« 連盟道場(2012年6回目、7回目) | トップページ | 地区センター将棋教室(2012年4月)&連盟道場(2012年 8回目) »

2012年4月15日 (日)

広尾しょうぎ教室(2012年6回目)

土曜日は午後から広尾しょうぎ教室に参加しました。

最近は午後まで参加する子供達も増えてきて、15人くらいの子供達がいました。

教室の最初はいつも通り詰将棋で、それから子供どおしの対局を3局とこの春から新たに加わった先生と二枚落ちを2局指しました。

先生との1局目は仕掛けから一方的に攻めつぶして快勝!! 先生が「こんな仕掛けは知らない。。」 ちゃき「これは、本に書いてあった。。」

この手順、飯島先生も構成に協力した橋本先生の「中終盤急所の一手」に書いてある手順でした。「第3章10番のオトナの二枚落ち」がまさにこの手順。。私も一回は読んだのですが、まったく覚えていませんでした。このあたりは子供の圧倒的な記憶力がうらやましい。。

そろそろ二枚落ちは卒業?(ここの所、教室で奨励会初段と三段を連破しているのでいい感じ。。)と思いましたが、先生との2局目は5五歩止めにやられてしまいました。。


子供の方の対局は、M上君(名人戦神奈川代表)に勝つ事ができました。(いやあ、もう全くの手合い違いかなあとも思っていましたが。。) 10年後くらいに自慢できそうな気がするので、ここに書いておきます。。

|

« 連盟道場(2012年6回目、7回目) | トップページ | 地区センター将棋教室(2012年4月)&連盟道場(2012年 8回目) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1224491/44897616

この記事へのトラックバック一覧です: 広尾しょうぎ教室(2012年6回目):

« 連盟道場(2012年6回目、7回目) | トップページ | 地区センター将棋教室(2012年4月)&連盟道場(2012年 8回目) »