« ちゃきの将棋世界2017年8月号 | トップページ | 第26回アマチュア女王戦 »

2017年8月 4日 (金)

第53回全国高等学校将棋選手権大会

行くぜ天童、電車に乗って。。。 いやいや天童は中学選抜。。今年から高校生と言うことで高校選手権への参戦です。

高校選手権の開催場所は毎年持ち回りで、今年は宮城県の白石蔵王。。朝9時からと結構早いので前日に現地入り、夕方会場の下見に行くと、会場の設営や開会式の予行練習が行われていました。

 
近くの温泉旅館で英気を養って会場入り、各県男女ごとに個人の代表が2名、団体の代表が3名、全体で約500人。200人以上の将棋女子が一堂に会する大会は他にはないと思います。

さて、ちゃきが参戦する女子の個人戦。注目の選手は研修会グループで、U田さん(C2)、K村さん(D2)、同学年の女流アマ名人のI谷さんは団体戦に回っており、中学時代に活躍していた人の中には奨励会や女流棋士になった者おり、全体感としては、昨年の中学選抜より層が薄いといった感じです。

来年下からどんどん強いメンバーが来る(女流アマ名人も来年はたぶん個人戦)ので、優勝するなら今年がチャンス!!
 
開会式のあと、いよいよ対局開始です。持ち時間は15分、秒読みは30秒です。
まずは予選。高校選手権の予選はスイス式で4回戦って、3勝以上が予選通過となります。
 
予選は、4戦目でちょっと苦戦をしましたが、○○○○と4連勝で通過。で決勝トーナメントへの進出が決まりました。
女子の個人戦の参加者は88名、予選の結果27名が決勝トーナメントに進みました。

さて、決勝トーナメントの組み合わせですが、予選のスイス式の結果で仮の順位が決まり、その結果でトーナメント表が自動的に作成されます。
予選の結果で、順位順に均等にトーナメント表に割り振られ、結果として実力者がどこかの山に固まってしまうと言うことがありません。色々な予選の方式がありますが、非常に良い方式かと思います。
 
ちゃきの順位は4位。上位者はシード枠となり、ちゃきもこれでベスト16です。
そして予選の1位は、K反さん。。うーん、この子を忘れていました。小学校の頃からの強豪でしたが、中学選抜はなどは、同県のM町さんの影に隠れてか代表は1年生のときのみ。
 
ただ、先にあげた研修会グループのU田さん、K村さんに完勝して堂々の予選1位突破!!勝ち上がって行くとちゃきとは準決勝での対戦になります。
 
 
さて、シードなのでj休憩もとれて気分もリフレッシュ。。決勝トーナメントに向かいます。
 
決勝トーナメント
1回戦  シード
2回戦  ○ K地さん
3回戦  ○ K村さん(研修会D2)
 
決勝トーナメント3回戦のK村戦は大苦戦。端をうまく攻められ必敗の局面から必死に粘ってどうにか逆転。。
青色吐息でベスト4。今日の対戦はここまでで、準決勝以降は明日になります。
 
時間は既に19時近く。。車でホテルへ。夕食を食べてしっかり休まないと。。と言ったところですが、高校生は元気。。24時くらいまでほかの部屋で遊んでしました。


そして、日が明けての決戦!!会場の中央が仕切られて対局場がつくられています。
残っているのは、男女ともに個人4人、団体4チーム。
 
決勝トーナメント(2日目) ここから持ち時間30分、秒読み30秒になります
準決勝  ○ K反さん
準決勝は予想通りの相手、苦戦必至かと思いましたが、ここは快勝しました。
 
決勝  ● U田さん(研修会C2)
 
決勝は大会前から予想していたU田さんとの対戦。今回が初手合いです。

対局場は別室に移され、別途ホールでは島九段と和田女流初段で大盤解説が行われていました。
 
島  『和田さん、宮澤さんの印象は。』
和田 『小さいころから知っているんですけど、高校生になったんだなあと。。』
 
付き添い1名は対局場に入れるとの事で、途中から対局場へ。状況は非常に厳しそうで、すでにちゃきは秒読み。。
 
この対戦、序中盤でなんと王手飛車取りをかけられて、いきなりの飛車損。。もう勝負あったというところですが、途中相手が安全にと思った手に見落としがあり、相手が角を丸損。。形勢は二転三転勝機もあった気がしますが決めきれずに残念ながら、敗れてしまいました。

 
と言うことで、初めての高校選手権は準優勝!!
 
高文連から賞状と盾、将棋連盟から賞状、あと文化庁長官賞の賞状をもらいました。
 

高校選手権の来年の開催は長野!!長野と言えば、なぜかちゃきの本籍地。。
来年は優勝を目指して、こぴっと頑張れ!!
 
 
(追記1)
この準優勝で、二段の免状をもらいました。

(追記2)
優勝すると文部大臣賞がもられるのですが、優勝者授与のあと直ぐに回収!!
そう言えば、朝刊に新組閣の記事が載っていました。

(追記3)
男子の個人優勝は神奈川の銭本君でした。おめでとうございます。
ちゃきとも昔、小学生名人戦の県予選と倉敷王将の県予選で対戦したことがあるんだけど、覚えていないだろうなあ。。

|

« ちゃきの将棋世界2017年8月号 | トップページ | 第26回アマチュア女王戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1224491/71541764

この記事へのトラックバック一覧です: 第53回全国高等学校将棋選手権大会:

« ちゃきの将棋世界2017年8月号 | トップページ | 第26回アマチュア女王戦 »