2017年5月20日 (土)

第7期リコー杯女流王座戦一次予選

今日は第7期リコー杯女流王座戦一次予選に参戦しました。

この女流王座戦も第7期、ちゃきもアマチュア予選に第1期(小学校4年生)から皆勤賞で参加していましたが予選の山は高く、今回初めての予選通過⇒一次予選の参加になります。
プロの棋戦は、中2の夏のマイナビ女子オープン以来、あの時は伊奈川女流初段に完敗しましたが、あの時よりも棋力は大分向上しているはず、不安半分、期待半分で対戦に臨みます。

さて、対戦相手は10時から相川女流初段、これに勝つと16時から宮宗女流初段との対戦になります。

会場は、新宿将棋センターの近くにある会議室、同じビルの下の階では同時に大盤解説会(野月八段、上村四段、加藤女王が解説)が開催されています。

持ち時間は40分、秒読みは60秒です。さて、一次予選の結果は
 
1回戦 相川女流初段  〇
2回戦 宮宗女流初段  〇
 
1回戦は相手の四間飛車に対抗して居飛車穴熊。ただ、中盤の頭の方からどんどん劣勢に。。穴熊からも引きづり出されて万事急須の場面のあったのですが、相手も決めきれず再び穴熊の中へ。粘りに粘ってどうにか逆転勝ち。。
 
2回戦は急戦矢倉。急遽ネット中継にも追加され、阿部六段の解説付き。途中の解説では相手側に決め手に近い手があったのだが、相手も見逃し混戦模様に。。中盤の終わりに相手の見落としが銀得になって、形勢は一気に有利に。そのまま押し切って勝つことができました。
 
一次予選を見事に突破!!同じく予選に出ていた昨年の中学選抜で戦った二人も同じく一次予選を突破!!若手層が頑張りました。
と、言うことで二次予選に。。二次予選は持ち時間が3時間。。一次予選は40分の早指しと言うことで、アマに有利の面もあったような気がします。(研修会と同じなので、たぶんちゃきもこの時間位が得意)
 
二次予選はたぶん6月の下旬と言うことで、あまり時間がないけれど歩の0.1枚分でもいいから強くならないと。。
 
応援、よろしくお願いします。
 
 
(2017/5/24追記)
二次予選の対戦相手は、千葉女流四段に決まりました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年5月 4日 (木)

全国高等学校将棋選手権大会東京地区予選

今日は、全国高等学校将棋選手権大会東京地区予選に参戦しました。これは夏に宮城で開催される全国大会の予選です。ちゃきも今回高校棋界に華々しく?デビューします。

全国大会は、男女別で、団体戦(3名1組)と個人戦があり、男女別に団体1組、個人2人が全国大会の切符を得ることができます。※団体戦の代表者の個人戦の参加は不可。

大会の形式はスイス式の5回戦。持ち時間は15分、秒読み30秒です。

さて、女子の部の参加者は11人。たぶん有段者はちゃきも含めて4人です。
ちゃき以外のメンバー三人を紹介すると

Fさん 3年生 今年春の全国高等学校将棋女子選抜大会の優勝者、研修会E1 
Tさん 1年生 昨年、一昨年と中学選抜大会の都代表

Iさん 1年生 3年前の中学選抜大会の都代表。全国4位。
 
棋力的には二段から三段くらい。棋力的には、ちゃきが頭ひとつリードしていると思うけど、1つ負けるとスイス式の得点でどうなるかはわからない。確実に5戦全勝で代表を勝ち取りたいです。
 
9時からの開会式のあと、男女一緒に大会スタート(※男子は代表選以外に2クラスあるので、全体ではたぶん150人くらい参加者がいます。)

さてちゃきの結果は
1回戦 〇
2回戦 〇 Fさん(研修会E1)
3回戦 〇 
4回戦 〇 Tさん
5回戦 〇 Iさん

全体的に危なげなく勝ち切り、5連勝で代表権を獲得しました。
 
もう一人の代表は4勝1敗のTさんでした。
 
全国大会は8月3日、4日開催。ちゃきの下の学年の層が厚いので、たぶん全国制覇は今年一番のチャンス、優勝すると高校竜王戦の招待権も得られるので、ぜひ勝ちたいところです。
 
(追記)
今回、元将棋部の顧問の方のご厚意で、参加者に棋書がプレゼントされました。1人2冊づつ(選び放題!!)でしたが、最後は本が余っていたので更に詰め将棋の本頂きました。
ありがとうございました。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月 1日 (土)

第7期リコー杯女流王座戦 アマ東日本予選大会

今日は第7期リコー杯女流王座戦 アマ東日本予選大会に参加しました。
 
この棋戦も今年で7回目。引退女流棋士や奨励会員まで参加OKと言う画期的な大会で、里見香奈女流王座への挑戦を目指すことになります。
 
この大会からプロの参加する一次予選に進めるのは3名、そして4月15日に開かれる西日本大会で更に3名の通過者が決定されます。

さて、上記のとおり女子アマのトップレベルの大会、ちゃきの過去の成績は
第1回 43名参加 予選リーグ通過 決勝トーナメント1回戦負け
第2回 46名参加 予選リーグ通過 決勝トーナメント1回戦負け
第3回 34名参加 予選リーグ1勝2敗で予選落ち
第4回 41名参加 予選リーグ通過 決勝トーナメント2回戦負け
第5回 42名参加 予選リーグ通過 決勝トーナメント2回戦負け
第6回 43名参加 予選リーグ通過 決勝トーナメント決勝戦戦負け

昨年のブログで
  
去年の大会と比べて、やはりちゃきの棋力もアップしており、充分この大会を勝ち抜くだけの力はついてきていると思います。ただ、周りのレベルアップも同じで、横一線に10人くらい並んでいます。ここを抜け出すにはまだまだ、努力が必要そうです。

と書きました。上位層のプロ入り&ちゃきの棋力アップもあり、全体からみればトップ層約5人の中の1人。昨年はあと一歩と言うことで、そろそろこの大会を勝ち抜けたいところです。

 
今年の参加者は例年とほぼ同じの40名。予選は2勝勝ち抜け、2敗失格(持ち時間は20分の切れたら30秒)。決勝トーナメントは3グループに分けてのトーナメントで、プロ棋戦に進むためには、2~3連勝が必要です。

10時から開会式があって、さっそく1回戦。

さて今回の予選の結果は、
※この大会はリアルタイムで結果がネットで公開されています。大会の詳細が知りたい方は、連盟のホームページのリンクからたどってください。

1回戦 S藤さん  ○ 

2回戦 O野さん  ○   

1回戦勝利して、2回戦目は優勝候補の一人のO野さん。現アマ女王で、女流プロ棋戦でも実績多数。ちゃきも今までこの大会やマグロ大会など要所要所で対戦してきましたが、今まで勝ったことなく、大きな壁となっています。
ただ、今年から社会人、最近は大会への参加も減ってきているので、多少実戦不足のはず。。。

この対戦、相手はいつも通りの四間飛車に対して、居飛車穴熊で対抗。終盤の入口まで不利な状況でしたが、粘りに粘って逆転。初めて勝つことができました。

次の対戦まで2時間以上あるので、ゆっくりランチをして決勝トーナメントに臨みます。

 
決勝トーナメントは3ブロックに分かれてトーナメントが組まれて、各ブロックの優勝者がこの大会での勝ち抜けになります。
 
決勝トーナメント進出者は21名で、各ブロック7名づつ、各ブロック1人シードになります。


ちゃきは抽選の結果、第1ブロックで、シード権も確保。あと2連勝でこの予選大会を通過することができます。
※抽選の結果、強豪は各ブロックにうまく散らばったように見えました。

さて、ちゃきのブロックの強豪は、実績から言うと女流アマ名人のI谷さん、ただ反対の山なので、対戦するにしても最終戦になります。まずは、ちゃきもそこまで勝ち上がらないと。さて結果は
 

決勝トーナメント1回戦  シード

決勝トーナメント準決勝 D居さん ○

決勝トーナメント決勝 K藤さん ○ (研修会D1)
 
準決勝は、おなじみのD居さん(よく当たります。)、この対戦は順調に優勢を築いていきましたが、終盤になって相手に粘られだんだん差が縮まっていく。。いやな雰囲気でしたがふんばって勝ち。昨年に続いてブロックの決勝戦に臨みます。

さて、最終戦は女流アマ名人のI谷さんが上がってくると予想していましがが、I谷さんを倒して、K藤さんが上がってきました。今までの対戦は研修会で1回あるのみ。ただ、研修会のクラスとしては2つ上なので、ここは勝っておかないと。
 
この対戦は、将棋連盟のライブ中継あり。ライブ一覧の上には同じく本日行われている佐藤天彦名人とPONANZAの対戦が。。こんな世紀の対戦と同列に並べていいんだろうか??(ついちゃきの対戦を覗いてしまう人もいそうで、変な棋譜が載ったら恥ずかしい。)
 
とかなんとか思っているうちに対局スタート!!

相手は中飛車で、ちゃきは居飛車穴熊へ。ただ序盤無理な仕掛けから一気に形勢不利に、あれっこれは厳しいのでは?と思いながらもどうにか手を作って行く。

いくつか相手の疑問手もあり徐々に形勢を取り戻す。。最後は穴熊の玉の遠さを生かして一気に逆転。この辺り、無理やり?逆転するのはここ一年の棋力の向上部分かと思います。(ただ、序盤であそこまで悪くするのは、まだまだと言った感あり。)
 
苦しい対戦も多かったですが、まあ大会では結果が全て。初めて女流王座戦のアマ予選を突破することができました。
 

一次予選の開催は来月の21日。注目度はさらにアップするので、恥ずかしい棋譜を残さないように、頑張らないと。

 
(2017/5/1追記)

一次予選の対戦相手が発表!!

相手は相川女流初段です。前に荻窪の道場で一度手合いがついて勝ったことがあります。
ただ、手合いは角落ち。一次予選は当然平手です。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月20日 (月)

第3回川崎市小中学校将棋大会

今日は、第3回川崎市小中学校将棋大会に参加しました。前回中1の時に第2回の大会に参加、昨年は開催されなかったとの事でした。
※参加条件は神奈川在学、在住の小中学生になります。

前回の大会は予選の時点で体調不良のために途中棄権。。今回は小中学生の大会としては最後の大会。終わり良ければ総て良し、いい成績で終われば良いのですが。

さて、ちゃきは一番上の三段以上のクラスへ、参加者は12名。まずは、2勝通過2敗失格の予選リーグです。 

予選

1回戦 K島君 ○
2回戦 Y沢君 ○
 
予選の1回戦はときんの会のお仲間でもあるK島君。ずっと大会で痛い目にあってきた相手です。
最近の対戦は昨年のtvkハウジングプラザ横浜・小中学生将棋大会、この時は予選と決勝トーナメントと2回当たって両方とも負け。過去に遡ると倉敷やJTの大会など、要所要所の大会で当ってきました。(うーんそう言えば、道場では勝ったことがあるけど、大会では全敗では?)
 
この対戦、相穴熊になり徐々に優勢に。最後までいい感じで勝利!!うーん、小中学生最後の大会で、やっと勝つことができました。
2戦目は、広尾教室ダービーを制して、決勝トーナメントに進出することができました。
 
決勝トーナメント進出は6名。当然K島君も決勝トーナメント進出です。
 
決勝トーナメント
 
準々決勝 M越君 ○
準決勝   K島君 ●

神奈川限定の大会と言っても、ここまで来ると強豪ぞろい。準々決勝の相手は、J:COM杯全国大会の準優勝が相手、苦しいながらもここを勝ち切り、準決勝は再びK島君。

先ほどはいい戦いができたので、再び勝利を!!と思いましたが、流石に強いK島君。先程と戦法を変えてきて、今度は完敗。。
小中学生の最後の大会は、3位と言う成績でした。(賞品として棋書をもらいました。)
 
さて、残念ながら3位になりましたが、ここで最後の力を見せるのがちゃき。。懸賞の詰将棋(1手詰)を見事正解し、抽選に当たりお米2キロをゲットしました。

小中学生大会もこれで最後、懸命に戦っている将棋を始めたばかりの子供たちの対戦を観戦するのが好きでしたが、それもこれがほぼ最後になってしまいそうです。
少し感慨に浸りながら、大会の会場を後にしました。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月 9日 (月)

第31回全国オール学生将棋選手権戦・個人戦

この三連休は、第31回全国オール学生将棋選手権戦・個人戦に参戦しました。

この大会、学生(小学~大学)なら誰でも参加OKの大会。毎回研修会と日程が重なっているので、今回初参加です。(強い相手と戦いたい!!と言うことで、今回研修会はお休みです。)

3月に関西で開催される学生将棋選手権と並ぶ、学生個人の2大大会。今回の大会にも、全国から244人の学生(女子は3人)が集まりました。

大会の形式は、2勝通過2敗失格の予選ののち、決勝トーナメントになります。持ち時間は30分切れ負け。とりあえず、目標は予選の突破です。

10時から開会式のあと一斉に対局スタート、さて予選の結果は

予選
1回戦  ○ Oさん(N大)

2回戦  ● Aさん(T大)
3回戦  ○ Sさん(H大) 

初戦の接戦を制した後、2戦目はまだこれからの局面でしたが、時間がほとんどなく投了。。後がなくなった3戦目は必敗の局面の中、相手の緩手が出て一気に互角に、相手の玉形も悪く一気に勝負がつきました。
 
予選はすべて、大学生。関東学生A級のレギュラークラスの面々だったので、結構当たりはきつかった気がします。その中での予選突破、強い相手とも当れたので、目的も達成!!
 
そして、午後からは決勝トーナメント、決勝トーナメントは121名が進出、ちゃきはくじ運も良く、7人のシード枠を引き当て2回戦から。
 
※ただ、このトーナメント表(東京の小・中学生大会はこのパターンが多いですが)、シード者が1か所にまとまっているパターンで、他の山より抜けるのがだいぶ楽(逆にシード者が多いケースでは、所謂0回戦ぶら下がりが1か所にかたまり不利になる)、あまりにも山間の格差が大きいので、これはやめた方がいいと思うのだけど。
 
と言うことで、おにぎりを食べて、午後の対戦に挑みます。 
 
 
決勝トーナメント
1回戦  シード
2回戦  ○  Iさん  (W大)
3回戦  ○  Kさん (I高) 
 
決勝トーナメント2回戦は、完全に劣勢。。。本来ならここで敗退の所なのだけど、相手が時間切れ。。うーん、時間切れはやっぱり時間配分が難しい。。

そして、3回戦は東北の強豪校との対戦を制してベスト16、あれっ2日目に残ってしまった。。

と言うことでまた明日。。ベスト16の賞品としてマグネット将棋盤をもらいました。
 

2日目

そして2日目、ベスト16に残ったのは、大学生11人、高校生4人、中学生1人。中学生の代表として、頑張らないと。。

ベスト16の対戦からは、持ち時間が15分、秒読30秒となります。
 

そして、対戦相手は。。立命の長森さん、昨年末には竜王戦でプロに勝つなど波に乗っています。強い相手と戦いと思っていたけど、ここまで強くなくても。。
でも、せっかく真剣勝負ができる貴重な機会、大事にしないと。
 
10時から一斉に対戦がスタート、そして結果は。
 
決勝トーナメント
 
4回戦  ● 長森さん(立命館大)

ちゃきも頑張りましたが、力の差は歴然。流石強豪と言った感じで、ちゃき相手でも時間をしっかり使って来ます。奮戦も及ばす111手で投了、でもたぶんこの人より強いアマなんてそうそういません。いい経験になったと思います。
対戦していただきありがとうございました。


と言うことで、ちゃきの冬休みもこれにて終了。U-18、YAMADAと準優勝、オール学生でベスト16となかなかの成果だったと思います。
 
昨年の学生選手権ベスト32で、今回のオール学生がベスト16。大学生相手だと結構善戦しているような、どこかにちゃきマジックがある??

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月 3日 (火)

第13回YAMADA電機こども将棋大会

新年明けましておめでとうございます。

2017年の指し初めとして、今日は第13回YAMADA電機こども将棋大会に参戦しました。開催場所はYAMADA電機の本社のある”高崎”。遠路はるばるの参戦です。
 
この大会は冬と夏に開催されているのですが、ちゃきは指し初めもかねて、冬の大会に小学3年、4年、5年、中学1年、2年と5回参加。
 
今までの成績は 第1回大会(2011年)  低学年の部に参加してベスト8(準々決勝でしょう君に負け) 、第3回大会(2012年)、第5回大会(2013年)共に高学年の部に参加して3位。
 
そして中学の部は、1年の時は予選落ち、2年の時は決勝トーナメント1回戦敗退と言う結果でした。 ちゃきも中学3年生と言うことで、この大会も今回が最後です。
 
いつもは、三浦九段が審判長ですが、今年は先崎九段が審判長。。三浦九段には会えないかと思っていたら、開会式にサプライズ登場!!会場が盛り上がりました。
 
さて中学生の部は(29名、32名の定員でしたが定員割れ)で、予選は2勝突破、2敗失格。持ち時間はなく、いきなり秒読み30秒です。さて今年の予選の結果は。。
 
 
予選の結果は ○○と、予選を突破。。2戦目は強そうな相手でしたが、なんと中盤の入り口で相手が時間を切らし、あっけなく予選通過が決定してしまいました。
 
さて決勝トーナメントはシード枠は引けず、優勝までは4連勝が必要です。今回は研修会勢は二人と少なかったですが、もう一人の研修会B2と埼玉の強豪T部君とA南君が予選落ち。。今まであまり名前を聞いた事のないメンバーもいますが、決勝トーナメントのレベルはやはり高そうです。

 
決勝トーナメント
1回戦   M島君  ○
2回戦   M君   ○
準決勝   K井君 ○
決勝    K藤君  ●  
 
決勝トーナメントは2回戦が苦戦。昨年秋の彩の国中学生名人戦の3回戦で惜敗した相手でしたが、今回も苦戦。相穴熊で相手が優勢のまま迎えた最終盤に相手の緩手が出て、形勢は一気に逆転。そのまま押し切りました。
 

さて、いよいよ決勝戦。相手は群馬の強豪K藤君(中学選抜代表)です。K藤君とはちゃきが小5の時のこの大会の予選で対戦して以来5年ぶりの対戦です。
  
最後はみんなが注目する中、記録係もついて対戦がスタート。
この対戦は、相穴熊。。ただ、ちゃきの疑問手が多く、最後は穴熊の玉頭から攻められて、万事休す。残念ながら優勝はなりませんでした。
 
去年は閉会式をまたず会場を離脱。『来年は、表彰式までいたいなあ。。』とブログに書きましたが、とりあえず目標は達成。 YAMADAの大会には、6回参加してその内3回は入賞できたので、色々といい思い出があります。 今年で最後かと思うとちょっと寂しいなあ。。。 いつか、この大会にちゃきが登場することがあるのかしらん。。
 
そう言えば、ちゃきは詰将棋の回答でも色紙をゲット(正解者100名中の10人)、今年の運を大分使ってしまってような。
 
ともあれ、新年早々幸先のいいスタート。今年一年、このブログで沢山いい報告ができればいいなと思っています。
 
本年もよろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月30日 (金)

第39回全国レーティング選手権 神奈川県予選

今日は第39回全国レーティング選手権 神奈川県予選に参戦しました。

日本アマチュア将棋連盟 平塚支部の主催で、開催場所も平塚です。
 
年末と言うことで、あまり参加者が多くないようですが、強豪(元奨有段者も)が集う大会のようです。
 
とりあえず、今年の指し納め。強い相手と指せればいいなあ。
優勝すると全国レーティング選手権代表となり、途中で負けるとレーティング選手権A級の予選会に参戦できるようです。
持ち時間30分 切れ後30秒、参加人数は20名くらい?多分4連勝位で代表権がゲットできます。
さて、結果は
○○●

悪い将棋もどうにかしのいで、2連勝。そして3戦目はついに強豪との対戦です。

3戦目は浅倉さん、昨年のオール学生優勝など実績多数。。うーん、やはり強いと言うことで、まったく歯がたたず。。でもいい経験になったかな。。
 
さて、敗戦したのでA級の予選会に出ても良かったのですが(次1回勝てば代表らしい)、まあ代表になっても、全国大会の会場の三重は遠いので、それよりはと言うことで、代表選の大盤解説へ。。菅野さんVS浅倉の対戦をみました。
※この勝負は菅野さんの勝ちで代表権を獲得しました。菅野さんは、最近広尾しょうぎ教室に先生として来ていて、教えて頂いています。
と言うことで、強豪との対戦と言う目的も果たし、ちゃきの指し納めも完了!!
来年の指しはじめは恒例YAMADAの大会です。

追記
大会の審判と大盤解説には、鈴木肇アマ王将が来ていました。鈴木さんには昔子供スクールの時などお世話になりました。今日は久しぶりにいろいろとお話ができたようです。
また、この間女流棋士になった堀さんともお話を(ここ何回か対戦したことがありましたが、会話と言うのは初めてだったようです。そう言えば堀さんには中学生の妹が二人いたと思いますが、ただ、ちゃきが小さいので中1と思っていたようです。。)

また、お昼の時には一緒になった大人の方にごちそうになったそうです。この場で、改めてお礼を。。『ありがとうございました。』

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月23日 (金)

第13回U-18将棋スタジアム

今日は第13回U-18将棋スタジアムに参戦しました。

ちゃきは、今までこの大会に6回参加。

小学校2年生から小学校5年生までは、ガールズ部門に参加し、5年生の時にガールズAクラスで2位。中学生になった昨年からは、中・高生のチャンピオンクラスへの参戦しています。

さて、このU-18の大会は予選通過の厳しさでも有名、メンバーも結構レベルが高いうえに3連勝が条件です。時間は持ち時間なしでいきなり30秒の秒読み。一昨年、 昨年ともに、1-2で予選落ち。。

今年こそは決勝トーナメントに進出するぞー。。 さて結果は。。  

予選 ○○○と見事に3連勝で予選通過。

2戦目は高校生(元研修会Cクラス&中学選抜代表)のS藤君はよく聞く名前で厳しいかと思っていましたが、ちょっと見ていないうちに勝利しいつの間にか3戦目に入っていました。

3戦目の相手は、1年の時に惜敗した丘の上中学のT中君。一昨年のリベンジを果たしました。

決勝トーナメント進出は13名(と言うことは参加者は約100名)、その中の3名のシード権を引き当てて、ベスト8からの参戦です。
※ただ、この大会山がふたつに分かれて、優勝者と準優勝者がそれぞれ2名づつ誕生します。よって、あと1勝すると準優勝、2勝で優勝です。

 
ちゃきの決勝トーナメントの相手は、研修会B2対決を制した高校生のO城君。
※妹さんとは何度も対戦したことがありますが、お兄さんとは初対戦となります。
 
ただ、今日は調子もいいのか、この対戦も勝利!!ついに決勝戦に進出です。(女子では初めてかもしれない。。)

相手は、高校生のM山君。これも初対戦頑張れ!!

決勝戦 M山君  ●
今日は好調でしたが、最後の対戦はちょっと不出来(まあ、相手が強いだけか。。)
残念ながら敗戦と言うことで、結果準優勝でした。
 
小5のガールズ部門に続き2回目の表彰台。
最後に入賞者全員で記念撮影。人数的には前後3列?
『中高校生は後ろへ!!』  おっと小さいので隠れてしまうぞ
『小さい子は前へ』  うーん十分小さいぞ
結果間をとって、真ん中の列へ。。
来年以降は高校の大会もあるので、この大会はこれで最後かもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月 4日 (日)

第40回三浦三崎マグロ争奪将棋大会

今日は、第40回三浦三崎マグロ争奪将棋大会に参加しました。
 
この大会は、ホームページによると。。。 毎年恒例の神奈川県の三浦半島で開催される伝統ある将棋大会です。 大会の入賞賞品がマグロやダイコンといった名産品が特徴で、毎年全国各地から選手が参加しています。
また参加者にも名産のワカメやお昼ご飯はマグロの漬けやおにぎり・お味噌汁なども振る舞われます。(毎度おなじみの前振り)
 
クラス分けは、一般の部は、A級(4段以上)、B級(2段~3段)、C級(初段以下)の3部門 、そして小学生の部とレディースの部があります。
 
第40回とあるように、非常に歴史のある大会、第1回は十数人の参加だったとの事ですが、賞品のマグロ目当てで、今では全国各地から人が集まるようです。
 
今回の参加者は、全体で初めて443人と昨年に続き400人越え。そして今年の大会は40回の記念大会と言うことで、B級、C級の優勝者にもマグロ1本(約60キロ)が提供され、さらに抽選でマグロが当たる確率もアップしているお言うことです。
 
レディースの部の参加者は22人(昨年は28人)でした。 ちゃきは、5回目の参加。前々回は3年前で4位、昨年は3位と少しづつ順位は上昇。 中学の期末テストを明後日控え、こんなところに来ていたいいの?と言う話もありますが、来たからにはマグロを持って帰らないと。  
 
大会の形式は、5回戦のスイス式トーナメント、持ち時間は20分、秒読み30秒です。
 
10時からの開会式のあと、大会の開始!!ちゃき父も大会に参加(C級)しましたが、あっさり1-2で大会終了!!(前回にに引き続き、負け方も今一つ。。)
 
さて、ちゃきの今年の結果は。。
1回戦  Y野さん  ○
2回戦  O澤さん  ○
3回戦  O澤さん  ○
4回戦  K田さん  ○
5回戦  Y本さん  ●
 
ちゃきもやはりレベルアップしているみたいで、苦しい戦いもしのぎ切り、まずは4連勝。優勝をかけて、Y本さん(研修会C1)との対戦です。(前回女流アマ名人戦の準決勝で負け、その以外にも研修会でも最近勝てていないような)  
 
さて、熱戦を繰り広げましたが、あまりいい将棋ではなく敗戦。(この棋譜は来年の元旦から神奈川新聞の将棋欄に載るらしい。)
 
2戦目、3戦目の相手が4-1で3位、4位に入ったので、ちゃきのスイス式の得点もあがり2位となりました。
 
と言うことで無事マグロのブロック(15キロ×3⇒4.5キロ)をいただくことができました。 ※小5の時は4位で3キロ、小6、中1は不参加、中2の時は3位で3.6キロと、確実に順位とマグロの量はアップしているのですが、やはり優勝したいなあ。。来年こそは!!
 
 

さっそく家に帰って1ブロック1.5キロを調理。 今回はマグロのステーキ醤油バター風味、マグロ大根、マグロの佃煮、マグロの刺身の4品です。+明日向けにづけを作りました。
美味しゅうございました。


写真が賞品のマグロです。これが約1.5キロでこれを3個もらいました。1つは、いつもお世話になっている教室の先生に。

Img_0881_2

Img_0883_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月23日 (水)

相模原市将棋大会

今日は、相模原市将棋大会に参戦しました。

相模原支部の方々が年2回開催。結構歴史があります。また、上位層は元奨三段クラスも参加する、レベルの高い大会です。
 
Aクラス 三段以上
Bクラス 1級~二段
Cクラス 2級まで 
今回ちゃきは初参戦。上記のクラス分けと言うことで、一番上のAクラスに参戦です。(基本的には今後は一番上のクラスに出ることにします、)
 
※この大会、結構人が集まるそうで、今回大会運営のボランティアを募集していたので、ちゃき父もCクラスの手合い係として参加しました。
大会の形式はスイス式の4回戦。さてその結果は。。
 
○○●●
 
午前中は2連勝と調子が良かったのですが、そのあとは強豪とあたり連敗。。3勝すれば敢闘賞がもらえたのですが、ちょっと残念。
 
 
大会は盛況のまま、無事終了。初めての手合い係も大きな失敗もなく(でもあらためてやってみると難しい)終了。また機会があれば参加したい大会です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧