« 第3回YAMADA電機こども将棋大会 | トップページ | 第4回 ときんの会親子将棋合宿 1日目 »

2012年1月 8日 (日)

広尾しょうぎ教室(2012年1回目)&蒲田道場&連盟道場(2012年 1回目)

この週末は冬休みも最後と言う事で、土日は将棋三昧でした。

まず土曜日は広尾しょうぎ教室に参加しました。

いつもは、午後もある第2、第4土曜日に行っているのですが、今日は新年最初と言う事で、先生への挨拶もかねて参加しました。

教室はいつも通り詰め将棋から始まります。 そう言えば、今日の教室はちょっと風景が違う。。。

通常教室では9級以上の子と10級以下の子がグループになるのですが、今までと座る位置が逆転しています。これは、今までは10級以下の子の割合が多かったのが、最近は比率が逆転したとの事で、少し広い方の場所が9級以上のグループの場所になりました。

こう言った面から見ても、広尾しょうぎ教室のレベルもどんどん上がっているみたいです。 ※ただ、初心者の子もどんどん入ってきています。最近では今度幼稚園位の女の子が、1時間くらい来て駒と格闘しています。

詰め将棋の後は、子供どおしの対局で12時まで、いつもは午後に続くのですが、今日はこれでおしまい。。ちょっと物足りなかったです。


と言う事で、午後は道場へGO!!

ただ、道場と言っても新しい年と言う事で、今回は新しい道場に行ってみました。 東京で言うと強豪たちが集まる道場と言う事で有名なのは、やはり御徒町と蒲田。。。

今回は蒲田の道場に行ってみました。

ここの道場は、蒲田の西口から歩いて5分くらいの雑居ビルの5階にあります。ただ、ここの道場は三段位ないと相手にならないと言う事で、ちょっと不安になりつつ門(ドア?)を叩きました。

入るまではやっているの?と多少不安でしたが、ドアを開けると20人くらいの人がいました。 奥の方では、広瀬七段が指導対局中。。いる人みんなが強そうに見えます。

子供も数人。。流石に子供はみんな知った顔ばかり、「あれっK太君!?」 なんとそこにはK太君がいました。(今回2回目らしい)

さて、ちゃきの方もさっそく手合いをつけてもらって、対局です。時計も入って30分の30秒。

今日の成績は ●●●●〇 と1勝4敗。大人3人と子供1人に負け。最後に子供に勝ち。 大人との試合もまあ善戦はしていましたが、やはり攻めの切れ味はいま一つのような。

うーん、ちゃき父の棋力不足のため、相手の大人の強さが良く判らない。(特に手合い表にも棋力の記載もないし。) と言う事で、ちゃきががんばっているのか、どうなのか良く判りませんでした。

まあ、このあたりは何回か通ってみれば、雰囲気がつかめるのかも知れません。

そういえば、夕方頃には永瀬四段も来訪。。うーん、本当にすごい道場なんだ。



そして日曜日は道場に16時くらいから参戦。前回の4連勝を受けてのスタートでしたが、

1● 1● 初〇 初●

と1勝3敗とだいぶいま一つの成績。新年の最初の大会が良かっただけにちょっと残念な結果でした。まあこんな感じで道場二段に向けてのスタートです。


さて、道場の前は新しい教室に参加で、結果は1-3。一番下のクラスにはどうにか勝てるけど、それ以上になるとまだまだと言った所です。

一応試験と言う事ですが、よほどの事がない限り来るものは拒まず?と言った教室なので、一番下のクラスF2で入会の許可を頂きましたので、2月からこの教室に正式参加します。まずは、ひとつ上のクラスを目指して、がんばります。

とりあえずの課題は、三間飛車対策と時計の使い方、後は雰囲気に慣れる事かなあ。。。

と言う事で、ちゃきの奮戦の内容はちゃきの週刊将棋で!!と言いたいところですが、取材陣は教室の中に入れないので、勝敗の結果のみ載せます。

勝敗の詳細については、主催者のホームページにもアップされるので、それを見て応援をよろしくお願いします。

|

« 第3回YAMADA電機こども将棋大会 | トップページ | 第4回 ときんの会親子将棋合宿 1日目 »

コメント

ちゃきちゃん、新しい教室のクラスも決まったのですね。自分より強い人がほとんどという厳しい環境を選べる気持ちの強さは、上を目指すのに大切なものだと思います(うちは、分かっているのに、そういう気持ちを持てないでいます)。まだ4年生。少しずつクラスを上げて頑張って欲しいです。

最近は女子も増えているようですね。以前はお月謝は女子半額だったと思うのですが、今は同額なんでしょうか。

投稿: hisabisa | 2012年1月10日 (火) 16時13分

hisabisa様
>自分より強い人がほとんどという厳しい環境を
>選べる気持ちの強さは、上を目指すのに大切な
>ものだと思います

いやあほとんど親の誘導で、自分で選んでいると言うようなレベルではないです。

月謝の方は現在は同額です。特に女子を優遇する必要はないと思うので構わないのですが、東海は半額なんですよね。まあ、同じ位置づけのものなので、そこはどちらかに統一して欲しいなあ。。

投稿: みやみや | 2012年1月11日 (水) 01時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1224491/43658874

この記事へのトラックバック一覧です: 広尾しょうぎ教室(2012年1回目)&蒲田道場&連盟道場(2012年 1回目):

« 第3回YAMADA電機こども将棋大会 | トップページ | 第4回 ときんの会親子将棋合宿 1日目 »