« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »

2014年4月

2014年4月13日 (日)

研修会復帰

さて、昨年の6月から長期休会していた研修会に今日から復帰しました。

研修会のクラスはE2で、休会直前の昨年の5月の成績は
 
●○●○○●●●
 
と2-4の成績が残っているので、今日の例会で4連敗するといきなりBがついてしまいます。
 
昨日の広尾しょうぎ教室で、飯島先生から「明日は少なくともパンダで、まっくろくろすけはだめ。。。」との指示。。。当然理想は白クマなんですが。でも約1年間のブランクもあるので、どうなるのか全く予想がつきません。
 
 
さて、今日の結果は
 
●○○○○
 
と4-1の成績。最初の試験者には敗戦しましたが、その後4連勝。4連勝なんて久しぶりの気がします。
休会時に同じクラスにいたメンバーの多くはDクラスへ。。みんなに追い付けるように頑張りたいところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月 6日 (日)

第4期リコー杯女流王座戦 アマ東日本予選大会

今日は第4期リコー杯女流王座戦 アマ東日本予選大会に参加しました。
 
この棋戦も今年で4回目。引退女流棋士や奨励会員まで参加OKと言う画期的な大会で、里見香奈女流王座への挑戦を目指すことになります。
 
この大会からプロの参加する一次予選に進めるのは3名、そして4月20日に開かれる西日本大会で更に3名の通過者が決定されます。

さて、上記のとおり女子アマのトップレベルの大会、ちゃきの過去の成績は第1回と第2回は、予選リーグを通過して、決勝トーナメントの1回戦負け。昨年の第3回は1勝2敗で予選落ちでした。さて今年はどうなるか?
 
今回の参加者は41名(昨年は34名、一昨年は46名、二年前は43名)。メンバー的には東日本の女子強豪はほぼ揃っている印象で、数人は東海、関西からの遠征組もいます。
 
予選は2勝勝ち抜け、2敗失格(持ち時間は20分の切れたら30秒)。決勝トーナメントは3グループに分けてのトーナメントで、次に進むためには、3連勝が必要です。

10時から開会式があって、さっそく1回戦。

さて今回の予選の結果は、
 
1回戦 不戦勝 ○

2回戦 Iさん  ● (研修会D1)  

3回戦 Iさん  ○

初戦は不戦勝で、2戦目は同学年のIさん(過去に駒姫で対戦あり)。ずっと同年代のトップを走っていて追い付いていきたいところでしたが、やはり力の差があり敗戦。後がなくなりました。
 
3回戦目のIさんも同学年で、一昨年のマグロ大会以来の対戦。この間のアマチュア女王戦では2位に入っており、これも強敵。。
この対戦は多少駒損ながらもうまく凌いで勝ち。。どうにか決勝トーナメントに滑り込みました。
 

お昼を食べて決勝トーナメントへ

1回戦  Oさん  ○  昨年の高校選手権3位

決勝トーナメント1回戦目はOさん。昨年のこの予選の突破者です。ちゃきが3年生の時に女流アマ名人戦(Aクラス)で対戦した事があり、久しぶりの対戦です。

この対戦は相手の穴熊をうまく攻略して勝ち。この大会で初めて決勝トーナメントの1回戦を突破する事ができました。

2回戦  Yさん  ● 研修会C2

さて、決勝進出をかけた2回戦の相手は、高校生のYさん。 昨年のこの大会の予選に引き続いての対戦です。この対戦は、やはり力の差が出てしまいあまりいいところがなく敗戦。。。

ちゃきの大会もこれにて終了です。
 

ちゃきの予選の2戦目のIさんと決勝トーナメント2戦目のYさん、後は同じ学年のWHさんが東日本予選を突破。みなさんおめでとうございます。

予選突破者のメンバーを見ているとやはり若い年代層が強くなってきています。ちゃきもがんばらないと!!

最後にリコー(RICOH)さんありがとうございました。(※会社でもRICOHの複合機使ってます。) 



(おまけ1)

大会には勝又先生が観戦にいらっしゃといました。(本当にいくつ体があるんだろう。。)
決勝トーナメントのちゃきの対戦の感想戦にも参加していただき、ご指導をいただきました。ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月 1日 (火)

ちゃきの将棋世界2014年4月号

今月の予定

4月 6日(日) ★リコー杯女流王座戦 アマ予選東日本大会
4月12日(土)  広尾しょうぎ教室
4月13日(日) ★研修会  E2●○○○○
4月19日(土)  戸辺教室
4月26日(土)  広尾しょうぎ教室  午前も参加
4月27日(日)  研修会  E2●○●○


★は記事を投稿済み ☆は記事を投稿予定
1196

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »