« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月

2012年10月28日 (日)

広尾しょうぎ教室(2012年14回目)

土曜日は広尾しょうぎ教室に参加しました。今回は最初から参加で4時間たっぷり将棋をしました。

教室は、いつも通りの詰め将棋と、子供同士の対戦、先生との二枚落、飛香落、平手などの対戦をしました。

この日は久しぶりに.認定証をもらいました、前回からひとつアップして初段のB(以前もらったのは、いつだったけ?)になりました。

日曜日は研修会です。 前回とりあえずB状態を解消。また仕切りなおしてのスタートです。

今日の成績は

E2クラス  ●○●● と1勝3敗。

4戦目は奨励会三段の人と二枚落ちでの対戦(手合いを確認したところ、E2クラスだと奨励会3級以上だと二枚落ちらしい。)、なかなか二枚落ちも卒業と言うところまでいけません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月21日 (日)

地区センター将棋教室(2012年10月)

土曜日は地元の地区センターの将棋教室に参加しました。

ただこの日は学校の公開授業があったため、教室にはちょっと遅れて14時ごろから参加しました。

この日の対局は、先生と飛香落ちで2勝1敗でした。いつも通り、終盤の切れ味が今ひとつといった対戦だったみたいです。

今週の将棋はこれにて終了。。おっとあと久しぶりに親子で棋譜並べをしました。第1期の竜王戦の七番勝負の第1局と2局。米長VS島戦です。米長先生の将棋を並べたのは初めてかも知れません。

(おまけ1)

年末に向けて、大会の開催案内がアップされ始めています。

とりあえず、年内はJT(おっとテーブルマークか。。)、マグロ、U-18に年明けにYAMADAに参加しようと思っています。。

大会と言えば、重大事件が。。。今年は学年誌杯がないらしい。。(直接小学館に日程を確認した人からの情報なので、確度は高い。。出版業界も厳しいんだろうなあ。。。)

小学館さん。今からでも遅くないので思い直してください!! 

小学館の本、買います。。(アマゾンの注文履歴を見たら、9月から2冊小学館の本を買っていました。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月14日 (日)

広尾しょうぎ教室(2012年13回目)

土曜日は広尾しょうぎ教室に参加しました

この日はお昼まで学校の文化祭を見学に、教室には15時ちょっと前から参加しました。

今日はいつも通りの詰め将棋と、子供同士の対戦(2局)、先生との二枚落を1局やりました。

この日の対戦はすべて負けと言うことで、最近はちょっと実戦不足?! なのか、うーんなかなか勝つことができません。

日曜日は研修会です。

前回2勝8敗の成績をとってB落ち。今年の3月の研修会に入ったばかりの時にF2クラスでBを取って以来です。

ただ、この時はそのあと10連勝を含む14勝2敗の成績を取って一気に2クラス昇級しました。今回も同じように奮起ができるといいのですが。。。

と言うことで今日の成績は

E2クラス  ○●○○○

と4勝1敗。E2クラスに3-1、E1クラスに1-0といい成績でした。とりあえず、4局目の段階でBの状態を解消することができ、しばらく降級の心配はなさそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月 7日 (日)

戸辺教室(2回目)

三連休でしたが、今回の将棋関連のイベントは土曜日のみ。

土曜日は、午後から学校の文化祭へ。ただ、女子校なので、残念ながら将棋部はなし。。。

その足で、戸辺教室に参加しました。(通常は第三土曜日の開催ですが、今月は第1土曜日の開催です。)

ちゃきは、山本指導棋士(飛香落)と今日のゲスト棋士の上村新四段(二枚落)で対戦。

どちらも、序盤はいい感じなのですが、終盤の切れ味はやはりいまひとつ。上村先生との対戦は、最後は受けに受けているといった感じで、最終的には相手の攻め駒もないし、入玉ルートも開けているので、確実に勝っているのですが、これでいいのか悪いのか、私のレベルでは判断できません。

と、言うことでとりあえず二つとも勝たせていただきました。初戦に時間がかかったので、今日は2局で終了です。

※ちゃき父も戸辺先生(二枚落)、井道先生(飛車落)で、勝たせて頂きました。

戸辺先生との対戦は、ちょっと無理攻めで苦しい状態でしたが、最後寄せの部分が結構うまく決まって勝つことができました。井道先生との対戦も前回の反省を生かし、相手の角の力をうまく殺すことができて勝つことができました。

と言うことで、ちゃき父も少しはレベルアップをしているような気もしているのですが。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »