« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »

2016年4月

2016年4月17日 (日)

第25回アマチュア女王戦

今日はアマチュア女王戦に参加しました。

 
この大会は、第25回とあるように、とても歴史のある大会です。 このアマチュア女王戦はA、B、C1、C2と4クラス。クラス分けに明確な段級の指定はありませんが、Aクラスが三~四段、Bクラスが初段、C1クラスが3級、C2クラスは6級位が優勝ラインだと思います。
 
 ちゃきのこの大会の戦績は
小1 C2  1勝3敗
小2 C1  4勝0敗 優勝
小4 A   3勝2杯 32人中12位
小5 A   3勝1敗 22人中6位
小6 A   2勝2敗 20人中12位  
中1 A   2勝2敗 26人中12位
 
毎年3月の開催でしたが、今年は4月の開催です。
Aクラスの大会の形式は、4回戦のスイス式トーナメント(持ち時間25分、秒読み30秒)、最後全勝者が二人でたので、優勝決定戦を行いました。

本日の結果です。  

1回戦 ○ H田さん  神奈川の中学選抜代表
2回戦 ● O野さん  研修会D1
3回戦 ● O川さん  研修会D2 
4回戦 ○ S木さん 研修会F2
 
初戦は苦戦ながらも勝利をものにしましたが、その後研修会勢に連敗(3戦目はいい勝負だったが頓死。。。)
結果2勝2敗と言うことで、24人中13位。。小4の頃から成績的にはほとんど進歩なし。。と言った感じです。

5月から本格的に大会のシーズン。。盛り返して行かないと。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月 7日 (木)

第6期リコー杯女流王座戦 アマ東日本予選大会

今日は第6期リコー杯女流王座戦 アマ東日本予選大会に参加しました。
 
この棋戦も今年で6回目。引退女流棋士や奨励会員まで参加OKと言う画期的な大会で、加藤桃子女流王座への挑戦を目指すことになります。
 
この大会からプロの参加する一次予選に進めるのは3名、そして4月17日に開かれる西日本大会で更に3名の通過者が決定されます。

さて、上記のとおり女子アマのトップレベルの大会、ちゃきの過去の成績は
第1回 43名参加 予選リーグ通過 決勝トーナメント1回戦負け
第2回 46名参加 予選リーグ通過 決勝トーナメント1回戦負け
第3回 34名参加 予選リーグ1勝2敗で予選落ち
第4回 41名参加 予選リーグ通過 決勝トーナメント2回戦負け
第5回 42名参加 予選リーグ通過 決勝トーナメント2回戦負け

昨年のブログで
  
あと、2歩と言いながら、まだまだ予選通過の壁は厚いです。たぶんここを勝ち抜くには研修会のC2クラスぐらいの実力が必要な気がします。

と書きました。昨年の大会参加時は研修会E1でしたが、今回はちゃきもC2クラス。そろそろこの大会を勝ち抜けたいところです。

 
今年の参加者は、43名、メンバー的には昨年よりさらに若返って中学生以下が多いです。今までは、ちゃきも下の方の年代でしたが、今年は年下が10人くらいいそうです。東日本の小学生から中学生の女子強豪はほぼ揃っている印象ですが高校生はいない?、数人は東海、関西、九州からの遠征組もいます。また、引退女流棋士も参加可能ということで、山下女流五段も参戦していました。

 
予選は2勝勝ち抜け、2敗失格(持ち時間は20分の切れたら30秒)。決勝トーナメントは3グループに分けてのトーナメントで、プロ棋戦に進むためには、2~3連勝が必要です。

10時から開会式があって、さっそく1回戦。

さて今回の予選の結果は、
※この大会はリアルタイムで結果がネットで公開されています。大会の詳細が知りたい方は、連盟のホームページのリンクからたどってください。

1回戦 Hさん    ○ (研修会C2)

2回戦 Y田さん  ○   

初戦は、Hさんで関西研修会C2との対戦。昨年12月に開催された女子アマ王位戦の優勝者です。いきなりこんな強豪とあたらなくても。

2回戦目は東京の小学5年生。昨年4年生で子供スクールを卒業(ちゃきも小4の時に子供スクール卒業)しています。以前は女子の子供スクール卒業は珍しかったのですが、最近はコンスタントに卒業生が出ているようです。
 
今回の参加者をみて、これは予選通過も大変そうだと思いましたが、予選は2連勝で全体で一番乗りで通過しました。
 

次の対戦まで2時間以上あるので、ゆっくりランチをして決勝トーナメントに臨みます。

 
決勝トーナメントは3ブロックに分かれてトーナメントが組まれて、各ブロックの優勝者がこの大会での勝ち抜けになります。
 
今大会の抽選は、予選の2連勝通過者と2勝1敗の通過者が別くじになっており、それぞれトーナメント表に均等にばらまかれるようになっていました。(決勝トーナメント進出が22名のため、2連勝の2名がシード)
ちゃきは抽選の結果、第1ブロックへ残念ながらシードは取れませんでした。
※抽選の結果、強豪は各ブロックにうまく散らばったように見えました。

さて、ちゃきのブロックの強豪は、実績から言うと研修会のO高さんとO川さん、それに女流アマ名人のT山さんあたりか、勝ち抜けまであと3連勝さてどうなるか。
 

決勝トーナメント1回戦  Tさん  ○

決勝トーナメント準決勝 W邊さん ○
 
1回戦、準決勝ともに年下の中2。準決勝はトーナメント表をみて女流アマ名人のT山さんが上がってくると思っていましたが、 W邊さんがあがってきました。W邊さんは通称柏のちゃきさんと言われていて、昔からよく顔を見かけていましたが今回初対戦でした。
 
ただ流石に研修会員、去年からもだいぶレベルアップしているので、このあたりは負けるわけには行きません。2連勝してついに決勝戦に向かいます。

さて、各ブロックの決勝の組み合わせを見ると
 
第1ブロック  O高(研修会C2) VS ちゃき(研修会C2)

第2ブロック  Y本(研修会C2) VS T富(研修会C1)

第3ブロック  I井(研修会B1) VS O野(研修会D1)

平均年齢は約15歳、すべて二十歳以下です。
 

研修会Dクラス以上はみな決勝トーナメントの準決勝まで通過、決勝に上がってこれなかった人も全て研修会員同士の同士討ちでした。研修会勢強しと言った印象です。

決勝トーナメント 決勝 O高さん ●

さて、ちゃきの決勝の相手はO高さん。昔からこのブログに千葉のプリンセスとして登場。。最近の対戦成績は良くありませんが、研修会のクラスは同じ。。力的には五分五分だと思います。

この対戦、相手中飛車にちゃきは居飛車穴熊。中盤駒がさばけて、穴熊の硬さから多少有利?!と言った局面から痛恨の見落とし。。銀損になって、それからは相手の的確な攻めに敗戦しました。
 
※詳細はネットに棋譜が上がっているので参照ください。

と言うことであと一歩というところで、勝ち抜けならず。。ちゃきの大会もこれにて終了です。

去年の大会と比べて、やはりちゃきの棋力もアップしており、充分この大会を勝ち抜くだけの力はついてきていると思います。ただ、周りのレベルアップも同じで、横一線に10人くらい並んでいます。ここを抜け出すにはまだまだ、努力が必要そうです。
 

最後にリコー(RICOH)さんありがとうございました。(※会社でもRICOHの複合機使ってます。) 

また、審判長の谷川治恵先生もありがとうございました。谷川先生には小1の時に参加した、無級名人戦で指導対局をして頂いたのも遠い思い出。。。研修会でも今後お世話になりますm(_ _)m


| | コメント (1) | トラックバック (0)

2016年4月 2日 (土)

ちゃきの将棋世界2016年4月号

今月の予定      

4月 3日(日)  ★第6期リコー杯女流王座戦 アマ予選 東日本大会

4月 9日(土)  広尾しょうぎ教室     

4月10日(日)  研修会  C2 ●●○●
 
4月16日(土)  戸辺教室
 
4月17日(日) ★ 第25回アマチュア女王戦
 
4月23日(土)  広尾しょうぎ教室   
 
4月24日(日)  研修会  C2 ●○●○
 
 
【今月の注目】
 
やはり注目はリコーのアマ予選。そろそろここも勝ち抜けたいところだけど。。
 
★は記事を投稿済み ☆は記事を投稿予定
2177

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月 1日 (金)

さよなら「ちゃきの週刊将棋」

将棋界唯一の週刊専門誌「週刊将棋」が3月30日をもって休刊しました。

ちゃきも何回か記事にして頂き、とてもいい思い出になっています。

さて、本家の終了に伴い、この「ちゃきの週刊将棋」も、このエントリーをもって終了とさせて頂きます。
最後の月に、全国クラスの大会での優勝の記事を書くことができ良かったです。
 
約7年間、353のエントリーすべてがいい思い出です。なにより読者の支えがあって続けてこられた、感謝の7年間です。
 
「ちゃきの週刊将棋を毎週月曜日の朝に読むことが楽しみだった」
 
「ちゃきの週刊将棋の本当の価値は50年後、あるいはもっと後に分かるものだろう。」
 
色々とお言葉を頂きました。
本当にありがとうございました。ちゃきの週刊将棋は終わりますが、ちゃきはまだ将棋を続けます。引き続き応援よろしくお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »