« 広尾しょうぎ教室(2012年4回目)&連盟道場(2012年4回目) | トップページ | 第21回アマチュア女王戦 »

2012年3月18日 (日)

地区センター将棋教室(2012年3月)

この土曜日は、地区センターの将棋教室に参加しました。

今回は飛香落ちでの対戦。飛香落ちでのちゃきの戦法は、高橋道雄先生の「棒銀と中飛車で駒落ちを勝て!」に出ている、棒銀戦法です。

今回は2局指しましたが、どちらも棒銀がうまく決まって快勝。2局目の最後の方はちょっと見ていましたが、最後美濃囲いの玉に馬と金、銀で絡んで、最後に即詰みに打ちとった部分はなかなかうまく寄せていました。

ちょっと前までは、同じ相手に二枚落ちでも苦戦するケースがあったのに、今回は快勝。。少しはレベルアップしているみたいです。


さて、今度の火曜日はアマチュア女王戦に参加の予定です。去年は震災の影響で6月に延期となり、教室対抗戦と日程が重なったしまっため、参加できませんでした。

アマチュア女王戦と言えば、一昨年C1クラスで優勝したとても縁起のいい大会。ただ、今回は一番上のAクラスへの参戦で苦戦は必死。。上位者に一発入れられればいいなと思っています。


(おまけ)

日曜日は、知人の知人が開催している指導会に参加させていただきました。(ありがとうございました。)

ちゃきは、阿久津先生と村山先生に二枚落ちで指していただきました。両方とも勝たせてもらったみたいですが、両方の評価とも終盤型との事(途中で少し悪くするが終盤力で勝つ)

終盤型??あまり終盤は得意でないと思っていたのだけど。。。もしかしたら、終盤以前がもっとダメなのかも知れない。

|

« 広尾しょうぎ教室(2012年4回目)&連盟道場(2012年4回目) | トップページ | 第21回アマチュア女王戦 »

コメント

飛香落ちは飛ばして飛車落ちにすすみました、本人の希望で。微妙な違いがあるのでそれを見極めるのが強くなるコツのような気もしますが、他方、飛香落ちの定跡はちょっと特殊でマニアックな感じもするので飛ばしていいような気もします。高橋先生の戦法はわかりやすいですか?

投稿: | 2012年3月20日 (火) 07時21分

tactpapa様
確かに飛車落ちはちょっと癖がある気がするので、飛ばして飛車落ちにしたらとも言っているのですが、本人がやりたがります。(道場のトーナメントで飛香落のケースもあるのが、第一の理由らしい。。)
戦法的には棒銀なので、香落ちに多少手筋が流用できるのかなあ。。
高橋先生の本は方針が明確なので判りやすいです。飛車落位からは、いわゆる駒落定跡ではなく、普段自分が指す戦法を使う方が、平手戦にも応用が効きやすい?

投稿: みやみや | 2012年3月27日 (火) 21時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1224491/44543821

この記事へのトラックバック一覧です: 地区センター将棋教室(2012年3月):

« 広尾しょうぎ教室(2012年4回目)&連盟道場(2012年4回目) | トップページ | 第21回アマチュア女王戦 »