思います。(試合時間としては、予選3試合、決勝5試合分の計8試合かかっているので、時間的な問題はないと思います。)




(おまけ1) 
去年のおすそわけに続き、今年もマグロをGET!!家で計ったら1キロちょっとありました。家でさっそく、づけに煮付けにステーキに味噌汁(マグロ入り)と、マグロ三昧。
おいしゅうございました。

|

« 広尾しょうぎ教室(2011年15回目) | トップページ | 広尾しょうぎ教室(2011年16回目) »

コメント

お互いによかったですね。料理の写真を(撮っていたら)アップしましょうよ。

今年は何とかなったけれども、来年も同じ形式ならば息子は大人のC部に参加させたほうがいいかもしれない。

投稿: tactless papa | 2011年12月 5日 (月) 08時45分

お互いに戦果があって良かったです。
料理の写真は、お腹が空きすぎていて、撮り忘れました。(男の手料理なので、見た目の方は。。。)
調理法としては、マグロのステーキ(ニンニク醤油につけて、片栗粉をつけて焼く)がお勧めです。元々刺身でもOKなので、ミディアムレア位でおいしく食べられます。⇒刺身とかと違って、量も食べられます。

>今年は何とかなったけれども、来年も同じ形式
>ならば息子は大人のC部に参加させたほうが
>いいかもしれない。
来年は二段になっているので、参加するならBです。。

投稿: みやみや | 2011年12月 6日 (火) 12時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1224491/43258368

この記事へのトラックバック一覧です: 第35回三浦三崎マグロ争奪将棋大会:

« 広尾しょうぎ教室(2011年15回目) | トップページ | 広尾しょうぎ教室(2011年16回目) »