« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月

2012年6月24日 (日)

第11回全国小学生「倉敷王将戦」 神奈川予選

今日は、第11回全国小学生「倉敷王将戦」の神奈川予選の日です。

低学年と、高学年に分かれて、代表枠はそれぞれ2名。低学年の参加者42名(昨年25名)、高学年の参加者35名(昨年30名)と低学年の部が昨年よりだいぶ増えていました。

メンバーを見る限りでは、たぶんランキング的には5~8番目位?の第2グループ。でも絶対に勝てないという相手もいないので、くじ運+ミラクルがあればといったところです。

午前中は予選リーグ(2勝勝ち抜け、2敗敗退)で、 持ち時間は15分、切れたら30秒の秒読みになります。


予選リーグ 1戦目


あまり見たことはない顔で、開始当初から好調そう。。でも相手もしっかり考えるタイプでなかなか終わらない。。周りがどんどん終了する中、最後のほうまで残って勝利しました。

予選リーグ 2戦目

あまり、時間をあけずに2戦目の組み合わせが順次発表。でもちゃきは呼ばれない。。

ちゃきはなんと不戦勝。。ということで、あっけなく午後の決勝トーナメントに進出しました。

さて、予選リーグ2戦目にはなんとK村君(研修会C2)とK島君(小学生名人戦特別招待)が対戦。優勝候補に挙げていた二人で、決勝戦??とも言える組み合わせが、いきなり予選で実現してしまいました。

※この対戦はK島君が勝利。当然の事ながらK村君も3戦目を勝ち、予選リーグを突破しました。

お昼をはさんで、決勝トーナメント(18名)です。決勝トーナメントは一発勝負で、準決勝で勝つと代表になることができます。

さて、トーナメントの抽選が始まりましたが、今年も強豪が右側(9名)に固まる固まる。三段クラスはほとんど右山。ただ、実質実力トップのK村君が左の山に入ったので、左の山も厳しい山です。

さて、ちゃきは右側の山。そして対戦相手はK島君!!

うーん、K島君とは、前にもJTの決勝トーナメント1回戦で当るなど、よく大会で当たります。
ただ、今のところ、教室では同じクラス。。(直近の対戦は教室での手合いで負け)

絶対に勝てない相手ではないはず。。。


決勝トーナメント1回戦

この対戦は、なかなか順調そう。。相手の悩む姿も目立ち。。これは優勢??

そんな感じの勝負が続いていましたが、だんだんもつれて来た気配になって来て。。うーんだめかな??と思って少したったところで、ちゃき投了。。。

※この対戦、最初に桂得をしてやはり優勢だったよう。。相手いわくちゃきに7手詰めがあった??との事で、少なくとも勝機はあったみたいです。秒読みに追われていたこともありますが、やはり詰め将棋の力不足かなあ。。ちょっと残念な敗戦でした。

と言うことで、これにてちゃきの倉敷予選は終了!!

倉敷予選の結果は

高学年

優勝   K村君 

→今まで、県代表にあと一歩が多く。今回最後のチャンスをものにしました。

準優勝 K島君

→ちゃきを破った後、安定した勝ちっぷりで代表をゲット。。

低学年

優勝  M上君

→将棋教室対抗戦のチームメイト。安定した力で名人戦代表に続いて代表をゲット。

準優勝 T君

→スーパー1年生。最後の決勝戦もM上君といい勝負を繰り広げていました。

(おまけ1)

この日は、小学校団体戦の東京予選が開催され。

ときんの会合宿仲間のときん君パパ、ぶんパパさんのお子さんの属する小学校チームが代表の座をゲットしました。

おめでとうございます。この二人の共通点といえば、鰻支部会員。。

神奈川、千葉に続き、鰻支部の躍進?が目立ちます。

みなさん、夢の島で会いましょう!!

(おまけ2)

土曜日は、翌日に備えて広尾しょうぎ教室に参加。。

先生との駒落と大会に備えての平手での対局。

子供同士との対局等、4時間たっぷり将棋を指しました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年6月17日 (日)

地区センター将棋教室(2012年6月)

土曜日は地元の地区センターの将棋教室に参加しました。

今日の対局は、先生と飛香落ちで二局。両方とも負けでした。(どちらも終盤に入ってから悪くしているような。。)あとは、子供どうしで何局か対戦したようです。

途中の講義の時間は必至の問題、ここは前回同様流石に良く知っていると言った感じでした。最後の双玉13手詰めもすぐに正解。。おっとこれは前にどこかで見たことがあったとの事です。

今週の将棋は、これにて終了!!

先週まで3週連続大会が続いていたので、ちょっと一休みです。

この3週間の個人の結果は、

マイナビ     4勝2敗  最終決定戦まで残る。。

小学校団体戦 6勝0敗  団体県代表

教室対抗戦  5勝1敗  教室第3位

と、合計15勝3敗と成果も含めてある程度の結果を出すことができました。

来週はついに倉敷予選。高学年の部でちゃきのランキングはたぶん5位~8位のグループと予想。でも絶対に勝てない相手もいないと思うので、最後まであきらめずにがんばってもらいたいと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年6月10日 (日)

第7回将棋教室対抗戦

今日は第7回将棋教室対抗戦です。


教室対抗戦は、3つのカテゴリーがあります。

●クラブカップ=5人の学年合計が関係ないクラブ一決定戦。

●キングカップ=5人の学年合計が「21」以上のチーム

●ドラゴンカップ=5人の学年合計が「20」以下のチーム

ちゃきは、広尾しょうぎ教室チームとして、3回目の参加。一昨年はドラゴンカップでベスト16、昨年はドラゴンカップでベスト8でした。

広尾しょうぎ教室もだんだんメンバーが充実。今回はついにキングカップへの参戦です。


さて、当初メンバーはM上君としょう君のツートップに、ちゃき、ひろし君、T君の予定だったのですが、しょう君が熱でダウン。。急遽去年も一緒にチームを組んでいたM君が参戦することになりました。

メンバーの棋力的には、三段、初段、初段、1級、1級くらい。さて、このメンバーでキングカップでどれくらい戦えるのか。。。参加チームは全16チームでまずは4ブロック(各4チーム)に分かれての予選です。とりあえずは、決勝トーナメント(上位2チーム)を目指します。

ちゃきは、今回3将での参加です。

予選リーグ

Aブロック(参加4チーム)

1回戦目  2-3  さいたまドラの穴

2回戦目  3-2  棋友館

3回戦目  4-1  江古田将棋教室

と、チーム2勝1敗(ちゃきは3連勝)で、Aブロック2位で決勝トーナメント(全8チーム)に進出する事が出来ました。

このブロックは、どのチームも老舗の将棋教室で強敵ぞろいです。いきなりさいたまドラの穴に惜敗。。どうなることかと思いましたが、どうにかリーグを抜けることができました。

お昼をはさんで午後の決勝トーナメントです。

決勝トーナメント 

準々決勝  4-1 翔風館将棋教室

ここも名門将棋教室。最初に大会の参加教室を見たときに、一番の強敵(まあ、知っている顔が多かったこともありますが)と思いました。

ここを抜ければ、あと2試合(準決勝に負けても3位決定戦がある。)試合をすることができるので、是非勝ちたい試合をものにすることができました。


準決勝 2-3  東金田間こども将棋教室

ここまで、来たのだから決勝に行きたい!!チームも段々盛り上がってきていましたが、やはりここまで来るチームは強敵です。

最後まで、がんばりましたが残念ながら敗戦。。3位決定戦に回ります。


3位決定戦  3-2 北☆KIDS Rookie Gate

この対戦まで5連勝だったちゃきが割合早い段階で敗戦。。(頓死を喰らったらしい。。時間がまだ残っているんだから、もったいない。。)

ただ、この対戦今まで1将で苦しい戦いを続けていたT君がふんばりました。

2-2で最後に残った1将戦を制して、見事に勝利!! 広尾しょうぎ教室は、この結果3位に入ることができました!!


指導対局(中田八段に二枚落)のあと、表彰式。

広尾しょうぎ教室は、将棋教室対抗戦で初めての表彰台です。。。

壇上に上がる、他のチームと比べるとちょっと小さめの5人。。良くがんばったぞー

※賞状とメダルと本をもらいました。。

ただ、広尾しょうぎ教室の活躍はこれだけではありません。ドラゴンカップで参加したメンバーも見事に3位に入ることができました。

予選1-4で負けたライバルの教室に決勝トーナメントで3-2でリベンジしての堂々の成績。

今や伝説のドラゴンカップ20連敗から3年。。こんな日が来るなんて。。(この時は、まだちゃきは大会に出ていないので、よく知りませんが。。)


ちゃきの成績は5勝1敗。最後の対戦に負けなければ、まあ文句なしのところでしたが、今日はチーム一丸となってがんばれたので、まあ良しとしますか。。

最後に今回の大会を開催してくださった、皆様。。特に棋友館の皆々様方、ありがとうございました。今年も楽しい時間を過ごす事ができました。

やっぱり団体戦は、楽しいですね。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年6月 3日 (日)

文部科学大臣杯 第8回小中学校団体戦 神奈川県予選

今日は、小学校団体戦 神奈川予選に参加しました。

この小学校団体戦は、同じ小学校で3人のチームを作って戦います。

チームのメンバーは

先鋒  T.S君  5年生。 

⇒昨年のメンバーが卒業のため、チームに新加入。地元の地区センターの将棋教室に一緒に通っています。道場未経験のため級不明(8級位?)

中堅 K太君 3年生。

⇒みなさんご存知のK太君。ちゃきの週刊将棋の読者には説明不要でしょう。
 昨年の倉敷低学年代表

大将 ちゃき 5年生

⇒通称可憐な居飛車姫? 今回チームの勝利の命運を握る?

一昨年は、14チーム中の9位。そして、昨年は10チーム中の2位で県代表の座をゲット!!

今年は先鋒は変わりましたが、全体的にもチームの力はアップしているはず。2年連続の県代表はなるのか!!

さて、会場にて受付開始。チーム数は全部で22チームで、この中から2チームが県代表になれます。

さて、大会の形式は、22チームをA1、A2、B1、B2の4ブロックに5から6チームづつに分けての総当たり戦を実施、そして、A1とA2の1位どうし、B1とB2の1位どうしが県代表を争います。

ということで、最初の組み分けが気になるところ。。ただ、昨年の優勝チームのT小学校は、中堅のKさんが卒業したため、今回は不参加。

と言うことで、気になる学校は

・ ときんの会のお仲間のM橋君がいるS小学校

・ S兄弟のいるE小学校

・ 今年から参加のT姉弟がいるM小学校

の3校です。

そして注目の組み合わせは、ちゃきのS小学校はB1リーグ、上記の3チームはA1、A2リーグに入りました。

と言うことで、気になる3チームと当たることはなし。。うーん、すごくいい組み合わせでは。。(一応申告級を点数化して、点数順に振り分けているはずですが、申告級の正しい基準もないので、多少バランスが崩れることもあるのかも知れません。)

10時に大会スタート。さて結果は

B1リーグ  5回戦

1回戦 H小学校  3-0

2回戦 Y小学校  3-0

3回戦 U小学校  3-0

4回戦 K小学校  2-1

5回戦 K小学校  3-0

組み合わせ的には段々相手が強くなっていきますが、午前中はすんなり3連勝。先鋒のT.S君も時計を使った対局は初めてとの事でしたが、順調に勝利。

ちゃきもK太君も、さすがに負ける相手はいないだろうと思って4回戦目。果報は寝て待てと言うことで控え室にいると。

「ちゃきちゃん危ない!?」との連絡が、部屋を除きに行くと熱戦中。「うーん、相手は誰だ。。」

すでに、他の対戦は終わっていて、1勝1敗。ちゃきの結果で勝敗が決まります。今回の方式だと、チームで1回でも負けると県代表は、ほぼ絶望。。うーんどうなっているだあ。。

盤面を見に行った他の小学校の子の情報は「相手が詰まないので、守りに入った。受けきらないと危ない。」「ちゃきちゃん詰まされそう。。」 3級くらいの子の言葉なので、そうは間違っていないと思うんだけど、うーんどうなっているんだあ。

運営の先生たちもこの対戦に注目。ただ、ちゃきの様子を見る限りは、なんとなく大丈夫そう。。

長い対戦になりましたが、どうにか勝つことができました。

相手はF君。前にも倉敷の予選とかで対戦したことがありました。前は級位者だったけど、現在は初段との事。そう簡単に勝たしてくれる相手ではなかったようです。

※実際の勝負的には多少苦戦はしたけど、伝令のような絶体絶命のような場面はなかったようです。でも本当にハラハラしました。

B1リーグを1位で通過、そして優勝決定戦は

H小学校  2-1

と勝利して、2年連続の県代表の座を獲得しました。

次は7月26日の東日本大会です。がんばるぞう。

(おまけ1)

反対のAリーグは、M橋君が大将のS小学校が優勝!!おめでとうございます。

付き添いの保護者欄の所属支部欄には(別に今回の大会では記入する必要もないのだけれど。。) 2小学校共に”鰻支部”の文字が!!

小学校団体戦で県代表になるためには、保護者が鰻支部に入ることがポイントのようです。

(おまけ2)

今回の大会の審判長は、三軒茶屋で将棋教室を開いている宮田七段。

M橋君とK太君はこの教室の生徒と言うことで、先生の前で勝てて良かったです。

大会の後は、ちゃきも二枚落ちで指導対局をしていただきました。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2012年6月 2日 (土)

第6期マイナビ女子オープンチャレンジマッチ

5月15日、ときんの会合宿で、熱烈指導をして下さった、上田先生が見事”女王”のタイトルを防衛しました。 おめでとうございます!! 

ちゃき父も陣屋で熱烈応援をしていました!! 見事女王を防衛した上田先生。でも、安心してはいられません。上田先生に挑戦すべく、次の戦いが既に始まっています。

この土曜日は、上田女王への挑戦者を決めるための最初の戦い、第6期マイナビ女子オープンチャレンジマッチが開催されました。

このマイナビ女子オープンは、アマチュアの参加の門戸が開かれていて、有段者であれば誰でも挑戦できます。

今回、このチャレンジマッチには、アマチュア41人、プロ7人が参加、この中で9人が次の一斉予選に参加できます。

さて、ちゃきも昨年からこの大会に参加。。昨年の成績は1勝2敗。今年は昨年以上の成績という事で、2勝以上が最低のノルマです。できれば女流プロとも対戦したいなあ。。

8時半に受付で、さっそくトーナメントの抽選。前回の成績優秀者とプロと抽選で3人が1回戦シードになります。抽選の結果、ちゃきは第3ブロックで、この大会を抜けるためには、まずは4連勝が必要です。

9時半からの開会式のあとで、一斉に対局がスタート!!持ち時間は20分で秒読み30秒です。

この大会、開催場所は日本将棋連盟と共にこの大会を主催している、マイナビ本社で行われています。色々な大会に参加していますが、プロも参加する大会ということもあってか、一番豪華です。

※この大会の様子は、マイナビのホームページにブログがアップされています。

さて、ちゃきのブロックトーナメントの結果は

1回戦  Yさん  ○

2回戦  Kさん  ○

3回戦  Mさん  ●

1,2回戦は快調に勝利。そして3回戦はMさんとの対戦です。

Mさんは前回もこの予選を突破した、小学校6年生。たぶん小学生女子NO.1だと思います。ただ、初めての対戦ですが、同じ小学生。。以前よりも棋力は接近しているはずなので、少しは善戦できるかと思いましたが、短時間で吹っ飛ばされました。(横歩取りの対戦)

※この後、Mさんは次の対戦も勝利して、この予選を突破しました。

ブロックトーナメントに敗れたちゃきは敗者トーナメントへ回ります。(2敗失格のシステムのなので、2敗するまで勝ち抜けの可能性が残っています。)

この敗者トーナメント抜けるためには3連勝が必要です。

さて、敗者トーナメントの結果は

1回戦  Kさん  ○ 元女流アマ名人

2回戦  Kさん  ○ 元女流育成会員

を連覇して、ついに敗者トーナメントの決勝にたどり着きました。

元女流アマ名人との対戦は、ちゃき曰く一手負けの展開だったが、最後の場面で相手がちょっと悩んだ結果で時間切れでの勝ちでした。


さて、注目のちゃきの決勝の対戦相手は、植村女流三段に決定!!

絶対に勝てない相手ではない??  ガンバレーー!!

この対戦は、記録係りもつくと言う豪華対局。。元々少し遅れた始まったので、最後は人だかりができていました。
ちゃきも集中してよくがんばっているように見えましたが、残念ながら負けました。

この対戦は、最後のほうはあまり平常心でいられなかったとの事、三手詰が見えていたけど、手が詰みのあるほうに動いてしまった。。。やっぱり、だいぶ緊張があったみたいです。まあ、このあたりは経験と積んでいくしかないのかなあ。。

この対戦の棋譜はマイナビのホームページで公開されています。(本人はすごく嫌がっていました。)

まあ、いまひとつ?善戦?  本人は多少入玉を目指していたみたいだけど、ちょっと中途半端。それなら5五馬、9八玉の場面で8五桂(たぶん詰めろ)とか、少し攻めの筋も読んで欲しかった。。まあ秒読みだしなあ。。。

ということで、ちゃきの大会もこれにて終了!!

今回4勝&プロとの対戦と目的は達成できたので、次に向けてまたがんばります。

ツイッター等で応援、念力を送ってくれた皆様。ありがとうございました。

(おまけ1)

ちゃきもがんばりましたが、同じく小5の埼玉のプリンセスも大活躍!!女流プロを二人倒し、見事に予選を突破しました。おめでとうございます。

会場の雰囲気を見ても、年齢層が下がってきているような気がします。女性の将棋界も世代交代の予感が。。

(おまけ2)

小学生の頑張りが今回目立ちましたが、あれっ関東の中学生がほとんど参加していないぞ。。土曜日に学校があるのかなあ。。。

せっかくいい大会なので、多くの人に参加して欲しいです。もしかしたら、開催は日曜日のほうがいいのかも。。

続きを読む "第6期マイナビ女子オープンチャレンジマッチ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »