2015年11月 7日 (土)

☆キッザニア ジュニアチャレンジジャパン

今日は、久しぶりにキッザニアに行きました。キッザニアと言えば、色々な職業体験ができる施設。一応対象は中学生までですが、通常は小学生4年生くらいまでが楽しめる施設かと思います。ちゃきも幼稚園から小学校低学年にかけて何回か行きました。
 

※そういえば、”ちゃきの週刊将棋”の初期の頃のブログの説明は

小学2年生「ちゃき」の将棋の記録を書いていきます。。 将棋の指せるキャビンアテンダントを目指すちゃきの明日はどっちだ。

でした。

ご無沙汰していたキッザニアですが、今回は中学生限定の特別イベント「ジュニア チャレンジ ジャパン」が開催。懐かしさもあって久しぶりにキッザニアを訪ねてみました。

「ジュニア チャレンジ ジャパン」とは ”キッザニアホームページより”

⇒幕末に新しい日本を導くことを目指して活躍した“坂本龍馬”のように、次世代を担うこど も達に“自ら考え、行動し、生きる力を育む”きっかけを作ることを目的に、今回初めて開催します。 当日はデジタル地球儀を使った「地球環境セミナー」や iPhone アプリの制作、プロの棋士との将棋対局などの特別プログラム のほか、ジョン・カビラ氏がナビゲートし、大学教授やスポンサー企業のビジネスマンなど、日頃接点を持つ機会が少ない方々と 「仕事内容や働くこと」などをテーマに交流する「ソーシャルパーティー」や、踊りを通して海外や日本の文化を体験する「グランド フィナーレ」など多様な体験を通して、こども達に心・技・体の逞しさを身につけてもらうことができます。
 

普段の職業体験も中学生向けにレベルアップ、また今回のイベントに特別に開催される職業体験もあります。その中には、なんと将棋の体験も。。。
今回はそのブースのレポートをお送りします。
 
将棋のブースの内容は 
⇒現役プロ棋士に挑戦! 伊藤真吾 五段、佐藤慎一 五段 と将棋の対局をします。

今回のジュニア チャレンジ ジャパンの定員は600名。。うーん将棋ブースなんて開いても実際に参加者がいるのかしらん。。閑古鳥が鳴いていたらどうしようと、将棋ファンとしては多少の心配あり。。
 
将棋ブースは入口のそばの割合目立つところ、一回30分で6人が定員。
30分の内容は、最初に10分くらい、将棋関連のお話し。。(後ろに三月のライオンのポスターが張ってあって、その棋士達の説明などが中心でした。)
そのあと残り20分で、3面指しの指導対局でした。

さて、そんなに将棋を指す子が来るのかしらん。。という不安をよそに将棋のブースは盛況。。やっぱりプロ棋士と対戦と言う企画は魅力的なのか、将棋のルールなら一応知っているぞ。。と言ったレベルの中学生たちが挑戦していました。

 
さて、今回のプロ棋士は流石にプロ。。子供の指導になれていると言うか、駒の動かし方も多少怪しい子供たちと8枚落ちの対戦なのですが、どの対戦もうまく誘導して、予定の20分で勝負に決着がつける。。まさに神業でした。
 
ちゃきも、せっかくなので将棋ブースに参加。なんと同じ回に同じ学校の一学年上の中学生がいて、声をかけられ待っている間一局指していました。(中学選抜の結果の表彰を始業式にしてもらったので、その時に相手が顔を覚えていたみたいです。)
 
さて、ちゃきは佐藤慎一先生の指導対局を受けました。今回は特別に平手での対戦。佐藤慎一先生言えば、連盟の子供スクールの入会時に指導対局をしてもらった先生で、あの時は八枚落ちでした。あの頃と比べると大分強くなったと思うのですが。。。
 
 
盛況のまま、将棋ブースも終了。全部で7回転で計42名の子供たちが体験をしていきました。

普段指さないけれど、隠れた将棋人口はある程度いるようです。この辺りをうまく将棋界に引き込めるといいのですが。。。(途中の回では、女子グループも参加していました。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月 2日 (月)

第4回「将棋対局~女流棋士の知と美~」

今日は、第4回「将棋対局~女流棋士の知と美~」を見に行きました。
もともと、一度見に行ってみたいなと思っていたところ、先週の土曜日参加した登竜門のイベントで遠山先生がチケットを手売りしており、翌日学校も休みなので将棋強化月間のスターイベントとして、チケットを購入しました。

開催場所は新宿の紀伊國屋サザンシアター。非常にきれいな小劇場で場所としては非常にいい雰囲気です。

イベントのメインは、山田久美女流四段vs山口恵梨子女流初段の特選対局。その前に特選対局の記録係でもある塚田恵梨花女流2級とカロリーナ・ステチェンスカ女流3級による早指し対局も行われました。

 
解説は、深浦康市九段、聞き手は藤田綾女流初段と、これまた豪華。いい観戦環境で二局を楽しみました。

対局の合間には、山田先生と山口のトークショー等もあり、内容も盛り沢山。約二時間半のイベントはあっという間に終了し、おみやげとして、カロリーナさんの”角”の色紙を購入しました。

塚田さんと言えば、ちゃきも過去に大会で対戦したこともあり、それも懐かしい思い出。。。またいつか、対戦できる機会があれば、いいなあ。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月31日 (土)

秋の東竜門イベント2015

今日は、秋の東竜門イベント2015に参加。ちょうどハロウィンの日ということで、テーマは”今年はハロウィン~”です。

東竜門のこのようなイベントは、昨年秋に続いて二回目で昨年と同じくマイナビ本社での開催。イベントは一部と二部に分かれていて、一部は指導対局が中心。二部は公開対局とトークショーになります。
 
昨年に続いての参加(ちゃきは残念ながら、午前中学校のため、二部のみの参加です。)
 
という事で一部はちゃき父のみの参加。一部は指導対局と、新四段の昇段の一番の自戦解説になります。
まずは指導対局、どうせなら新四段がいいなと思っていたら、くじ引きで高野四段の指導対局をゲットしました。
 
高野四段には飛車落ちでの挑戦。。プロなり立てですが、うまく誘導してもらって、勝たせてもらいました。
そして、自戦解説も高野四段の昇段の譜、二転三転の熱戦でした。これに負けていたら、昇段を逃していたと考えると。。。。うーん、やっぱりプロ棋士になるのって厳しい。。。
 
 

第二部は、まずは若手棋士のペア将棋。ただ、ハロウィンということで皆仮装しているので、誰が誰だかわからない。。。
 
再度に正体がわかりましたが、ジャックスパロウ(高野四段)&ダースベーダーチーム(八代五段)とおばけ(近藤四段)&ピーターパン(三枚堂四段)チームの対戦でした。。結局どっちが勝ったんだっけ??

※仮装の写真は連盟のホームページに、開催報告として出ているので、ご覧ください。

そして、続いて特選対局は、佐藤天彦八段 VS 永瀬六段。。永瀬六段は、先ほどのペア将棋の大盤解説で佐々木五段とかけあい漫才を繰り広げていたのだけど、流石に勝負となると先ほどとは目の色が違う。。。

対戦は、佐藤八段が横歩取りで新たな趣向を試みましたが、永瀬六段の鋭い攻めがさく裂して、永瀬六段が勝利しました。

※佐藤八段も皆と同じく仮装をしていたのですが、なんと私服とのこと。。。びっくりぽんです。

最後はトークショーで占めて、イベントも終了。。昨年同様とても楽しかったです。

 
(おまけ)
イベントでは物品の販売やサイン会もあり。昨年のイベントでは、もう今年しか手に入らないと思い、佐藤天彦七段(当時)の色紙をゲット。今年も、もう今年しか手に入らないかも(名人になると九段)ということで、佐藤天彦八段の色紙をゲットしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月 2日 (日)

秋の東竜門イベント~若手棋士大集合!!

今日は、秋の東竜門イベント~若手棋士大集合!!に参加しました。

関東若手棋士たちが主催のイベント、イベントには久しぶりの参加です。
 
まずは、イベントの開始前にサイン本を購入、ちょうと長岡先生が売り子をしていたので、”長岡研究ノート 相居飛車編”を購入しました。後は”佐藤天彦”先生の色紙もゲット!!しました。
  
イベント 指して学ぶ 13時~15時
 
最初は、中村大地先生と増田新四段のトークショー、内容の中心は増田新四段の昇段の一番の解説です。非常に面白い内容で、三段リーグと言うと、みんな相手の事は熟知していて、お互いの心を読み合う心理戦。。ある意味三段リーグの怖さを感じました。
 
引き続いては指導対局。
 
ちゃきは増田新四段との対戦。新世代のA級候補と言う事で、今のうちに勝っておかないとと言う事で、二枚落ちで挑戦。。流石に多面指しと言う事で勝てたようです。(と言うか最後まで残っていたので、苦戦?と思ったら、2回目を指していたらしい。。)
 

《第二部》 観て楽しむ 16時~19時

第二部は、公開対局。(すぐ横での大盤解説付)

最初は中村太地六段vs佐々木勇気五段の対戦。その勝者が広瀬章人八段に挑みます。

最初の対戦は中村先生が勝利!!そして広瀬先生との対戦。。

ただ、この対戦。。
大盤の解説の佐々木五段が面白く(特に永瀬先生との掛け合いが最高。。)、将棋の内容にはあまり集中できませんでした。
 
※佐々木五段と言うと、高校生の時に学生服を着て、将棋会館の前で指導対局をしている姿(まじめな好青年といったイメージ)が印象に残っているですが、こんなに面白い(天然)人だとは思いませんでした。今後もニコ生等どんどん出て欲しいです。
  
 
 
久しぶりのイベントもこれにて終了!!今回は佐々木先生のトークを聞けただけでも元が取れた気分です。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年1月20日 (日)

第6回 ときんの会親子将棋合宿 2日目

合宿2日目。寒い!! 外はまだ先週の雪が残っています。

館内の掃除をして、 朝ごはんを食べてから、さっそく8時半から2日目の将棋タイムです。

将棋タイムの前に、これから対戦が始まる上田先生の勝利を願って、みんなで”念力”を送りました。(これで、上田先生の勝利の確率が2%あっぷ!!  当社比)


大会は昨日のレーティング戦の結果から5つのクラスに分かれて行われました。ちゃきは一番上の名人クラスです。 名人クラスは全部で6人で総当たり戦を行います。

さて、名人クラスのメンバーを紹介すると。

・ たっくん(小4)
⇒レーティング戦でも負けなしの優勝候補。先週研修会でB2に昇級。

・ K島君(小4)
⇒おなじみのK島君。現在の神奈川2強の一人。先週研修会でC2に昇級。

・ハルキ君(小4)
⇒上記3人と同じくときんの会の初期からのメンバーで、合宿は皆勤賞。研修会F1.。
・I君(4年)
⇒I兄弟の長男。初段のエントリーだったけど、レーティング戦6勝2敗の好成績で名人クラスに参戦。
・りゅうのすけ君(3年)
⇒広尾しょうぎ教室のお仲間。連盟でも二段に昇段し順調にレベルアップ中。
持ち時間は10分-30秒。


やはり優勝候補はたっくん、K島君のツートップ。さて、結果は??
優勝はやはり5戦全勝でたっくん、2位はK島君でした。

ちゃきは、K島君とりゅうのすけ君に勝利で2勝3敗の5位でした。

K島君は最近、研修会でもどんどん昇級していて、もう一発が入ることはないかなと思っていたのですが、右四間がうまく決まって勝つことができたようです。
あと1勝できていれば、3位以内に入賞できたので、ちょっと残念でした。


お昼ごはんを食べてから、最後に閉会式です。

閉会式は、まずは表彰。昨日の詰将棋大会の優秀者、そして大会の優秀者の表彰がありました。(残念ながらちゃきは、どれにも引っかからず。。)

最後に先生方の講評と、景品をかけたじゃんけん大会があって、楽しかった合宿も終了。。。


勝又先生、村中先生、飯島先生ありがとうございました。これからもよろしくお願いします。



みんなで記念撮影。

201301_2

(おまけ)
みんなの念力が効いたのか、女流名人位戦第2局は上田先生が勝利しました!!
次の対戦も思いっきり応援したいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月19日 (土)

第6回 ときんの会親子将棋合宿 1日目

今日から1泊2日でときんの会の親子将棋合宿です。

(一口解説) ときんの会親子将棋合宿とは 将棋大会等で交流を深めた、将棋KIDSの保護者達が企画・運営する将棋合宿。第1回が2010年の7月に開催されて、夏冬開催で今回が第6回、子供が29人(東京、埼玉、千葉、神奈川、群馬の子供たち)、大人を含めると総計60人程の将棋好きが集まりました。

今回は1,2回目に利用した千葉の手賀の丘少年自然の家で行いました。

13時から合宿が開始、今回は、勝又清和先生(1日目のみ参加)と村中秀史先生が来てくれました。村中先生は、ちゃきも子供スクールでお世話になった先生です。

毎回参加して下さっている飯島篤也先生は今回は夜からの参加。

そして上田初美先生は、今回女流名人位に挑戦中!!明日は、第二局目と言うことで、みんなで合宿場から応援したいと思います。

1日目の午後は恒例となったレーティング戦!!対戦ごとに自分の得点が増えたり減ったりします。このレーティング戦の結果で、明日の大会のクラスが決まります。


さて、今回の参加者ですが、有段者が17名。四段が3人、三段が1人、二段が6人、初段7人。ちゃきは二段でのエントリー、一番上の名人クラスに参加できるのは上位6名。できれば、ここのクラスに入りたい!!

さて、レーティング戦の結果は

四段○  二段●  二段○  1級○  初段○  二段○

と5勝1敗。

初戦で四段に勝利、全体で5勝1敗といい成績だったので、レーティングは最初の2250点(二段相当)から2385点(三段相当)に上昇し、全体としては上から3番目となり、二日目の大会は一番上の名人クラスに参加する事になりました。

レーティングと並行して、先生方の指導対局の時間もあり、村中先生と二枚落(勝ち)で指しました。

午後の将棋タイムの後は、ゆっくりお風呂に夕ご飯。。再び19時から将棋タイムです。 最初のプログラムは、詰め将棋大会(このプログラムから飯島先生の参加)でした。

全体を棋力別に3つのクラスに分けて、ちゃきは一番上の有段者クラスに挑戦です。今回も前回に引き続いて、飯島先生が問題を作成。。前回より少し簡単??と言う話でしたが、うーん難しい。結果的にちゃきは1問(全10問)しか正解できませんでした。

詰将棋の後は、レクレーションタイムでゲーム大会。村中先生に関する○×クイズ、プロ棋士ビンゴ!!、最小数ゲームをみんなでしました。(残念ながらちゃきはそのゲームも賞品ゲットならず。。)、


最後は、お菓子を食べての懇親タイムがあって、1日目の合宿にて終了!!。

夜の10時に頃に消灯でしたが、今回は寒くてなかなか寝られなかったとの事。。。最終的には、一つのベットに二人で寝たそうです。

※大人たちは恒例のリレー将棋!! とても盛り上がっていました。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月 2日 (日)

第5回 ときんの会親子将棋合宿 2日目

合宿2日目。外は雨?絶好の将棋日和です。

朝ごはんを食べて、さっそく9時から2日目の将棋タイムです。

大会は昨日のレーティング戦の結果から5つのクラスに分かれて行われました。ちゃきは一番上の名人クラスです。 名人クラスは全部で6人で総当たり戦を行います。

さて、名人クラスのメンバーを紹介すると。

・ T君(中1)

⇒今回中学生での唯一の参加。兄弟で強いです。研修会E1

・ Y君(小5)

⇒ちゃきと同じく神奈川から参加。最近大会の入賞者に良く名前が出てきます。

・ぶんちゃん(小5)

⇒ご存じ将棋三兄弟の長男。この夏研修会入会。

・Wさん(小5)

⇒これまた、おなじみのWさん。今回合宿好調でレーティング戦で最高得点(2410点)。研修会E2

・Y田君(小4)

⇒ここ一年で棋力急上昇。ちゃきは5月のJ:COM杯で対戦して負け。

持ち時間は10分-30秒。大会の審判長である飯島先生の合図で試合開始!!

実力はほぼ伯仲と言ったこの大会。結果として、4-1が二人出て、直接対決の結果で、Y田君が優勝しました。

ちゃきの結果は、2勝3敗で入賞ならず。(ぶんちゃんとY田君に勝ち。)

Wさんとの対戦は、優勢のところ詰みを読み切れずに敗戦(飛車の連続捨ての詰め将棋のような7手詰めがあったのですが、、、)、やっぱり基本的な力を磨かないと。。


お昼ごはんを食べてから、最後に閉会式です。

閉会式は、まずは表彰。昨日の詰将棋大会の優秀者、そして大会の優秀者の表彰がありました。(残念ながらちゃきは、どれにも引っかからず。。)

最後に先生方の講評と、景品をかけたじゃんけん大会があって、楽しかった合宿も終了。。。第6回も開催されるのかなあ。。。

勝又先生、飯島先生、上田先生、二日間ありがとうございました。これからもよろしくお願いします。

みんなで、記念撮影!!

Zentai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月 1日 (土)

第5回 ときんの会親子将棋合宿 1日目

今日から1泊2日でときんの会の親子将棋合宿です。

(一口解説) ときんの会親子将棋合宿とは 将棋大会等で交流を深めた、将棋KIDSの保護者達が企画・運営する将棋合宿。第1回がおととしの7月に開催されて、夏冬開催で今回が第5回、子供が31人(東京、埼玉、千葉、神奈川、群馬の子供たち)、大人を含めると総計60人程の将棋好きが、前回に引き続き埼玉県の神川げんきプラザに集まりました。

13時から合宿が開始、今回は、毎回参加して下さっている、飯島篤也先生、上田初美先生に加えて、勝又清和先生が来てくれました。(第2回から久しぶりの参加です。 勝又先生はこのときんの会の合宿立ち上げの際に沢山の支援を頂いた先生です。)

開会式が終わって、さっそく将棋タイムです。

1日目の午後は前回と同じくレーティング戦と言う事で、対戦ごとに自分の得点が増えたり減ったりします。このレーティング戦の結果で、明日の大会のクラスが決まるので、がんばりたいところです。

さて、初日のレーティング戦の結果は

初段 ●  初段● 初段●  二段○ 初段○ 三段○

と3勝3敗。

いきなり、初段クラスに三連敗で得点は大きく急降下。おっとこれはどうなる??と思っていましたが、最後は盛り返しました。

レーティングは最初の2250点(二段相当)から2275点に少し上昇し、全体としては上から6番目となり、二日目の大会は一番上の名人クラスに参加する事になりました。

レーティングと並行して、先生方の指導対局の時間もあり、上田先生と飛香落ち(負け)で指しました。

午後の将棋タイムの後は、ゆっくりお風呂に夕ご飯。。再び19時から将棋タイムです。

最初のプログラムは、詰め将棋大会(今回は飯島先生に問題を作っていただきました。)でした。

全体を棋力別に3つのクラスに分けて、ちゃきは一番上の有段者クラスに挑戦です。とっても難しくて、だいぶ苦戦をしていました。
詰将棋の後は、レクレーションタイム、今回は4人づつ8チームに分かれて、リレー将棋(歩と桂馬がないので大乱戦)をしました。

最後は、お菓子を食べての懇親タイムがあって、1日目の合宿にて終了!!。

夜の10時に消灯(でもそんなに簡単に子供達は寝ません)。。
明日もいっぱいがんばるぞ。。と言いながら、今回参加した女の子たちの6人部屋はみんなだいぶ遅くまで起きていたような。。

※大人たちは夜遅くまで、リレー将棋を指したりしていたそうです。大人も将棋好きだなあ。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月19日 (日)

地区センター将棋教室(2012年8月)&島研トークショー

土曜日は地元の地区センターの将棋教室に参加しました。今回ちゃき父は仕事のため、ちゃき一人での参加です。

ちゃきも夏休みの宿題等もたまっていて、参加がピンチの状態でしたが、どうにか一区切りをつけて参加することができました。

※ここ数年夏休みの自由研究は将棋ネタでしたが、ついにネタ切れをしたので今年は将棋ネタではありません。 そのかわり読書感想文の題材として『泣き虫しょったんの奇跡』を選びました。

今日の対局は、先生と飛香落ちで1勝3敗。先生達はアマの強豪ですが、多面指しなので飛香落ちならもう少し勝率が良くなって欲しいところです。

日曜日は「島研」のメンバー4人によるスペシャルトークショーを見に行きました。

テーマ 絆 ~次世代に伝える将棋の心~  夢を育む子供たちへのメッセージ

とか書いてありましたが、子供たちへのメッセージは最後のごく一部分で、ほとんどが島研の話でした。

いやあ、でもこの4人がそろうとやはり圧巻。トークショーは1時間半くらいでしたが、あっと言う間に終わってしまいました。

子供たちへの特典としては、4人と写真&握手。ちゃきもだいぶいいパワーをもらったと思います。夏休みもあと1週間、最後に楽しい思い出ができました。

[ちゃきの週刊将棋からのお知らせ]

ちゃきの週刊将棋を始めて4年目に入りましたが、当時いくつかあった子供関連の将棋のブログもだんだんと減ってきました。

いつの間にか更新が滞って終了するといったパターンのブログも多いのですが、そのような終わり方をするのは寂しいので、いまから宣言をしておきます。

ちゃきの週刊将棋は、あと1年。2013年の8月をもって終了いたします。

ただ、残り一年はいままでどおり”週刊”でちゃきの奮闘をお届けいたしますので、ちゃきへの応援よろしくお願いいたします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年1月15日 (日)

第4回 ときんの会親子将棋合宿 2日目

合宿2日目。朝早くから子供達は起きているような。。うーん、寒いぞーーー。

朝ごはんを食べて、さっそく9時から2日目の将棋タイムです。

大会は昨日のレーティング戦の結果から6つのクラスに分かれて行われました。ちゃきは上から二番目の竜王クラスです。 竜王クラスは全部で6人で総当たり戦を行います。

さて、上から二番目のクラスと言っても強敵ぞろい!!メンバーを紹介すると。

K出君(小6)  U-18チャンピオンクラス優勝

しょう君(小4) おなじみ同級生のしょう君

K林さん(小6) 昨日負けているので今日は勝ちたい所

Y永君 (小4) 神奈川高学年倉敷代表

K島君 (小3) U-18チャンピオンクラス準優勝、JT東北低学年優勝


持ち時間は10分-30秒。大会の審判長である飯島先生の合図で試合開始!!

強敵ぞろいと言う事で、ちゃきも大苦戦。。勝てそうな試合もあったけど、結果的にはY永君に勝てただけで、1勝4敗。前年ながら竜王クラスの最下位でした。

※優勝は4勝1敗で、K出君でした。

大会の後は少し時間があったので、門倉先生に二枚落ちで指導対局をしていただきました。

お昼ごはんを食べてから、最後に閉会式です。

閉会式は、まずは表彰。昨日の詰将棋大会の優秀者、そして大会の優秀者の表彰がありました。(残念ながらちゃきは、どれにも引っかからず。。)

最後に先生方の講評と、景品をかけたじゃんけん大会があって、楽しかった合宿も終了。。。第5回も開催されるのかなあ。。。



飯島先生、門倉先生、上田先生(多くの賞品を提供して下さった勝又先生)、二日間ありがとうございました。これからもよろしくお願いします。

(追記1)

今日の大会、6つのクラスの内3クラスで女の子が優勝!!(一番上のクラスはW田さん姉が優勝!!)
将棋界の女性パワーも徐々に高まっているようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)