« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月

2012年1月29日 (日)

第9回小学館学年誌杯争奪 全国小学生将棋大会

今日は第9回小学館学年誌杯争奪 全国小学生将棋大会に参加しました。

この大会には、2年生の時から3年連続での参加です。

この大会は各学年32名の参加、予選4人で1ブロックで、各ブロックで2敗敗退、2勝勝ち抜けで、学年別の決勝トーナメントに進出でき、各学年の上位2名(計12名)で、さらにグランドチャンピオン決定戦が開かれます。

※ただし、今回6年生は定員割れで17名の参加でした。


ちゃきの過去2年の成績はどちらも決勝トーナメント1回戦負け、とりあえず、今回のちゃきの目標は決勝トーナメントでの1勝です。でもまずは予選を突破しないと。。


さて、予選4人と言う事で、他のメンバーが気になりますが、受付の時の一覧に棋力が書いてありました。おっと一覧をみると流石に有段者ばかり(三段、二段がゴロゴロ)、級位者は2,3人。ちゃきのグループは三段、二段、初段、初段(ちゃき)の構成、うーん決勝トーナメントの進出も怪しいではないか。。。ただ、小学生の大会では予選はいつも好調なので、そこに望みをかけます。

森内名人の合図で大会はスタート、この大会はグランドチャンピオン戦までは時計はありません。(長い試合には途中から30秒の秒読みが入ります。)


さて、ちゃきの予選結果は、初戦 初段の子に勝利。(前にも道場で対戦した事があるとの事。)

そして、二戦目はなかなか始まりせん。と言うのもちゃきの同じグループのもう一つの対戦が熱戦のうえ千日手。結果三段の子が勝って、ようやくちゃきとの対戦開始。ただ、大幅に時間が遅れているので、初手から30秒の秒読みが入りました。

対戦相手は、マグロの大会の時に勝てた相手。もしかしたら、相性がいいのかも。。と思いましたが、今回はあっさり吹き飛ばされて敗戦。あとがなくなりました。

決勝トーナメントを進出をかけて、二段の子と対戦。この対戦も最初から30秒の秒読みが入ります。この対戦は思いっきり攻められて危なかったけど、どうにか攻めを切らせて逆襲。ぎりぎり勝つ事ができました。

と言う事で、三年連続学年別決勝トーナメントに進出する事ができました。

目標達成まであと1勝!!トーナメント表を見ると、初戦の相手は研修会D1のN君。またまた強敵を引き当ててしましました。(まあ、決勝トーナメントの名前を見ると強敵しかいませんが。。)

この対戦は、ちゃき曰く「強かった。。。」と言う事で、ほとんどいい所なく負けてしましました。

と言う事で、3年連続トーナメントの1回戦負け、なかなか1回戦の壁は厚いです。

※結局このN君が4年生の部で優勝しました。

トーナメント終了の後は、自由対局と指導対局。11局で7勝4敗。そして指導対局は佐々木勇気四段に二枚落ちで負けでした。

今年も目いっぱい楽しんで、大会も終了。最後の抽選で、高野先生のサイン本もゲットして、思い出いっぱいおみやげ一杯で帰りました。。

主催の小学館の皆さまありがとうございました。ずっとずっと続く大会にしてほしいです。

(おまけ1)

ときんの会のお仲間の成績としては、グランドチャンピオン決定戦で、K島君が見事に三位、ときん君が四位に入り、小学生名人戦の東日本大会への招待枠をゲットしました。おめでとうございます。

※優勝、準優勝者が6年生だったため、この二人が繰り上がりで招待枠をゲットしました。

その他グランドチャンピオン決定戦進出者の12名中6名がときんの会合宿参加経験者でした。

グランドチャンピオン戦に進出するためには、「ときんの会の合宿」に参加しないと!!

※多少、宣伝も含まれています。

(おまけ2)

遡って土曜日は広尾しょうぎ教室に参加しました。午前中は詰め将棋に子供どおしの対戦、午後は詰め将棋と子供どおしの対戦と先生との指導対局を行いました。

飯島先生には、対三間飛車の対策を教えてもらいました。少しづつ苦手をなくして行ければよいと思います。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年1月22日 (日)

地区センター将棋教室(2012年1月)

この土曜日は、地区センターの将棋教室に参加しました。

前回は先生たちと飛香落ちでの対戦でしたが、今回は再度復習と言う事で二枚落ちでの対戦です。

今回は4人の先生と対戦して、すべて勝つ事ができました。全体的にあまり危ない所はなかったと言う事で、以前と比べると少しは強くなっているようです。

今日の講義の時間は、歩の手筋。基本的な歩の手筋が中心でしたが、やはり歩は大切と言う事を改めて認識しました。指導対局でもやはり歩でからまれて、崩されると言う事が多いです。このあたりの技を正しく習得すればたいぶ強くなれそうです。

※最近「新将棋は歩から」や「歩の玉手箱」の本を入手したので、このあたりをしっかり読みたいと思います。

今週の将棋はこれにて終了。あと日曜日ちゃきは対振り飛車対策として、佐藤先生の本を読み始めました。まずは三間飛車の対策を中心にやって行きたいと思います。

今週の将棋はこれにて終了。来週、さ来週は大会に参加の予定です。

(おまけ)

新年も始まったと言う事で、そろそろ小学校団体戦に向けても始動です。前回のメンバーのK.A君は残念ながら今年で卒業。

新しいメンバーとして、地区センターの教室に通っているT君に参加してもらう事になりました。T君はちゃきと同じ4年生、3年生の時に転校してきました。そう言えば、K.A君も転校生、なんか転校生は縁起がいい気がします。。今年もいい結果がでるといいのですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月15日 (日)

第4回 ときんの会親子将棋合宿 2日目

合宿2日目。朝早くから子供達は起きているような。。うーん、寒いぞーーー。

朝ごはんを食べて、さっそく9時から2日目の将棋タイムです。

大会は昨日のレーティング戦の結果から6つのクラスに分かれて行われました。ちゃきは上から二番目の竜王クラスです。 竜王クラスは全部で6人で総当たり戦を行います。

さて、上から二番目のクラスと言っても強敵ぞろい!!メンバーを紹介すると。

K出君(小6)  U-18チャンピオンクラス優勝

しょう君(小4) おなじみ同級生のしょう君

K林さん(小6) 昨日負けているので今日は勝ちたい所

Y永君 (小4) 神奈川高学年倉敷代表

K島君 (小3) U-18チャンピオンクラス準優勝、JT東北低学年優勝


持ち時間は10分-30秒。大会の審判長である飯島先生の合図で試合開始!!

強敵ぞろいと言う事で、ちゃきも大苦戦。。勝てそうな試合もあったけど、結果的にはY永君に勝てただけで、1勝4敗。前年ながら竜王クラスの最下位でした。

※優勝は4勝1敗で、K出君でした。

大会の後は少し時間があったので、門倉先生に二枚落ちで指導対局をしていただきました。

お昼ごはんを食べてから、最後に閉会式です。

閉会式は、まずは表彰。昨日の詰将棋大会の優秀者、そして大会の優秀者の表彰がありました。(残念ながらちゃきは、どれにも引っかからず。。)

最後に先生方の講評と、景品をかけたじゃんけん大会があって、楽しかった合宿も終了。。。第5回も開催されるのかなあ。。。



飯島先生、門倉先生、上田先生(多くの賞品を提供して下さった勝又先生)、二日間ありがとうございました。これからもよろしくお願いします。

(追記1)

今日の大会、6つのクラスの内3クラスで女の子が優勝!!(一番上のクラスはW田さん姉が優勝!!)
将棋界の女性パワーも徐々に高まっているようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月14日 (土)

第4回 ときんの会親子将棋合宿 1日目

今日から1泊2日でときんの会の親子将棋合宿です。

(一口解説) ときんの会親子将棋合宿とは

将棋大会等で交流を深めた、将棋KIDSの保護者達が企画・運営する将棋合宿。第1回がおととしの7月に開催されて、夏冬開催で今回が第4回、子供が41人、大人を含めると総計70人程の将棋好きが、埼玉県の神川げんきプラザに集まりました。


13時から合宿が開始、今回は、毎回参加して下さっている、飯島篤也先生、上田初美先生に加えて、門倉啓太先生が来てくれました。

開会式が終わって、さっそく将棋タイムです。1日目の午後は前回と同じくレーティング戦と言う事で、対戦ごとに自分の得点が増えたり減ったりします。このレーティング戦の結果で、明日の大会のクラスが決まるので、がんばりたいところです。


さて、初日のレーティング戦の結果は
二段 ●  K林さん (今回合宿初参加。前回駒姫以来の対戦)
二段 〇  K島君パパ
初段 〇  Y田君
1級 〇  K藤君
二段 ●  M上君 (今回合宿初参加。神奈川低学年倉敷代表)
二段 〇  T田君パパ (今回合宿初参加)  
初段 〇  N君

三段 ●  M原君

と5勝3敗。レーティングは最初の2150点(初段相当)から2260点(二段相当)に上昇し、全体としては上から10番目となり、二日目の大会は上から二つ目の竜王クラスに参加する事になりました。

レーティングと並行して、先生方の指導対局の時間もあり、飯島先生と二枚落ちで指しました。

午後の将棋タイムの後は、ゆっくりお風呂に夕ご飯。。再び19時から将棋タイムです。

最初のプログラムは、詰め将棋大会でした。全体を棋力別に3つのクラスに分けて、ちゃきは一番上の有段者クラスに挑戦です。結果は、とっても難しくて、最初の6問を解くのが精一杯(結果的には正解は4問だったらしい)やっぱり、もうちょっと詰将棋をやらないと。。。 

詰将棋の後は、レクレーションタイム、先生直筆の色紙や扇子など豪華賞品付き!!

ゲーム1 講師の先生に関する〇×クイズ

ゲーム2 最小数ゲーム ⇒一番小さい数字を書いた人(ただし一人)が勝ち!!

ゲーム3 プロ棋士ビンゴ ⇒3×3のマスにプロ棋士の名前を書いてビンゴ!!

ゲーム4 人間どうぶつ将棋 ⇒勝利者と最後に動かした駒を当てる。

最後のゲームは上田先生と門倉先生のどうぶつ将棋対決!!この勝利者と最後に動かした駒を当てます。このどうぶつ将棋は、”人間どうぶつ将棋”と言う事で、子供達が実際に動物のお面をかぶって駒になりました。

ただ、なかなか大きな立体的な盤なので、考えづらくて先生たちも大苦戦。なかなか勝負がつかず。最後は秒読みの戦いの末、門倉先生が見事に勝利しました。

最後は、お菓子を食べての懇親タイムがあって、1日目の合宿にて終了!!。

夜の10時に消灯(でもそんなに簡単に子供達は寝ません)。。明日もいっぱいがんばるぞ。。

※大人たちは夜遅くまで、リレー将棋を指したりしていたそうです。大人も将棋好きだなあ。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月 8日 (日)

広尾しょうぎ教室(2012年1回目)&蒲田道場&連盟道場(2012年 1回目)

この週末は冬休みも最後と言う事で、土日は将棋三昧でした。

まず土曜日は広尾しょうぎ教室に参加しました。

いつもは、午後もある第2、第4土曜日に行っているのですが、今日は新年最初と言う事で、先生への挨拶もかねて参加しました。

教室はいつも通り詰め将棋から始まります。 そう言えば、今日の教室はちょっと風景が違う。。。

通常教室では9級以上の子と10級以下の子がグループになるのですが、今までと座る位置が逆転しています。これは、今までは10級以下の子の割合が多かったのが、最近は比率が逆転したとの事で、少し広い方の場所が9級以上のグループの場所になりました。

こう言った面から見ても、広尾しょうぎ教室のレベルもどんどん上がっているみたいです。 ※ただ、初心者の子もどんどん入ってきています。最近では今度幼稚園位の女の子が、1時間くらい来て駒と格闘しています。

詰め将棋の後は、子供どおしの対局で12時まで、いつもは午後に続くのですが、今日はこれでおしまい。。ちょっと物足りなかったです。


と言う事で、午後は道場へGO!!

ただ、道場と言っても新しい年と言う事で、今回は新しい道場に行ってみました。 東京で言うと強豪たちが集まる道場と言う事で有名なのは、やはり御徒町と蒲田。。。

今回は蒲田の道場に行ってみました。

ここの道場は、蒲田の西口から歩いて5分くらいの雑居ビルの5階にあります。ただ、ここの道場は三段位ないと相手にならないと言う事で、ちょっと不安になりつつ門(ドア?)を叩きました。

入るまではやっているの?と多少不安でしたが、ドアを開けると20人くらいの人がいました。 奥の方では、広瀬七段が指導対局中。。いる人みんなが強そうに見えます。

子供も数人。。流石に子供はみんな知った顔ばかり、「あれっK太君!?」 なんとそこにはK太君がいました。(今回2回目らしい)

さて、ちゃきの方もさっそく手合いをつけてもらって、対局です。時計も入って30分の30秒。

今日の成績は ●●●●〇 と1勝4敗。大人3人と子供1人に負け。最後に子供に勝ち。 大人との試合もまあ善戦はしていましたが、やはり攻めの切れ味はいま一つのような。

うーん、ちゃき父の棋力不足のため、相手の大人の強さが良く判らない。(特に手合い表にも棋力の記載もないし。) と言う事で、ちゃきががんばっているのか、どうなのか良く判りませんでした。

まあ、このあたりは何回か通ってみれば、雰囲気がつかめるのかも知れません。

そういえば、夕方頃には永瀬四段も来訪。。うーん、本当にすごい道場なんだ。



そして日曜日は道場に16時くらいから参戦。前回の4連勝を受けてのスタートでしたが、

1● 1● 初〇 初●

と1勝3敗とだいぶいま一つの成績。新年の最初の大会が良かっただけにちょっと残念な結果でした。まあこんな感じで道場二段に向けてのスタートです。


さて、道場の前は新しい教室に参加で、結果は1-3。一番下のクラスにはどうにか勝てるけど、それ以上になるとまだまだと言った所です。

一応試験と言う事ですが、よほどの事がない限り来るものは拒まず?と言った教室なので、一番下のクラスF2で入会の許可を頂きましたので、2月からこの教室に正式参加します。まずは、ひとつ上のクラスを目指して、がんばります。

とりあえずの課題は、三間飛車対策と時計の使い方、後は雰囲気に慣れる事かなあ。。。

と言う事で、ちゃきの奮戦の内容はちゃきの週刊将棋で!!と言いたいところですが、取材陣は教室の中に入れないので、勝敗の結果のみ載せます。

勝敗の詳細については、主催者のホームページにもアップされるので、それを見て応援をよろしくお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年1月 3日 (火)

第3回YAMADA電機こども将棋大会

2012年の指し初めとして、第3回YAMADA電機こども将棋大会に参戦しました。

開催場所はYAMADA電機の本社のある”高崎”。遠路はるばるの参戦です。ちゃきは昨年1月に開催された第1回の大会の低学年の部に参加してベスト8(準々決勝でしょう君に負け)、今回は高学年の部です。

大会は低学年の部(64名)、高学年の部(64名)、中学生部(48名)の3部門。ただ、今回は結局抽選をしなかったとの事で、小学生の部は定員以上の参加者でした。

予選は2勝突破、2敗失格。高学年の部も参加者名簿を見ると、遠征組で知った名前もちらほら。。たぶんちゃきのランキングは10位前後と言った所だと思います。
よほどあたりが悪くない限り、予選通過は大丈夫なはず。。。。

(予選)

三浦八段(審判長)の合図で対局スタート。高学年は予選から時計が入って持ち時間5分、秒読み30秒です。

ちゃきの対戦はスタートから好調そうで、そのまま勝利。そのまますぐに2戦目が始まり、これにも勝利して、午後の決勝トーナメントに進む事ができました。

午後は12時半からとの事で、約1時間ちょっとの休憩時間。おにぎりで力をつけて、午後の対局に挑みます。

(決勝トーナメント1回戦)

決勝トーナメントには38名が進出。ちゃきが優勝するためには5連勝が必要です。せめて前回と同じベスト8位までは行きたいなあと思って、対戦相手をみるとなんと相手は、神奈川のF井君(道場三段)、先月のマグロ大会で負けた相手です。

うーん、ここまで来て神奈川の子とは当たりたくなかった。。。

さて、ちょっと分が悪いかなあと思っていたこの対戦。遠くから見ていると、割合順調そう。途中ぶんぱぱさんから、二枚飛車で攻めていて結構いい感じとの事。。

ちゃきの順調そうな雰囲気はそのまま続き、勝つ事ができました。

(決勝トーナメント2回戦)

2回戦の相手は、茨城の5年生のT君。たぶんちゃきと同じような棋力。

この試合もちゃきの好調は続き、あまり危なげなく勝てたようです。

これで、ベスト8!!とりあえず、前回と同じ成績になりました。でももうひとつ勝てば、表彰状!! あとひとつ勝つんだちゃき!!

(決勝トーナメント3回戦)

これに勝つとベスト4、3位が二人なので、表彰状が確定します。ただ、ここまで来ると、そんな簡単な相手が残っているわけがありません。

相手はI藤君?良くある名前だけど。。。??でもなんか聞いた事があるような。。と言う事で、ネットで検索すると。。。倉敷高学年3位、研修会B1!!  おいおい。。。
と言う事で、ちゃきの大会も終了!!

と誰もが思っていましたが、思っていないのは相手の事を良く知らないちゃき。。。

「結構善戦してますよ。」の声にちょっと覗きに行くと、ちゃき居飛車、相手中飛車。。
中盤の入り口と思えるような盤面のはずなのに、ちゃきの8二の飛車の前の8四にと金が、8五に歩がいる(どちらもちゃきの駒です。)

???このと金はどこから来たんだ?! ただ、局面的には互角か、ちゃきの方がと金の分だけいいように見える。。。

それから遠目に見ていてもなんかいい調子。。

「優勢ですよ」の声にまた覗きに行くと、ちゃきの飛車が成り込み相手の玉に迫っている、ちゃきの玉はまったく無傷。。誰が見ても圧倒的に優勢。。

この後、やはり見てられずに遠くから観戦。。(盤面の状況は知人から仕入れる。。+ちゃきの局後の感想)

やはりここで力の差が出て、ちゃきは攻めきれず、相手はちゃきの玉頭に迫る。。相手は角を切ってのちょっと無理攻め??ただ、小駒を使って、攻めが継続。。

このままでは、危ないと思ったちゃきは、入玉を決めて(大駒を3枚持っているので、点数では勝ち)、右上部へ遁走。。相手の駒は少なく、先ほど変な場所にいたと金の助けもあって、入玉確定。。

長い勝負でしたが、望外の勝利でした。

(決勝トーナメント 準決勝)

ここまで来たなら、決勝だあ!!

でもやはり相手は強敵。。研修会D1のA君です。前に道場でも指した事があります。

準決勝からは、対局場も机で区切られてみんなが注目!!

この対戦は、力の差が出たと言った感じで、あまり見せ場は作れずに敗戦しました。


決勝戦はこのA君と、地区センターの将棋仲間のK村君の対戦。

この対戦はK村君の攻めが見事に決まって、K村君が高学年の部で優勝しました。


そして、表彰式!! 今年のマニュフェストに上げた表彰状ゲットを3日で達成してしまいました。。
さらに盾(初めての盾)と賞品として三浦八段の色紙(新年にちなんで”信念”)を頂きました。

正月早々いい夢が見られました。。上州将棋祭りの運営のみなさん、YAMADA電機のみなさま。。ありがとうございました。。


(おまけ)

今日の朝出かける前に、ちゃきが今日の目標を書いた紙をみたら、「前回以上の成績。。」

と書いてありました。前回以上と言う事はベスト4? いやあ高学年だし、さすがにちょっと無理じゃない?と心の中で思いました。

この場でちゃきにお詫びをしておきますm(__)m


 

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2012年1月 1日 (日)

新年明けましておめでとうございます。

全国100人くらいのちゃきの週刊将棋の読者の皆様。あけましておめでとうございます。

新しい一年が始まりました。ちゃきの新年指し初めは、上州将棋祭りの将棋大会。高学年の部に参加予定です。

”たぶんこの一年が勝負?の年”と去年もおととしも書いた気がしますが、ちゃきの奮闘ぶりを、このちゃきの週刊将棋でお楽しみください。

さて、新春恒例企画?! 2012ちゃきのマニフェストです。

(1)道場二段になります。

目標は大きくと言う所だけど、さすがに三段は無理?? でも三段に指し分けできるようになります。

(2)大会で入賞(表彰状をゲット)します。

うーん。とにかく一枚は表彰状が欲しいけど、なかなか難しそう。。

小学校団体戦は当然県代表を狙います。

(3)あの大会に参戦します。

今年も、マイナビと女流王座戦に参戦します。とりあえず目標は昨年以上!!

(4)女流アマ名人戦で名人クラスの決勝トーナメント進出します。

やはりいつかは取りたいこのタイトル。今年こそ予選勝ち抜けします。 

(5)目指せEクラス。

年末に参加した新しい教室はFクラスからAクラスまでランク分けがされています。
目指せEクラス!!たぶん強めの二段位が必要です。

言う事で各20点満点。100点満点のうち何点とれるでしょうか? 色々ありそうな、この一年。皆さま、今年もよろしくお願いいたします。 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »