« 第21回学生将棋選手権大会 ガールズクラス | トップページ | ちゃきは女流アマトップの夢を見るか2 »

2018年3月25日 (日)

第22回全国高等学校将棋女子選抜大会

今回は第22回全国高等学校将棋女子選抜大会に参加しました。
この大会は初めての参加です。

この大会は、日本将棋連盟・藤枝学園が主催しています。実績のある選手を中心とした「選抜大会」と、級位者を中心とした「記念大会」が毎年春に静岡で行われます。

将棋女子の交流も目的としているこの大会、大会前日の夜は中華料理店での交流会も開かれました。
 
さて、今回の大会には66名が参加、選抜大会への参加者は32名で一発勝負のトーナメントです。(1回戦敗退者には敢闘賞争奪戦のトーナメントあり。)
 
トーナメントは、今年度の高校選手権、高校新人戦の結果で順位がつけられ均等に各山に振り分けられています。今回のライバルはやはりI谷さん。年末のマグロ大会で勝ち、関東大会で負けといい勝負。でも今回は勝つ番のはず!!
 
大会は、持ち時間20分、秒読み30秒。大会審判長の神谷八段の号令で一斉に対局がはじまります。

さて、I谷さんはトーナメントの山の反対側、1回戦から準決勝まで、まあ危ないことなく〇〇〇〇と4連勝、そして決勝戦の相手も予定通りI谷さん。
 
決勝戦は、場所を移して2階の礼法実践室(和室)へ(加藤桃子さんのタイトル防衛戦も行われた場所です。)、そして今まで対局が行われていた教室では決勝戦の大盤解説が行われます。解説は神谷八段と加藤桃子女王と言った豪華メンバーです。
 
さて、対局開始!!相手中飛車でちゃきは居飛車穴熊。(神谷先生は浜松の錬成塾での事を覚えていて下さいました。)
 
さて、中盤の急所の部分。神谷八段の『こういう手は指さない方がいい。。』と言った手をちゃきが着手。。神谷八段の言う通り、そこからだんだん劣勢に、最後の勝負手も逃して、一方的に押し切られました。
 
と、言うことで残念ながら準優勝。

選手権 2位 ⇒ 関東大会 3位 ⇒ 新人戦 5位 ⇒ 女子選抜 2位

と、結局今年度の高校の大会では頂点に立つことができませんでした。
 
 
なお、加藤桃子女王によるこの大会の観戦記が将棋世界(6月号)に載るとの事です。残念ながら、敗戦の譜。新聞や雑誌に棋譜が載ることも増えてきたけど、どうも敗戦の時の方が多い。。。
 
さて、1日目の夜から約1日半のこの大会。前日の交流会とか色々と工夫が凝らされていて、いい大会でした。
 
 
ただ、この大会の一番すごいところは、

⇒全対戦で棋譜をとっている!!

66人参加者がいたので、棋譜係りだけで33人!! いやあすごいです。

この棋譜は後日電子媒体で頂けるそうです。

|

« 第21回学生将棋選手権大会 ガールズクラス | トップページ | ちゃきは女流アマトップの夢を見るか2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1224491/73699750

この記事へのトラックバック一覧です: 第22回全国高等学校将棋女子選抜大会:

« 第21回学生将棋選手権大会 ガールズクラス | トップページ | ちゃきは女流アマトップの夢を見るか2 »