2018年1月27日 (土)

第26回全国高校将棋新人大会

今回は第26回全国高校将棋新人大会に参戦しました。

この大会は全国高等学校文化連盟の開催で、ホームページの案内を見ると

平成5年第1回大会が滋賀県で開催され、現在に至ります。当初、26都道府県からだけの参加でしたが、現在では47都道府県から予選を経て、男子個人戦に約100名、女子個人戦に約140名が参加し、冬の高校生将棋日本一を決めるにふさわしい大会となりました。毎年1月下旬から2月上旬に各県持ち回りで開催されています。

との事です。ただ、今まで女子は各都道府県代表が4人でしたが、今年から3人に減っています。また、全ての県で4人の代表を出しているわけではないので(代表0の県もあり)、今年の女子の参加人数は124人でした。

今年の開催場所は、静岡県の浜松。。大会は朝からなので前日に現地入りし、浜松名物の鰻を食べてしっかりと栄養を蓄えました。

さて、女子の個人戦。昨年夏の高校選手権の個人戦と比較すると、個人戦優勝のU田さんは、今回は学校行事と重なり不参加ですが、新たに団体戦優勝チームの大将のIさん、そして奨励会を退会した優勝候補筆頭のMさんが新たに加わっています。
 
Mさんとは、Mさんが奨励会に入る前にリコー王座戦のアマチュア予選で対戦したことがあるのですが、その時は手合い違い。。少しは棋力の差が縮まっているのでしょうか
  
開会式のあと、いよいよ対局開始です。 まずは予選。高校将棋新人大会の予選はスイス式で5回戦って、4勝以上が予選通過となります。
 
予選は、○○○○〇と5連勝で通過。
 
なんと予選の2戦目でいきなり優勝候補と目されるMさんとの対戦。この対戦二転三転しましたが、最後は相入玉の点数勝負。後手のちゃきがぎりぎりの28点を確保してどうにか勝利しました。
その他の対戦相手も研修会員2名など強豪も多く、スイス式の得点を稼いで、予選は1位で通過することができました。
 
と言うことで、決勝トーナメントへの進出が決まりました。 女子の個人戦参加者の124名、予選の結果23名が決勝トーナメントに進みました。
さて、決勝トーナメントの組み合わせですが、予選のスイス式の結果で仮の順位が決まり、その結果でトーナメント表が自動的に作成されます。 予選の結果で、順位順に均等にトーナメント表に割り振られ、結果として実力者がどこかの山に固まってしまうと言うことがありません。上位者はシード枠となり、ちゃきもこれでベスト16です。
  
決勝トーナメント
1回戦  シード
2回戦  ○ T中さん
 
と、2回戦東京決戦を制して、ベスト8。1日目はこれで終了で、準々決勝からは2日目になります。
 
2日目

そして、2日目。朝から準々決勝が行われます。

準々決勝  ● S原さん(研修会E1)

準々決勝は、予選の5戦目で対戦したS原さん。序盤から劣勢に。。ただ、終盤で逆転の目があったのですが、大きな見落とし。。そのままあっさい敗戦。
 
と言うことで、新人戦の成績は5位に終わりました。
 
優勝は下馬評通りに迎さん。おめでとうございます。
ちゃきは、もうひとつの成績。できれば、決勝まで行って、迎さんともう一度対戦したかったです。次回に向けてこぴっと頑張れ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月 6日 (土)

第32回全国オール学生将棋選手権

今日は第32回全国オール学生将棋選手権・個人戦に参戦しました。
 

この大会、学生(小学~大学)なら誰でも参加OKの大会。昨年に続き2回目の参加です。

今回から協賛に株式会社ファーストロジックと言う会社が、何の会社??と思って調べたら、不動産投資情報サイトの会社(あまり大きな会社ではないようですが、東証一部上場会社)でした。
 
3月に関西で開催される学生将棋選手権と並ぶ、学生個人の2大大会。今回の大会にも、全国から325人の学生が参加、昨年は244人だったので3割以上の増加です。

女子も昨年は3人しかいなくて寂しかったのですが、今年は一目では数えられないくらい(20人位?)いました。

 

大会の形式は、2勝通過2敗失格の予選ののち、決勝トーナメントになります。持ち時間は30分切れ負け。とりあえず、目標は予選の突破ですが、昨年はベスト16で2日目まで行ったので、今年もあわよくばと言った感じです。

10時から開会式のあと一斉に対局スタート。

さて予選の結果は ●〇〇 と2勝1敗でどうにか予選通過。

1回戦、2回戦と最後は時計の叩き合いになり、お互い残り時間が数秒といったところで決着がつきました。

どうにかの予選突破で決勝トーナメントへ、この時点でベスト128です。

そして午後からの決勝トーナメントの結果は〇●と残念ながら2回戦で敗退。今年のオール学生はベスト64で終了しました。

2回戦の相手は、神奈川の小学生のK君。実は昨年末に行ったはじめ教室の研究会でも対戦して負け。。リベンジと行きたいところでしたが、また吹き飛ばされてしまいました。

また来年。がんばります。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月23日 (土)

高文連将棋関東大会

今日は高文連将棋関東大会に参戦しました。

この大会は、関東+山梨県の各県の代表が参加。各県4人づつですが、栃木県の代表がいないので、代わりに今回の開催県の神奈川から8人の代表が選出されています。
 
毎年持ち回りで開催されているこの大会、今年は神奈川県での開催。ちゃきは東京代表ですが、隠れ?神奈川県民。開催場所も東京の予選会場よりすごく近い!!
 
いよいよ大会開始です。大会の形式は一発トーナメント、初戦で負けると別途会長杯をかけたトーナメントに参加できます。
各県の予選の順位に応じて、トーナメント表がつくられているので、強豪同士(各県の1位)があたるのは、最後の方になります。

多分今回の参加者では、ちゃきと千葉のI谷さんが、頭一歩リード?
このまま勝っていけば、I谷さんとは準決勝での対戦となります。
 
さて、ちゃきの結果は
1回戦     〇 H口さん (神奈川)
2回戦     〇 M井さん (群馬)
3回戦     〇 I田さん  (神奈川)
準決勝    ● I谷さん  (千葉)
3位決定戦  〇 S本さん (神奈川)
 
と言うことで、快調に3連勝して、予想通りI谷さんとの準決勝。12月初めのマグロの大会では勝つことができましたが、今回は相手の中飛車から序盤で不利になり、そのまま押しきられました。
 
と言うことで関東大会は3位。優勝は礒谷さんでした。おめでとうございます。

力足りずと言うことで優勝ならず、来月は全国の新人戦があるので、次こそは!!
 
※対戦相手をみると、神奈川県勢との対戦が多いなあ。
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月 3日 (日)

第41回三浦三崎マグロ争奪将棋大会

今日は、第41回三浦三崎マグロ争奪将棋大会に参加しました。
 
この大会は、ホームページによると。。。 毎年恒例の神奈川県の三浦半島で開催される伝統ある将棋大会です。 大会の入賞賞品がマグロやダイコンといった名産品が特徴で、毎年全国各地から選手が参加しています。
また参加者にも名産のワカメやお昼ご飯はマグロの漬けやおにぎり・お味噌汁なども振る舞われます。(毎度おなじみの前振り)
 
クラス分けは、一般の部は、A級(4段以上)、B級(2段~3段)、C級(初段以下)の3部門 、そして小学生の部とレディースの部があります。
 
第41回とあるように、非常に歴史のある大会、第1回は十数人の参加だったとの事ですが、賞品のマグロ目当てで、今では全国各地から人が集まるようです。
 
今回の参加者は、全体で407人と昨年に続き400人越え。レディースの部の参加者は20 人(昨年は22人)でした。

ちゃきは、6回目の参加。前々回は4年前で4位、一昨年は3位、昨年は2位と少しづつ順位は上昇。 この順番で行くと今年は優勝!?

高校の期末テストを明日に控え、こんなところに来ていたいいの?と言う話もありますが、来たからにはマグロを持って帰らないと。  

 
大会の形式は、5回戦のスイス式トーナメント、持ち時間は20分、秒読み30秒です。
 
10時からの開会式のあと、大会の開始!!
今年は小学生の参加人数が多く、いつも女子大会を行っている部屋まで食い込んで、午前中女子部門は1階の和室の部屋で行っていました。
 
ちゃき父も大会に参加(C級)しましたが、今年は2-2とマグロまであっと一歩でした。で大会終了!!
 
 
さて、ちゃきの今年の結果は。。
1回戦         ○
2回戦  M田さん  ○
3回戦  U山さん  ○
4回戦  Kさん   ○(研修会E2)
5回戦  I谷さん  〇
  
まずは4連勝。優勝をかけて、I谷さんとの対戦です。  
 
今年こそは優勝!!と言う思いが通じたのか、見事に勝利!!

ついにこの大会で優勝をすることができました。
 
→この棋譜は来年の元旦から神奈川新聞の将棋欄に載るらしい。もしかしたら、勝ち将棋の棋譜が載るのは初めてかも知れない。

 
と言うことで無事マグロを4ブロックで合計8.5キロもらうことができました。(昨年の準優勝では4.5キロだったので大幅増)
 
さっそく家に帰って1ブロック2.2キロを調理。 今回はマグロのステーキ醤油バター風味、マグロ大根、マグロの佃煮、マグロのづけの4品です。

美味しゅうございました。

女子部門は制したので、来年は一般部門と言いたいところですが、やっぱりマグロが欲しいので、たぶん女子部門に参戦する?(それよりは期末テスト?)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月23日 (木)

女子アマ王位戦 東京地区代表決定戦

今日は女子アマ王位戦の東京地区代表決定戦に参戦しました。この大会は各地区で予選が行われ、各地区の優勝者が集まって12月17日に全国大会が開催されます。
 
ちゃきはこの大会には小3以来久しぶりの参戦。あの頃は連盟1級で予選落ち。今回はたぶん優勝候補の一人かと思います。
 
参加者は14名だけど少数精鋭。最初は3人から4人に分かれて、その中から2人が決勝トーナメントに進出することができます。
予選
1回戦  〇 U山さん (研修会C2)
2回戦  〇 I谷さん   
 
ちゃきの予選の組は、研修会C2と前女流アマ名人という鬼ブロック。ただ、いつもながら予選の調子は良く、連勝で決勝トーナメントに進出することができました。
 
決勝トーナメント進出は8人。3連勝で全国大会に進むことができます。
 
決勝トーナメント
1回戦  ● T山さん。
 
ただ、もう楽な相手はいません。1回戦は元女流アマ名人との対戦。
予選の快調は続かず敗戦。全国制覇の夢?はあっさりを消えてしまいました。
夏の大会以降の成績はどうもいまひとつ。来月も大事な大会があるので、少し調子をあげて欲しいです。 

今回の東京予選は、T山さんが優勝して全国大会への切符を手にしました。おめでとうございます。
 
(追記)
全国大会は、女流アマ名人に続いて、野原さんが制しました。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月21日 (土)

第11回女子アマ団体戦

今日は第11回女子アマ団体戦に参戦しました。

 

この団体戦に出るのは小2の時、今でも親交のある土居さん(下の娘さんがちゃきより2学年上、このブログにも時々登場します。※今年の高校選手権団体戦の優勝チームのメンバーです。)に誘われて参戦。一番下のクラスで2位に入りました。

あれから8年。当時棋力は4級でしたが、今は四段位とだいぶ強くなりました。

今回は一番上のクラスに参加で参加チームは6チーム。5人チームでの団体戦で、全4回戦になります。

さて、広尾将棋教室のメンバーは

大将  ちゃき  広尾教室の看板娘を自称?

副将  K藤さん 社団戦にも広尾教室から参戦。研修会C1

三将  I原さん 学生時代の全国大会参戦の実績も多数

四将  M田さん 将棋を初めて2年半。連盟入品も間近か

五将  T橋さん 社会人になってから将棋を初めてすでに有段者

と言うことで、ツートップは研修会C1と女子アマではトップクラス。ただ、他のチームも強豪ぞろい。果たして入賞なるか!!

 

1回戦 イケメンラヴァーズチームF  〇 5-0

2回戦 ☆t                 ● 2-3

3回戦 覆面制服ガールズ       ● 2-3

4回戦 金沢文庫将棋サロン1     〇 4-1

結果はチームとしては2勝2敗で3位入賞。ちゃきは4戦全勝で、一応大将としての役割は果たせたようです。

大会はこれで終了、協賛のサンギの歯磨き粉も含めて沢山の賞品をもらって帰りましたとさ。

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月10日 (日)

第49期女流アマ名人戦

今日は、第49期女流アマ名人戦に参戦しました。

女流アマ名人戦のクラス分けは
・ 名人戦クラス(希望者)
・ Aクラス(3級以上)
・ Bクラス(4~8級)
・ C1クラス(一般の9級以下)
・ C2クラス(小学生以下の9級以下) の5クラスです。

ちゃきは、今回で7回目の参加で、名人戦クラスは5回目の参加。 今回の名人戦クラスの参加者は33名(昨年は37名)。たぶんちゃきはトップ層8人くらいの中の一人、このあたりはたぶん横一線で、棋力の差より対戦相手どおしの相性のほうが勝敗決定の大きな要素になりそうです。
昨年は3位の成績、そろそろこの大会で優勝したいところです。

大会方式は2勝通過2敗失格の予選&決勝トーナメント方式、持ち時間は15分で、秒読みは30秒です。
今回の大会は、準決勝以降は日を改めて天童で開催との事、という事でとりあえず今日はベスト4までを決める事になります。

さて、今回の結果は。
予選  
1回戦  T村さん ○ 
2回戦  U山さん ○ 

初戦はお馴染みのT村さん。2戦目は中1のU山さんで、最近ググッと気力が伸びていて、8月の中学名人戦でも3位に入賞。。ちゃきより下の年代もどんどん強くなっています。

予選は快調に連勝して午後の決勝トーナメントに進出しました。
※ここで、昼食。昼食はあのXX九段と一緒。。昔お子さんと小学校団体戦の神奈川予選で対戦したことがあり、その事を覚えていてくれました。
 
決勝トーナメントには17名が進出。さて結果は

決勝トーナメント
1回戦  T村さん ●

決勝トーナメントの1回戦は予選に続きT村さん。(昨年のこの大会でも当たったし、よく当たる気がする。)
予選に引き続き勝利を!!と思いましたが序盤から悪くして、そのまま逆転もできず。。

あっさりと女流アマ名人戦も終了!!
女子相手で、研修会員以外に負けたのは一昨年のマグロ大会ぶりでした。
(追記)
日を改めて天童で開催された大会。優勝は野原さん、準優勝は今回の予選でも戦った内山さんでした。どちらもおめでとうございます。
二人共ちゃきより年下。うーん、まだまだ若いもんには、負けないぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月17日 (木)

第30回高校竜王戦(2日目)

第30回高校竜王戦も二日目。参加者52人のうち26人が決勝トーナメントへ。
残念ながら予選敗退のメンバーは、2組に分かれてのトーナメントが開催されます。

ちゃきは、2勝1敗で予選を通過。年初の目標の一つに、この大会の本戦1回戦勝利を挙げていたので、目標まではあと一つです。

さて、全国から人が集まっているので、大会は昼くらいには終了しないといけない。と言うことで、今日はなんと7時半集合です。
ほとんどの参加者が集まっているけれど、ちゃきはなかなかこない。。チェックアウトに手間取って、じかんギリギリに間に合いました。

と言うことで、決勝トーナメントスタート!!さて結果は。  

決勝トーナメント 
1回戦  H田(香川) ○
2回戦  N川(三重) ●  

さて、決勝トーナメント。ここまで来るともう楽な相手なんていません。   どうにか1回戦は勝利しましたが、次は高校王将3連覇のN川君。

実は、過去に一度小学生の時に、浜松錬成塾の将棋合宿で一度対戦したことあり。 前回の対戦よりは多少棋力差は縮まっているのでは?とも思いましたが、奮戦及ばず敗戦。

ちゃきの高校竜王戦はベスト16で終了しました。  

そのあとは、時間もあったので指導対局に参加。なんとこの指導対局、渡辺明永世竜王、谷川浩二永世名人、佐藤康光永世棋聖の三人が横に並ぶと言う超豪華な布陣。。ちゃきは谷川先生に教えて頂きました。

最後、ちょっと長めの詰みの局面を作ってくれたのですが、残念ながら詰ますことができませんでした。

高校竜王戦、優勝は神奈川の銭本君。高校選手権と合わせて二冠制覇です。すごい。。(そういえば、銭本君とも、小学生の時に県大会の神奈川予選で2回ほど対戦したことがあります。もう一度対戦したい。)  

また、女子の上田さんも見事3位に入賞しました。

初日のブログに、今回の女子メンバーは例年になく強力!!と書きましたが、結果として女子5人のトータルの成績は13勝13敗と五分の戦い。予想どおりの検討をみせたと思います。  

さて、高校竜王戦。来年も参加したいけど、なかなか都予選の突破は難しいので、やはり高校選手権の優勝を目指すしかないか。。

ちゃきもこぴっと頑張れ。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月16日 (水)

第30回高校竜王戦(1日目)

今回は第30回高校竜王戦に参戦しました。

高校竜王戦は、高校選手権と同じく県予選がある高校の2大大会のひとつ。ただ、高校選手権と違って、男女の区別がなく、都道府県の枠も1名。。この大会は出るだけでも大変です。

ちゃきも東京予選に参加しましたが、残念ながら3位。でも女子には特別枠があり。高校選手権の個人戦優勝者と団体戦の優勝チーム(3名)の計4名に特別参加枠が設けられています。

本来ちゃきは、個人戦準優勝なので枠外のなのですが、優勝者のU田さんは、男子を押しのけて京都府の代表、団体戦のメンバー1名が参加を辞退しているので、特別枠は高校選手権の個人2位と3位、団体戦の優勝メンバー2名が選ばれています。
団体からの特別枠の1人は、アマ女流名人のI谷さん。今年の女子枠のメンバーは、例年になく強力!!
女子枠はどちらかと言うと今まではお飾り的な要素も多かった気もしますが、今年は活躍が期待できそうです。

 

さて、1日目です。 

大会の開催場所は、毎年福岡。全国各地から参加者が来るので、集合時間は15時とちょっと遅いです。
 
今回は当日の朝に飛行機で福岡入り。会場の近くのイタリアンのピザで腹ごしらえをして、会場入りしました。
 
ちょっと時間があったので、U田さん、I谷さん、ちゃきでVS。対局時計を持ってきているあたり、今年の女子はやっぱり意識がちょっと違う。
 
開会式のあと、大会スタート。 今日はまずは2勝通過2敗失格の予選リーグ。全体の参加者が52人なので、26人が決勝トーナメントへ進出できます。
※予選敗退の人達で別途竜王杯のトーナメントが開かれます。 


持ち時間は10分、秒読み30秒と早指し戦。審判長の渡辺竜王の合図で一斉に対局が始まりました。

そう言えば、今年の年度初の目標で、高校竜王戦本戦1回戦突破を目標に挙げました。さてどうなるか。 


予選リーグ
 
1回戦  ○  T田(富山)  
2回戦  ●  O槻(滋賀)
3回戦  ○  M森(長崎)
 
注目の予選リーグ、2-1と見事に突破!!

2回戦のO槻君は、懐かし(小3の時)の江東将棋センターの大会(大会の記録はここをクリック)以来の対戦。前回の対戦は手合い違いでしたが、多少棋力は近づいているはず!!
と思いましたが、この対戦はいいところなく敗戦しました。 

5人の女子メンバーはなんと全員1回戦を勝利!!最終的にU田さんとちゃきが予選リーグを抜けることができました。


これにて1日目終了。明日は、なんと7時半に集合!!

宿に戻ってからは、U田さん、I谷さんと再びVSで明日に備えたようです。
 


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月13日 (日)

第26回アマチュア女王戦

今日はアマチュア女王戦に参加しました。

この大会は、第26回とあるように、とても歴史のある大会です。

このアマチュア女王戦はA、B、C1、C2と4クラス。
クラス分けに明確な段級の指定はありませんが、Aクラスが三~四段、Bクラスが初段、C1クラスが3級、C2クラスは6級位が優勝ラインだと思います。

ちゃきのこの大会の戦績は

小1 C2  1勝3敗
小2 C1  4勝0敗 優勝
小4 A   3勝2敗 32人中12位
小5 A   3勝1敗 22人中6位
小6 A   2勝2敗 20人中12位  
中1 A   2勝2敗 26人中12位  
中3 A   2勝2敗 24人中13位

小2の時に初めて優勝した深い大会ですが、それ以降の成績は今ひとつ。。そろそろ優勝したいところで、力的には充分に可能だと思っています

毎年春の開催でしたが、今年は8月の開催です。

Aクラスの大会の形式は、4回戦のスイス式トーナメント(持ち時間30分、秒読み30秒※と途中から持ち時間20分)、

Aクラスの参加者は28人、最後全勝者が2人出たので、優勝決定戦を行いました。

本日の結果です。  

1回戦 ○ I藤さん 
2回戦 ○ T村さん 
3回戦 ○ K田さん
4回戦 ○ I谷さん 

優勝決定戦
 ○ K林さん

トーナメントを無事4連勝で抜けて、ついに決勝戦へ
相手はK林さんと強豪ですが、相手振飛車に対して最近採用率の高い居飛穴で対抗。。終盤まで互角の勝負が続きましたが、どうにか勝つことができました。
 
念願のアマチュア女王戦の優勝!!ただ、知らない人も多いのですが、アマチュア女王戦はタイトル戦方式で、この優勝で初めてタイトルに挑戦できます。
 
現在のタイトル保持者は、小野さん。ここ3年ほどタイトルを防衛しています。タイトル戦は三番勝負。チャンスなのでぜひタイトルを獲得したいと思います。
※タイトル戦の日程はまだ未定です。
 
優勝賞品として、二寸盤をもらいました。棋力向上のためこれで棋譜並べでも。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧